空の青の何処か...あお

 

 

見上げればそこには桜 - 2011年04月09日(土)

指先であのひとを感じながら
夜道を歩いた。


見上げた桜の花は
今までの人生で見た中で一番綺麗で

綺麗すぎて
胸が痛む程

そして少しくらくらした。


もっと綺麗なものを一緒に見たいと思うのは
どうしてだろう。
この世の中の綺麗なものをあのひとと一緒に並んで
たくさんたくさん見たいと思う。



ほんとうは。


ほんとうは、私の心はもう答えを出しているんだろうと
思ったりする。
でもそれに従うかどうかはまた別だ。


こんなにも桜が綺麗に見えたことだとか
あのひとと、たくさん綺麗なものを見たい気持ちだとか
こんなことですら、あのひとには素直に言えない。
言ってしまえない。


そういう一つ一つの壁が息苦しい。


全てのことは私が招いたこと。
だから私自身が決着をつけなければならないのは分かっている。
でも、どのタイミングで?
どんな形で?

一度は決着をつけたつもりで、
いつの間にかまたこの場所に戻ってきてしまった。
この自分の気持ちをいくらごまかしても
またここへ戻ってきてしまうような気がしている。


...



 

 

 

 

INDEX
past  will