HALF&HALF




2007年02月27日(火)  本日のお勧め


やっとLOSTが借りられた(o;ェ;o)
一気に全部借りてきて鑑賞。
大満足★★★★★


〓ここ最近観たDVD〓

【LOSTシーズン2】1〜6
★★★★★

シーズン1の最後で開こうとしていたハッチ。
ダイナマイトを仕掛けてやっと蓋が開いた。
中に入ってみると1人の男がいる。
コンピューターを使ってある番号を打ち続けるという作業を、
長い間1人でやっていた。
そして、イカダに乗って島を離れた4人
(マイケル・ソーヤー・ジン・ウォルト)。
子供(ウォルト)が何者かに連れ去られる。
3人は島に流れ着いて他の者に見つかってしまう。
シーズン2になってやっと他の者が次々と出てくる。
一体この島には何人の『他の者』がいるのだろう?

個人的にすごく残念だったのはチャーリー。
麻薬中毒だった彼は、
ロックの助けを得て麻薬から抜け出すことができた。
もう2度とやらないだろうと思っていたけれど、
マリファナが詰まっているマリア像を大事に所持していた。
彼は持っているだけで使用していないと訴える。
けれど、クレアとロックの信用を失くしてしまう。
男の言い訳ほど見苦しいものはないなぁ・・・と思った。
彼はクレアのことが好きで大事に思っているのだろうけど、
本当は、一番好きで大事なのは自分自身なのだろう。

【4400シーズン2】4〜6
★★★★

シーズン1でジョーダンが何者かに殺された。
彼を崇拝して尊敬していたショーンは悲しみと混乱に陥るが、
ジョーダンの作ったセンターを守る為に4400のリーダーになる。
ジョーダンを殺害した犯人を追う過程で、
身近な人物が犯人だということにトムは驚愕する。
彼を逃がそうとするのだけど、
別の人物がジョーダン殺害の容疑で逮捕された。
4400の人々に謎の発疹ができる。
治癒能力があるショーンや未来が予言できるマイアは、
発疹がでてから能力が使えなくなってしまう。
4400を救えるのはただ一人。謎の子供だけだった。
今まで数えるくらいの人物だけしか能力が使えなかったが、
4400人全ての能力が目覚める。
マイアは『戦争が始まる』と予言をする。

【ワールド・トレード・センター】


20分だけ普通に観て、後は早送りで観てしまった。
つまらないとかいう問題ではなくて・・・。
ほぼリアルタイムでニュースで観ていたから、
あの時の衝撃などを映画で表現するのは難しいのかな・・・。
感情移入が少しでも出来たら良かったのだろうけど、
全くできなくて観たいという気持ちが薄れた。
例えば・・・。
誰かを助けたとか、
何か行動があって生き埋めになった・・・というのなら、
感情移入ができたのかも知れない。
助けに行く途中で生き埋めになってしまった2人の物語。
んー。。。観なければ良かったなって思った。

【レディ・イン・ザ・ウォーター】
★★

ホラー映画かと思ったくらいの映像。
でも内容はファンタジー。
アパートとプールが舞台なのだけど暗くて不気味・・・。
ある日、アパートの管理人がプールで泳いでいる女性を見つける。
彼女は水の精で、『本を書いている』住人と会うことが使命だという。
管理人は彼女を守りながら、彼女の使命の手伝いをすることになる。
アパートの住人の中から、彼女を守るべき使者を探し出す。
この探し方がなんともアバウトというか・・・。
水の精が探していたのは、世界を変える本を書いている男。
良い世界とは一体どんな世界なのだろう?
アパートにはいろんな人種が住んでいて、
力を合わせて水の精を助けるのだけど、
アパートの中の小さな世界こそが監督が思い描く世界なのだろうか。

【華氏911】
★★★★

2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件をめぐり、
ブッシュ大統領とビンラディン家を含むサウジアラビア王族との
密接な関係を描きブッシュ政権を批判するドキュメンタリー。
個人的には面白かった。
ここで描かれている全てが真実なのかはわからないけれど、
追求していくことって大事だと思うから。
何が原因でイラク戦争が始まって、
罪のない人間が大勢殺されなければいけなかったのか。
権力を握っている人間は何をしても許されるのか。
考えることってとても大事だよね。
最後の方でムーア監督が、
歩いている議員達に
「あなたの子供を戦争に行かせましょう」と訴えていた。
他人の子が戦争に行くのは賛成なのに、
自分の子が行けと言われたら、
困惑している議員の顔がなんとも面白い。

★番外編
レディ・イン・ザ・ウォーターかワールド・トレード・センター
どっちだったかなぁ・・・(・ェ・`;)
どちらかののDVDに、
紹介という形で1話だけ入ってました。
青春ドラマなのかなぁ。なかなか面白かった。
今後が楽しみなドラマです☆

【The OC】

家庭環境に問題があり、
トラブルに巻き込まれたライアン・アトウッドは、
公設弁護人サンディ・コーエンのゲストハウスで世話になるため、
生まれ育ったチノを離れてO.Cへ引っ越す。
サンディの妻、裕福で美しいキルスティンはビジネスにも成功し、
妻として母親として充実した生活を送っている。
そんなキルスティンはライアンがきたことを歓迎しない。
彼女は同じ10代の一人息子セスに、
悪影響がないかと心配をしている。
隣家に住むマリッサは、
父親ジミーの問題を知らずに不自由なく暮らすお嬢様。
ライアンがO.Cに着てから、
子供や親達の生活は少しづつ変化していく。


観てみたいなぁと思っているDVDがある。
『SAW-ソウ』
怖そうだから観ないでいたけれど最近になって興味が・・・。
借りようかどうしようか、2週間くらい悩んでいる。
一人だと怖くて観れないかなぁ。
どうしよ。。。(゜-゜;)

<< >>






あき☆ミ