世瞭記...

 

 

出口が見えない。 - 2005年01月11日(火)


また、だ。

毎年この時期になると、鬱。

酷い。

いっそ、胃とか悪くなれば。

そしたら休めるのに。

誰も私の心の中のたくさんの傷は

見透かせないでしょう?

だけど最近怖いんだ。




上手く隠せなくなってきてる。

引き攣った笑顔

震える指先

現実なんかみえない瞳。




人に、そこにいてほしい。

だけど

自分からは歩み寄れない。



孤独が怖い

束縛も大嫌い



どうしたらいい?




友達いなかったら

淋しいけど、

いたらいたで、たまにうざい。

だって自由がなくなんじゃん。




どうしたらいい?






嫌われてる
嫌われてる。


そんなこと知ってるよ。


あの冷たい眼で見られたら

死にたくなる。

軽蔑してるんでしょう?



怖い
痛い
辛い


去年だってそうだった。


置いていかれて。
一人になった。

辛かったのに。

それまではうざいとか思ってたのに。

都合良過ぎ。
努力もしない。

どうすればいいか、分かんないよ。



いっそ、前みたいに

学校行かなくなる?

私には変なプライドがあるし、

ここ田舎だから道で学校の人に普通に会う。

そんなの嫌だ。

また負け犬か。

つーか、すでに負け犬、負け組。

でも今学校行くの、マジしんどいよ。



逃げちゃいけない?

誰が決めたの?



嫌だ。

今日眠れない。

何で、その選択肢を

奪われなければならなかったのですか。

死にたい。

もう駄目だ。



「何であたしばっかり」

とか、言いたくないのに。

でも心では思っていて。



ちゃんと生きることも、

死に踏み切ることだって

できないわたしは。

どうすればいいんだろう。

ずっと眠れれば。

朝がこなければいいってずっと思ってたのに。

何も変わってない。

一歩も進めてない。

もう死ぬしかないのに。

辛い。

腕を切ってしまいそうで。

虚無と哀しみしかない。




...



 

 

 

 

INDEX
past  will