.... thank you【 .... since 2004. 7/14 .... by Ramuchin.



🖂 MAIL  ◆◇TOPページ( INDEX ) & Profile◆◇ | ← 過去へ戻る未来へ進む 
現在文鳥は二羽、(パイド文鳥 / 2014年3月お迎え、7歳/13年秋生まれ ♂) (シルバー文鳥 / 2019年3月お迎え、2歳/18年夏生れ ♂)

 日記内のキーワードで検索はこちらから...

2006年02月13日(月) .. ◆◇ 「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ」 ◆◇


昨日、夜勤明けの次の日... ちょっと抜け殻状態でした。^^;

家事も最小限度に済ませ、コタツでゴロゴロ ぬくぬくしていたが...
友人がお勧めのドラマのDVDを送ってくれたので、ゆっくり見せてもらった。

題名は、 「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ」
稲垣吾郎ちゃんの主演、奥さん役が紺野まひるさん。
★ 番組の公式HPもあり。


一言で言ってしまえば、とっても素晴らしいドラマ。
吾郎ちゃんの演技に惚れたと 友人が言っておりましたが
その気持ちとっても良くわかったよ。^^

ノンフィクションでね、ストーリーはとても重いのだけれど...
主人公である井村和清先生(医師)の生き様が、とてもとても優しくて。
こんな言い方は、不謹慎かもしれませんが...
私はこの素晴らしい一生に羨ましささえも覚え、感動しました。

別れのシーン...
別れに到達する迄の場面はもちろん、とてもとても悲しいのだけれど。
何なんだろう... なぜ私、余り涙が出なかったのだろう...

井村医師の気持ちに入り込んでしまったら、泣いてる時間も惜しい
そんな心が感じ取れて、それだけ場面はリアルでしたね。
フィクションの物語って、案外簡単に泣けちゃうんだけどな...^^;

もしも 自分が癌を宣告されて、余命何年って聞かされたら...
そんな事も頭に浮かんで、色々考えさせられました。


稲垣吾郎ちゃんが爽やかでね... ^^
とっても適役だった、私的にはイメージがぴったり。

誰にだって明日の事はわからない。
我家の小さな家族(文鳥達)よりも先に、自分がどうにかなってしまうかも知れないのだ。

縁起でも無い話かも知れないけれど、だからこそ
後悔の少ない人生を今のうちに送って生きたいものだ。

とは、言いながら...
なかなか、思いとは裏腹な毎日を送っている自分ではありますが。^^;


友よ...
DVD、送って(贈って)くれてありがとう!
五郎ちゃんの素敵な演技に私も惚れました。^^

これは、絶対 永久保存版だね!!


日記目次&Profile←過去未来→youtube マイチャンネル


My追加



お気に入りブックマーク

ピンクのクチバシ・ブブブの文鳥ALL STARS
我が家の愛鳥〜ず♪
我が子は文鳥♪
文鳥Cafe
俺と文鳥と東京と
白文鳥ちぴさんの生活

ぼんやりひつじ暦
ぼんやりひつじのひとりごと
愛を持って愛に生きたい。
komanoheya老いてなお愛おしい)(野に咲く花のように
ワタシ流 暮らし方
ほんまもんさんのブログ
いちこべ@Blog
不完全FUNKY☆Chibi Pen

たまゆら
白い木蓮の花の下で
大変この料理簡単すぎかも...☆★ 3 STEP COOKING ★☆
タラゴンの挿し木 〜お野菜多めのオシャレな食卓〜
vege dining 野菜のごはん
まるきん食堂〜ひと手間かけて、旬ごはん♪

いちじく雑貨展示室VERSEAU ( 店主様ブログ/ iu and treasures )
とりみカフェ / ぽこの森

tsuyoshi.in