laugh laugh laugh with rock'n' roll


2006年01月07日(土)

2006年ライブ初め。ゴーイングアンダーグラウンドオリオン@クラブダイアモンドホール感。

今日は出勤日。しかし仕事にキリがつかずダイアに着いたときには開演時間を過ぎてた。
ロッカーも埋まってて、荷物抱えてフロアに下りるのに一瞬躊躇ったんだけど、
隅に余裕があったので床に投げた。と同時に暗転、まず会場を包んだのは拍手だった。
その音があまりに温かくて、そして登場した5人を見て、ああ、帰ってきた、と思った。
やっぱりゴイングはダイアで見るのが一番だなあ。今日が勤労会館じゃなくて良かった。

久しぶりに見たゴイングのワンマンは、やはり棲み分けがきちんとされていることに感動し、
『ランブル』と『さびしんぼう』にぐっときて、いっさんが相変わらず男前すぎて、
でも何故か丈さんが気になって仕方なくて、これはどういうことかと若干意識が飛んで、
なのに目の前をよういっちゃんがふらふらするせいで微妙に現実に引き戻されて/笑、
ナカザのTシャツにすごく突っ込みたくて、ソウさんの伊勢神宮の話に大笑いして、
新曲なのに普通に歌詞口ずさんでる他の4人が可愛くて、
メンバー紹介で「俺の友達!」ってステージで平気で言っちゃう関係が少し羨ましくて、
『タッシ』が何かむちゃくちゃ良くて、『ボーイズライフ』の歌詞をど忘れして、
『トワイライト』で起きた歓声と拍手にこの曲がどれだけ支持されてるかを感じて、
『ハートビート』に至っては、段々と大きくなる唄声が愛情たっぷりすぎてちょっと泣けて。

いつからかライブ中に涙が出ることが多くなった(自分でも相当涙腺壊れ気味だと思うよ)
私は音楽に救ってもらおうなんてことは考えてないけど、結果的に支えられてる気はする。

本編とENで披露された新曲、ひとつは『ハッピーバースデイ』というタイトルらしく、笑った。
1週間遅れのおめでとうを言われたみたいだったんだよ。ひとりで勝手に喜んでみた。
新曲自体はゴイングのメロディなんだけど、ちゃんと前に進んでるのがわかる曲だった。
アルバムは春くらいだっけ?リアルタイムで追わなくなってしばらく経つけど、
良い意味で少しぴりっとした今のゴイングは面白いから、偶にはちゃんと手に取ろうかなあ。

ENが終わってもお客さんはまだ粘る。よういっちゃんを先頭に割と早く戻ってくるメンバー。
ソウさんが笑いながら「もうちょっと唄ってもいいですか」なんて言う。
でも曲は決まってなかったのか、ナカザが「あれ演ろうって言うけど、あれって何だよ」って。
こういうお約束じゃないENは本当に嬉しい。帰りかけてたお客さんもみんな戻ってきてたし。

ダブルアンコールで自分が期待した曲は『アロー』だった。でも結局今日は演らなかった。
その代わりって言ったらあれだけど『凛』が鳴った。予想の範疇だったのに、驚いた。
『凛』はライブで聴くうちに好きになった曲で、だからってそこまで特別でもなくて、
最初は単純に『かよわきエナジー』の曲だなあってにこにこしてた(このアルバムは別格)

実は去年の今日も私はゴイングを見てる。そう、1月7日、ハスキンの解散発表があった日。
そしてあの夜と同じようにゴイングは次の名古屋公演の告知をした。
ソウさんが『ハートビート』のとき、この曲が会えない時間を繋ぐんです!って言ってて、
初めはその言葉をしばらく会えないことを悲しむ気持ちで受け取ってた。
でもそうじゃなかった。次の約束があることが当たり前じゃないこと、それを思い出したんだ。

自分の中で『凛』が育つのを感じる。差し出した手は10メートル先すらきっと届かないけど、
私は私として、しっかり顔を上げて、ゆっくりでもこの足で歩いて行きたい。
今年は想像以上に大変な1年になる(今でさえぱつんぱつん)だからこそ下を向きたくない。

最後、手を振る5人に笑い返す。確かにここには5人と名古屋しか知らない音があったよ。
また6月に会おうね。とか言っといてまた被ったら蹴るかもしれないから先に謝っておくね。

友達と会ったり待ったりした後、酷い買い物をした。みんな私の来月の行動を笑うといいよ!


past / index / future / mail / gn8