laugh laugh laugh with rock'n' roll


2005年12月31日(土)

君にピース在れ。ペンパルズロックンロールラストパーティー@カウントダウンジャパン感。

暗転と同時に鳴り響いたのはサボタージュだった。1年以上聴いてないのに体は正直だ、
もう早く飛び跳ねたくて仕方なかった。会えなかった時間が全部外に出ていく。
このとき肩車してもらって見た景色。隅までぎっしり埋まったギャラクシィのフロア。
真っ赤なステージに4人が揃う。きた。そう思った瞬間、1曲目のイントロに仰け反った。

正直このときって周りに居た人に「アストロモーテルだよー!!」と叫んだ記憶しかない。
過去『アストロモーテル』聴いたの1回しかないのにこんな最後に演るとかありなの!?
と、こんな感じでいきなり度肝を抜かれてしまったラストライブは2曲目でさらに加速、
個人的に「これが1曲目かな?」と予想してた『CARS』でがっつりフルスロットル状態に。
やっぱりこれだよ!この五感全部ショートしたみたいな感覚。
どれだけ他のバンドで盛り上がっても得られなかった、ペンパだけが与えてくれる興奮。
お帰り!待ってたよ!そんな言葉が浮かぶ頃には、完全にいつものパーティになってた。

盛也さんがリードする『70TIMES』と『I Guess Everything Reminds You』の並び、
馴染みのない曲に対しどんどん落ち着いていくフロアに笑いが止まらなくなってた。
1stと同じ順番なんて初期のファン以外誰が喜ぶって言うの?馬鹿すぎるよペンパルズ。
俺たちは俺たちのやりたいことをやるって言いながら、いつも客のことばっかり考えて、
後から言ってたよ?頭4曲で泣かされたって、随分昔からファンだった友達が嬉しそうに。

完全お祭りモード全開になったのは『RIGHT NOW』から!あのギターだけでやばかった。
ステージなんてこっからほとんど見ちゃいなかった。とにかく周りと騒ぎっぱだった。
始まる前に流れで「ペンパキッズに境界線なんかない!」とか言ったけど本当だよね。
そこにペンパルズの音楽があれば何も関係ないもん、だから特別なんだよこのバンドは。

私にとって魔法の一言、Lately there's no music I want…『I WANNA KNOW』!
この曲はダイアの印象がすごい強くて、あのとき私はフロアの一番後ろで踊ってて、
サビの明るい照明の中、ぶわーっとみんなの手が上がった光景を今も忘れられなくて。
今日も顔つき合わせて回ってたけど、やっぱり視界にたくさんの腕が見えて、
それが変に嬉しくて、ちょっとほっとした。私が望む光景はこれだなあって改めて思った。

そしたら『NO ROCK'N'ROLL RADIO』でさ!正直もう聴けないと思ってたから吃驚した。
ちゃんと合いの手も覚えてた。目の前に義人は居なくても、ぐーってやってくれなくても、
ついで言うと『I'M NOT DOWN』じゃなくても(だって好きなんだもん!)
私が一番拳がんがん上げる曲に変わりないんだよね。ちょっと腕攣るかと思ったもんね。

なんて笑ってたらもっと吃驚させられた。だって『BOYS&GIRLS』!ああもう馬鹿馬鹿!
こればかりは泣いた。悲しくてじゃなくて思い入れがありすぎて泣いてしまった。
夏の夜、世界は俺たちのもんだ!そう叫んだ林くん。挙を上げて応えたキッズの歓声。
何だか幸せな気分になったんだよねと笑った女の子の横顔。打ち上がった花火。
「もうこの夏は会えないと思った」夏に出演が決まったことを知ったときに溢れた気持ち。

それでも最後まで唄いきる。声を上げる。足も止めない。大好きだって感情だけで笑う。
愛すべき君を抱こう、そして終わらないキスを…アウトロのラララの合唱が聴こえてくる。

3年と4か月。ただ好きで会いたくて会いに行った。林くんにいきなり叱られたワンマン。
拳をぶつけ合って喜んだ夜。泥酔しながら唄ったボンジョヴィ。それに大笑いしたこと。
テキーラ一気してふらふらの4人を見て馬鹿だなあって笑ったこと。
義人が好きすぎて暴走した春。ぴあの企画で歩いた大須商店街。遅れて届いた写真。
草むらを自由に踊ってたお兄ちゃんたちのステップ。半裸の林くんが回すクラッシュ。
初めて立った最前列。初めて拾ったピック。全然似てない義人の物真似。
盛也さんの指ぱっちんと、それを見る林くんの笑顔が可愛すぎて特別になったあの曲。
LASTと赤く抜かれたTシャツ。くしゃくしゃにした短い頭。夜空に飛んだ黄色い風船。
またこんな格好良い一面を見せてくれるのかって驚かされた曲、欽也さんのシャウト。
夢の中でも、目が覚めても聴こえるペンパルズが幸せすぎて泣きたくなった新潟の夜。

楽しい気持ちが伝わり合って嬉しかったあの日と同じように、今日もこんなに最高。

ここで4人が一旦引っ込んだ。時計は見なかった。何で終わっても大丈夫、覚悟はあった。
もう一度出てきたメンバーは赤と白のラガーシャツに着替えてた。あれ、もしかして…?
そう思ったときには曲に入ってた。『JUMPIN' THE GUN』だ!ぎゃあああ!
この頃はもう何かほんと楽しすぎてむしろどうしたらいいかわかんなくなってた。
散々笑って向かい合って叫ぶ。天井に届きそうなこの手、ステージなんて見てなかった。
でも知ってる。今、この空間に少しの曇りもないこと。それが私が4人に抱いてきた信頼だ。

このときだったかな、林くんが「この衣装には思い出があるんだよ」とか言い出したのは。
やっぱり、と思って始まったのは『AMERICAMAN』。力の抜けた笑いしかなかった。
さらに『TELL ME WHY』と続きますます広がる脱力感。いいよ、最高だよペンパルズ。

ここで大事に抱えてたプレゼントを隅に置きに向かった。誰も盗ったりなんかするもんか。
今までペンパのライブで嫌な思いなんて一度もしなかった。だから今日も絶対大丈夫。
そして戻ってきた私を迎えてくれたのは『A.F.O.K』に『LIFE ON THE HIGHWAY』!
ラ、ライフオンザハイウェーイ!この曲(も)すんごい好きなの!てゆか上がる!
俺たちもう…いくつだっけ/笑。私はこの日23歳になったよ。ほんと最高の誕生日だよ。

画面ちらっと見たら義人が阿呆なコーラスして頭振ってた。馬鹿可愛すぎて参った。

ハイウェイが来たからウェイなのか、そのまま『LIFE ON THE WAY』に流れたときは、
嬉しい反面、心の隅で「ああ、終わりは近いんだな」って思った。だからこそ踊った。
この曲のサビが近づくと早く跳びたいって逸る足。一瞬で蘇る夏フェスの光景。
間奏のとき叫んだポットショットの名前は、だってやっぱり大切すぎる関係だったから。
猿もみっちゃんも居なかった。でも私の耳にはしっかり2人のホーンが聴こえていたよ。
いつも呼ばれてないのに自分用のマイク持って出てくるりょうちゃん、
松本でペンパT着てたさとしくんも、こばさんも、市川さんも、みんな大事な仲間だよ。
約束は叶わなくてもこの気持ちは消えない。あといつか長崎でよこはま替え玉するから。

Everybody gonna find a way〜の後、両手広げて思いっきり跳んで、叫んだこと。
その一瞬、頭の中が見事真っ白になったこと。きっとすごく間抜けな面で笑ってたこと。
直後『MORE FUN?』がきたこと。これが最後だって思ったこと。
知ってる人も知らない人もみんな笑顔で踊ってた。気づけばでっかい輪ができてた。
会場中にピースが上がる。私も両手でピースサイン。これ、いつやっても大好きなんだあ。

びっちさんにもう一度肩車してもらったのってこのときだっけ?(ごめん全然覚えてない)
あのとき見た景色ったらなかったよ。本当に、本当にどこまでも人が居て、
赤いライトが眩しくて、私が後ろ向いて手を上げたらみんなイエーイって笑ってくれて、
なんて馬鹿みたいで、なんてきらきらしてて、なんて幸せな空間なんだろうって思った。

4人がばいばいって手を振る。本編が終わった。遠くで『song#1』が聴こえた気がした。

ENで再々度登場したメンバー。手にはファンがぎっしり寄せ書きしたペンパルズフラッグ。
それをステージに置いて林くんが言う。今日は時間が限られてるから、って。
そうだよね、残り少ないんだよね…少ししょんぼりした私の耳に聴こえたのはこんな言葉。

「でもまだまだパーティは続くから、先にみんなでロッキンオンのスタッフに謝っちゃおう!」

で、せーの!で4人と会場のお客さん全員で「ごめんなさい!」ってジャパンに頭下げたの。
あんなに笑顔で謝ったの初めてだよ/笑。それ見て林くん「よし」とか言ってるし。
楽しかったなあ。こんなくだらないことで一致団結するなんてほんと馬鹿もいいとこだよね。

その笑顔のまま唄いだしたのは『君を見てた』だった。でも、私、気づいたら大泣きしてた。
「明日のこととかどうでもよくって」とか、「こんな夜はやけに素直で」とか、
歌詞のすべてが今日を表してるようで、歌詞を追うほど、涙が止まらなくなってた。
本当にイントロひとつで時を止められたらどれだけいいだろうって思った。
ぐしゃぐしゃな声で唄った。ずっとこのままで、そばにいて、ここにいて、朝が来るまで。

いつか言ってくれたよね。今夜の俺たちは最高だって。間違いなく「今夜も」最高だよね?

この曲が終わったとき今日泣くのは最後にしようと思った。後はずっと笑顔でいたかった。
だから『DAYS GONE BY』のドラムが鳴って、絶対唄いきってやろうって決めて、
途中のコーラスもアウトロも全部馬鹿みたいにでかい声で唄った。音程なんかなかった。
あの日、最後になるなんて思いもしなかったワンマン。愛してるぜ!って叫んだ林くん。
改めて言い返していいかな。愛してるはこっちの台詞だよ。大好きなんだよ、馬鹿バンド。

この最高なパーティも終盤、きっとたくさんの人が待ってただろう『ラヴソング』が始まった。
自然発生的に輪が広がる。知ってる人も知らない人も関係ない、みんなで肩組んで踊る。
隣の女の子や、輪の向かいで笑う友達や、輪の外でにこにこしてる人を見ながら、
ああ、ペンパルズのライブっていつもこうだったなあって、狂騒の中じんわり噛み締めた。
「こんなに愛しいものなんてどんなに願ったってない」なんて本当にその通りだった。
こちらこそありがとう。ペンパルズと出会えて、一緒に過ごせて、すんごい幸せだったよ。

今まで最後らしいMCをしてこなかった林くんが、確かここで初めて、今日のことに触れた。
『All Fun Of Kids』の歌詞をどうのこうのとか言い出すもんだからまた泣きそうになって、
泣かすな馬鹿!寒い!さっさと曲演れ!ってわめいてた(ごめんなさい)
そんなこと言わなくたって知ってるよ。この曲がどれだけ素敵な曲か、わかってるよ。
変化を受け入れられなかったときいつも頭に浮かぶ「changes are growth?」の1行、
留まってるくらいなら行っちゃえよ、迷うたび自然と口をつく言葉、
そして待ち続けた自分を支えてくれて、今この瞬間すら代弁してくれる、一番好きな歌詞。

「君たちが居るところならどこでもそこが僕の居る場所だって思えるよ」

このときの林くんは、間違いなくペンパルズって最高のロックバンドのフロントマンだった。
欽也さんと義人に唄わせて、ジャイアンじゃねえんだからとか突っ込んで、
やっぱり今日も散々盛也さんいじって、むちゃくちゃガキみたいな顔して笑って、
ついでにお客さんに手拍子まで求めちゃう、そんなハッピーな空間を林くんは先導してた。

最後の最後まで4人が楽しそうに笑ってるのが、本当に、何よりも私には嬉しかったんだ。
林くんと盛也さんのやり取りを見て、これがペンパだなあって変に思ったりしたんだ。
義人だって同じ。本人はどうか知らんけどペンパでベース弾いてるときが一番楽しそう。
ステージもフロアも笑顔で、それが伝染してまた笑顔が増えて、誰もが笑ってて、
ペンパ以上にピースフルなライブはないのかもなんて思うくらい、この空気が好きだった。

そんな最高に幸せな雰囲気のまま、ラストパーティは幕を閉じた。4人が舞台を去るとき、
自然と「ありがとう」って言葉が口をついた。叫ぶでもなく、涙ながらにでもなく、
心からするりと出てきたような「ありがとう」だった。
そのまま不思議と頭が下がった。今思うとロックのパーティで最敬礼は笑っちゃうけど、
何も考えることなく、あのときはただただ「ありがとう」の気持ちでいっぱいだったんだよ。

終演後会った友達はみんなにこにこしてた。私も正直吃驚するくらい清々しい気分だった。
解散のかの字も感じさせない最後だった。それが嬉しかったし、誇らしくもあった。
…最後をフェスにしたこと、今思えば良かったのかもしれないな。
もちろんワンマンはあるに越したことないけど(聴きたい曲たくさん聴けるわけだし)
フェスだからこそ、ペンパキッズも通りがかっただけの人も全員参加できるわけで。
結果論かもしれないけど、私はこれ以上ない最後だったかなって思うよ。
バンドマジックが健在だったことと、それが無限に広がっていく様をこの目で見られたから。

うん、本当に夢のようなプレゼントだった。結局私を一番笑顔にするのはペンパルズだった。
出会ってくれてありがとう。楽しい思い出を、泣きたくなるほどの幸せをありがとう。
一緒に過ごした時間は今も色褪せず、この胸の中に生きています。
そして林くんが言ったように、これからも私は私なりのパーティを続けていきます。
もしその道中で会ったときはよろしく。でもこき下ろすときは容赦しないからね(ふふふふ)

最後に、今まで解散したどのバンドにも言えなかった言葉をペンパルズに送ります。

長い間、本当にお疲れ様でした。

ピース。

ペンパ嬢こと、でこより。


past / index / future / mail / gn8