梅子の屋根裏部屋

2019年02月13日(水) 日記:医療費

家計簿もちゃんとつけている私は結構節約主婦だ。そのはずだ。およよ・・・な出費が全然無い!・・・なんてことは言わないけど、結構一生懸命節約しているのだ。日々のスーパーでのお買い物はチラシチェックをしっかりやって、もちろん底値買いだ。必要以上のお金は持たず、計算しながら商品を選ぶ毎日。そんな健気な私に襲いかかる容赦ない出費。

それは医療費だ。健康が一番安上がりなことを知っている私は、なるべく病院へ行かないよう、疲れぬよう常に身体に気を遣っているのだ。それでも、年に一度ぐらいは一瞬の隙を狙って、風邪がやってくる。そんなわけで、鼻声がどんどんひどくなって、鼻づまりはしてないのに、酸素が足りないような気がして、午前中耳鼻科に行った。

昼から、右目がコロコロゴロゴロしてきて、眼科に行った。次の日は歯科検診の予約をしていたので、これ以上医療費を出したくなかったけど、行った。ほんの3日程で6000円以上も使った。

これだけ浮かすためにはどうすればいいのか・・・。



↑エンピツ投票ボタン(押しても何も変わりません。)

My追加



2019年02月08日(金) 日記:電話

携帯電話が鳴ると、知らんぷりができないよね。誰からかかってきたか一目でわかるし、出ないかけ直さないってことができるくらい図太い精神は持ち合わせていないし。そんなわけでとっても久しぶりのお友達と、とっても長電話をしてしまった。向こうの電話はカケホーダイ的なものらしく、電話代はとりあえず私が払うわけじゃない。

この年になると、欲しい物は健康だけ・・・みたいな毎日を送っている。毎日そこそこ家事をしていたら時間は過ぎていく。時々孫太郎の顔を見ればそれで幸せ・・・という事は良く分かっているのだが、時間を忘れて又は、家事なんてほったらかして、夢中になれる物を持っている人はとてもまぶしい。

そのまぶしい人であるところのお友達、なんだか懐具合もとてもよさそうだった。今私はちょっとしおたれている。このお友達と話をすると、いつもこんな気分になる。「どーせ」という言葉が心の沼の奥底から浮き上がる。

大事なことはすぐ忘れるが、忘れたいことはなかなか忘れない。



↑エンピツ投票ボタン(押しても何も変わりません。)

My追加



2019年01月24日(木) 日記:海外旅行

ちょっと外国に行っていた。出不精の私は、出かける前はほぼ気が乗らない。飛行機もあまり好きではないし、おうちを留守にするのがとってもいやだ。ちょっとお買い物に行く時でさえ何度も鍵を確かめる。でも、知らない街をうろつくのは好きだ。ちんぷんかんぷんな言葉の中で途方にくれるのも何となく好きだ。

で、いつも帰ってきてからガイドブックを読んだり、ネットを見たりして「ふ〜ん、あれはそういうことだったのか・・・」等と納得している。そして、『これは行く前に勉強すべきだったのでは?』と、いつも思う。予習ができないタイプなんだね、きっと。

そうして行って帰ってきたカンボジアに惚れた。超有名なアンコール遺跡群もさることながら、食事とか、国民性とか、ジャングルとか、小鳥とか、とりとめなく私の好みに合っていた。

ベトナムはそう思わなかったのだが、カンボジアは今すぐまた行きたい。



↑エンピツ投票ボタン(押しても何も変わりません。)

My追加



2019年01月14日(月) 日記:24分の1

新しい年もすでに24分の1終わってしまった。なんてこった。早いにも程があるってもんだよ。12月はなんだかだるくて、こんなに体調が悪くて私は年を越せるのか?・・・と、思っていたのだが、29日におせちを作り始めたら、あ〜ら不思議、憑きものが落ちたように元気が出て無事にお正月を済ませることができたのだった。

そこで分かった。ストレスの意味を。自分のペースで物事を進めている時はちょっとぐらい身体がハードでも全然大丈夫だって事を。誰に阿ることもなくひたすら目的に向かっている時は疲労だって心地イイって事を。

そんなこんなで10月11月のストレスから本当に自由になった私は、結構機嫌良く新しい年を過ごしている。で、気がつくと24分の1終わっていたということなんだ。紅白歌合戦の録画も飛ばさずにゆっくり見た。ちょっと感動した。

新年の抱負。時間を大切にする。



↑エンピツ投票ボタン(押しても何も変わりません。)

My追加



2018年12月22日(土) 日記:検診

年に一度健康診断にいくのだが、去年の総合判定は「E」だった。健康しか取り柄のない私が「E」?・・・かなりショックだった。でも、当日は風邪をひいていて『私に今必要なのは検診より診察だよ』と思いながらフラフラしながらあっちこっち病院をうろついていたのだった。

で、今年も先月検診を受けた。一大イベントを終えたあとだったし、心身共にぐったりな感じで、『こりゃ、去年より悪いんじゃないか?』とさえ思った。そして帰りに渡された胃カメラの写真は・・・ひどかった。『これって、これって?』胃カメラの為の安定剤のせいでぼんやりする頭で聞いたドクターの「大丈夫だと思います。」の言葉にすがるのだけど、正直ヒヤヒヤの毎日だった。

やっと来た結果。これがドラマならきっと手が震えているよね。総合判定が「C」だった。え・・・よくなってるじゃん? これに安心してしまうのは良くないことなんだろうけど、ほっとした。

それより、去年も11月に受けたはずなのに9月に受けていた事にびっくり。



↑エンピツ投票ボタン(押しても何も変わりません。)

My追加


 < 過去  INDEX  


梅子 [MAIL]

My追加