梅子の屋根裏部屋

2021年07月09日(金) 日記:五輪

やるらしいな、五輪。世界のどこでやっていようと、私の五輪に対する姿勢は1ミリもかわらないから、たまたまヒマで他に見るものがなければテレビで競技を見るかもしれないけど、だからといって世界が一つになるとか、感動や元気をもらえるとか・・・。これまた1ミリもないことは確かだ。

そもそも安くあげるはずだった五輪なのに、どんどん費用がかさんですごいことになっているらしいのに、入場料も入らないでいったいどうなっているのか。一部の人のお楽しみの後で、「こんなにお金かかりました!てへ」とか言われても納得できるものではない。

普通に五輪を開催しても、開催都市はその後不景気になったりしてるのに、コロナ禍の中で開かれる五輪。ただ心配で不安でしょうがない。

今からでも中止にすればいいのにとほんとうに思うよ。



↑エンピツ投票ボタン(押しても何も変わりません。)

My追加



2021年05月21日(金) 日記:ワクチン接種

まだ予約にもたどり着けないけど、ワクチンがだんだん身近になってきた。半年前くらいは重い副反応とかでたら怖いからなるべく打ちたくないと思っていたのだけど、世界中でワクチン接種が進んでいる国は少しずつ元の暮らしに戻っているみたいだし、重い副反応も何万分の一とかなら当たらないな・・・きっと、たぶん、おそらく・・・みたいな気になってきている。

で、私は7月末までに終わる世代なので、考えるとまだまだ終わらない人がたくさんいるわけで、たとえばどら息子やどら娘が感染することだってあり得るわけで、そうなると祖母たる私の出番なわけで。

そんな時は来なくていいけど、もしもの時に憂い無く対応できるように早くなっておきたい。そんなこんなで毎日ビクビクしながら、ワシワシ手を洗いながらの毎日を過ごしている。

そう決めたら一秒でも早く接種を済ませてしまいたい。



↑エンピツ投票ボタン(押しても何も変わりません。)

My追加



2021年04月17日(土) 日記:テレビ

雨の土曜日。テレビがおもしろくない。近頃よくネットフリックスを見ているのだけど、CMなしがこんなに気分がいいとは知らなかったね。韓国ドラマとかほんとにおもしろいよね。最近日本のドラマがおもしろくないので、なんでかな?と考えて見た。

まず、俳優さんが新鮮だよね。それから風景も外国←当たり前。今は好きな時に海外へ行けないけど、行ってもいいよってなったら、ソウルに行こうとマジ考えてるよ。舞台が日本だと、「それは無いな・・・」とか冷静に考えてしまうけど、外国が舞台だと「あるかも?」って思ってしまう。

字幕なのもいいのかも。字幕だと何かやりながら見るというのはなかなか難しいので、ドラマだけを真面目にじっと見ていたりするので、すごい集中する。日本のドラマも集中して見ればおもしろいのかもしれないけどね。

そんなこんなでテレビばかり見ている私がいる。



↑エンピツ投票ボタン(押しても何も変わりません。)

My追加



2021年03月23日(火) 日記:帯状疱疹

そして、一週間たち再び病院へ。この一週間始めのうちは薬が効いている間は全然痛くもかゆくもなくて、「もう治った!」ぐらいに思っていたのだけど、4日目5日目、薬が切れるのがなんか早いな・・・と、思っていたら夜中にズキズキでもなくシクシクでもなく、これが昼間なら紛れるかもしれないけど、しっかり目が覚めるくらいの痛さで悶々としたのだった。

帯状疱疹って痛いって聞いてたけど、こんな不思議なわけのわからない、どこが痛いのか茫洋としてるけど、確かに湿疹のところが痛い。けど、湿疹の見た目から予想される痛みの100倍?・・・そのくらい痛かった。

そんなこんなで前回より減った薬を二週間しっかり飲む日々。先生が「1ヶ月半ぐらいかかる」というのでちょっとうんざりしたのだけど、もうすでに二週間たって、薬がなくなる頃には1ヶ月、私の復活力をもってすればその頃には痛みなんてかけらもなくなっているはず!・・・と信じている。

もっとひどい病状の人はたいへんだろうな・・・と思いやるのだった。



↑エンピツ投票ボタン(押しても何も変わりません。)

My追加



2021年03月15日(月) 日記:水ぼうそう

先週の月曜日から、頭が痛い?・・・と思って薬を飲み、胃が痛い?・・・と思って胃薬飲んだけど、なんか違うよな・・・と思いながら、身体の表面2センチぐらいが変だと思っているうちにちょっと湿疹ができて、「これって帯状疱疹ってやつ?」とネット検索したらビンゴで、皮膚科に行ってたくさん薬をもらってきた。

我慢できなくもない程度だったので、どうしようかと思ったけど、ネットではどこも「早く医者に行け」と書いてあるので、まぁ、しゃーなし行ってきた。あまり病気らしい病気をしたことがないので、こんな薬を飲むのは初めてだった。薬代って高いよね、ジェネリックなんだけど。

水ぼうそうは子供の頃罹るものだけど、水ぼうそうの弟のそばにずっといたのに、熱も出ず、湿疹も一つしかできなかったとかで、母がずっと「罹ったのかどうか自信がない」といつも言っていたので、今回の帯状疱疹は罹った証拠みたいなものだから、変なところで安心したのだった。

先生も軽い方だと言ったので甘くみていたのだった。



↑エンピツ投票ボタン(押しても何も変わりません。)

My追加


 < 過去  INDEX  


梅子 [MAIL]

My追加