√B...uk

 

 

がっかりのこと。 - 2019年11月29日(金)

ショックというか、ちょっとガッカリしたこと。

先日、上司と雑談をする機会があって。
部署は異なるのだけれど、ポストオフした方の話。
彼は、日中業務時間にも関わらず、パソコンで
ボードゲームをして過ごしているとのこと。
上司はそれを「我々が目指すべき理想の姿だ」と。
半分冗談で、皮肉めいた意図だったかもしれない。
のんびりして何もしなくても、たとえ何かしても
誰にも怒られることなく、給料が入ってくる。
たしかにこんな恵まれた待遇・環境は無い。
でも、何だろう。個人的にモヤモヤしてしまう。
羨ましさなのか?では、そうなりたいのか?
正直言って、やはりそうはなりたくない。
何と言うか、仕事もでき、社内政治も上手い、
私にとって「理想」に近いロールモデルとして
見ていた上司が、まさかそのような類の人間を
理想だと話していたことに、失望した。

もう一つ。会社の代表についてのことも。
代表が社内を歩いていたときのこと、どうやら、
すれ違った一社員が挨拶をしなかったとのこと。
そのことを上司は大変な様子で語っていて。
それもちょっと萎えてしまった。
まず、全員顔見知りで直接自分で雇っているなら
まだしも、比較的社員数も多くて、採用だって
直接自分はしていない従業員のほうがはるかに多く
きっと社員の顔一人一人なんて覚えてないだろうに、
そして、自身が全社員の前で話なんかもしないのに、
たかだか社員らしき人に挨拶されなかったくらいで、
とやかく気に掛けている器の小ささに、がっかり。
また、それをオオゴトのように扱う上司にも。
うーん、正直、もっと風通しの良い、おおらかな
会社だと思っていたから、ショックだった。

すごく甘えかもしれないけれど、この上司に
ついていけば、きっとキャリア(社内ではない)
形成に問題ないんじゃないかと思っていた。
そんな自分が居た。けれどもどうやら違うんだな。

自分の身は自分で守らなきゃいけないし、
自分の道は自分で切り拓かなきゃいけなかった。
あまりに居心地の良い環境だったから忘れていた。
前職で学んだことだ。会社は守ってくれない。
仕事社会で信じられるのは、自分の腕だけだった。

とはいえ転職したりはしない。ローンもあるし。
できるだけ長く細く勤めながらも、できるだけ
プライベートを圧倒的に優先させていく。
それが出来なくなりそうなら潮時かなぁと。
でも現時点では、仕事<プライベート、の割合で
生活を送れているのでまだ大丈夫。

語弊の少ないように一応書いておくと、別に
仕事を疎かにするということではなくて。
仕事は仕事、業務時間中は全力で取り組む。
だけど、残業してまで仕事に身を挺しはしない。
やるべきことが終わったら一旦そこまでにする。
欲張りはしない。明日やれることは明日やる。
さっさと家に帰ってその分家族に時間を費やす。
だからそのためには、仕事で必要な能力なんかは
惜しみなく磨いておかないと、とは思っている。
そういうわけで、ちょっとサボっていた自分磨き、
またちょっとやらなきゃなぁと若干の危機感。
結局は、自分で何とかしなきゃいけないな。
当たり前のことなんだけれども。

ガッカリと書いたけれど、危機感が煽られて、
それは少し良かったのかもしれない。
日常に忙殺されて、だらけてしまっていたから。
まずは、何から始めよう。

***

2019/11/29 23:30


...




My追加

 

 

 

 

INDEX
past

Mail Home