月に舞う桜

前日目次


2022年09月30日(金) 9月の読書

★合計16冊
107. 浅倉秋成『六人の嘘つきな大学生』
108. アーサー・クラインマンほか『他者の苦しみへの責任 ソーシャル・サファリングを知る』
109. 東野圭吾『仮面山荘殺人事件』
110. 加藤陽子『戦争まで 歴史を決めた交渉と日本の失敗』
111. フランソワーズ・サガン『ブラームスはお好き』
112. 穂村弘『シンジケート』
113. 加藤陽子『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』
114. 小笠原慧『手のひらの蝶』
115. 石垣りん『私の前にある鍋とお釜と燃える火と』
116. 『新もういちど読む山川日本史』
117. 一穂ミチ『スモールワールズ』
118. 小笠原慧『サバイバー・ミッション』
119. 熊谷徹『ドイツは過去とどう向き合ってきたか』
120. 萩原朔太郎『月に吠える 萩原朔太郎詩集』
121. 小笠原慧『タロットの迷宮』
122. 小笠原慧『死夢』

※数字は1月からの通し番号

noteに詩や短歌を載せるようになって、詩集や短歌集を読んでみようと思うようになった。先月は最果タヒと中原中也の詩集。今月は、穂村弘の歌集、石垣りんと萩原朔太郎の詩集。いまのところ、穂村弘と石垣りんが好きだ。あとは、最近は読んでいないけれど、王道の俵万智も。
それから今月は、小笠原慧の小説をよく読んだ。どれもこれもが面白い! というわけではないけれど、デビュー作の『DZ』が面白かったので、乗りかかった船で、読破を目指している。


桜井弓月 |TwitterFacebook


My追加

© 2005 Sakurai Yuzuki