鷁里辰突戮譴觴臧悗淵轡Д嫺記鵝前藥録〜...カロリィ

 

 

嫌われ街道まっしぐら - 2024年05月23日(木)

けっこう常々わりといつも思ってることなんですけど、普通に考えると

「そゆこと言うと、嫌われるよ?」

「そんな言い方しなくても」

「だから嫌われるんじゃない?」

って思われるような言動を日常的に繰り返してる人って、いったい何をどう
したいんかな?ってずっと謎。

誰しもそういう瞬間があるとは思う。

「嫌われてもいいから言わなくちゃ」

「こんな言い方でもしないと気が済まない!」

みたいな瞬間。
それは人それぞれ、訪れると思うんです。

でもそうじゃなくて私が言いたいのは、しれっとした顔で、息をするように
周囲が一瞬ギョッとしたりその場がフリーズするようなことをしょっちゅう
言う人って、なんでなん?てことです。

嫌われたい?
孤立したくて言ってる?

なら大正解!

なんだけど。
世の中そんなにも、人に大嫌われしたい人って多い?と不思議。

多分、その人なりには正論だと思ってるから言ってるんだろうし、当然一理
あることを言ってはいるんだけど、けど!!っていう。

ちょうど昨日、ベイエリアの職場のグループLINEに、例のお姉さまが
「調理器具が汚いから夜のシフトの人はちゃんと洗ってね」と
いう内容のメッセージを投稿していました。

それ自体は別に構わないんだけど、文の途中に
「忙しいランチのときにめっちゃイライラする」
って書いてあって、

文末が
「よろしく」
で終わってて。

いやめっちゃエラそうすぎ笑
私に宛てられたものではないので私は何の反応もしませんでしたが、他の
誰からも何のリアクションもありませんでした。
全員思ったんだと思うよ。

「いや言い方」って笑
どんだけ上からモノ言うんって笑

あと、ずっとネガティブなこと言ってる人もベイエリアにはいてですね。
多分本人は、それがネガティブなことだってことには気が付いてないし、自分
の発言に周囲が辟易してるってことにはもっと無関心。

ミサワ店長のことなんですけどね笑

ミサワ、口を開けば愚痴かため息か体調悪いアピールか悪口しか言わない人
なので私は大嫌い笑

今となっては思いっきり盛大に距離とってます。
話しかけられたら普通に会話するから、ミサワには気取られていないと思う。
でも私からは、業務上必要なこと以外は一切話しかけない。

なるべく視界にも入れない。
なんせ不快なんで。

そして、嫌われてる人って、結構な人数の人たちに嫌われてるよね。
なんであんなにも積極的に人に嫌われにいくんだか。
私ならどっちかというと好かれたいけども。
嫌われて自分が得することって、何にもないと思うんだけど。

不思議だな〜と思いながら、お姉さまとミサワを眺めてます。


...

今年のPTA本部内のお話 - 2024年05月21日(火)

毎年必ず4月5月には思うんです。

「あ〜、なんで副会長引き受けちゃったんだろ。
辞めときゃよかった!!」

って。

面白いほど毎年必ず同じこと思ってるのに、毎年必ず引き受けちゃう
PTA副会長、それは私。

やっぱり4月5月は新規で入ってくる人の人となりが掴めてなくて
人間関係の構築が出来上がる前なので、疲れる時期なんですよねー…

PTAにおける私の考え方ってかなり支持を得られていると
思っていて、実際、PTAの委員募集をかけたところ一切何の強制も
せず特典も付けない状態で、世帯数550の規模で30名の方々が
名乗りを上げてくれたのです。

それってなかなか優秀な数字では。

しかしヤル気がある分、ゴリッゴリに正論を押し通してくる人がいる
のも確か。

PTAの世界って、正論がとてもとても強くってですね…。
言うてボランティアなんで、ヤル気元気勇気りんりんタイプの人を
抑えることって、基本的にできないんですよ。

私は、程よく真面目でシッカリしつつも、イイ感じにゆる〜く、
得意分野だけ参加して、気乗りしないときは欠席して、別にそれを
誰も追求しないPTAを作りたくってですね。

中学校のPTA副会長も4年目に突入し、だんだんとそれが浸透
してきた手応えをイイ感じに感じられて来始めた今日この頃だった
んですけどね。

4月に新規で入ってきた方がクソ真面目でルールばちばちで、
そこから外れるとガン詰めしてくる人でして、私は相当に疲れている。
今ココNEW!!

いや、去年もいたの。
似たようなタイプの別の人。

周囲の思いやその場の空気は全く関係なく、自分の中の正義・正論を
貫き通す人。

でも付き合っていくうちに、去年の人は、言っただけのことをやる人
というか、「じゃあお前がやれよ」って言えば本当に実行に移す
人だったので、ほったらかしにできました。

今年のパターンはどうだろう。

「私は○○と思うのよねー」

「本当は△△だから、モヤモヤするのよねー」

「これって、このままでいいのかなあー」

って言うだけ言って、特に行動には今のところ移していないので

「私は○○と思うのよねー」と言われても「そうなんですね」としか
言いようがないし、

「モヤモヤするのよねー」と言われても「そうですか」としか
言いようがないし、

「このままでいいのかな」と言われても、「いいんじゃないの」としか
言いようがない、のです笑

議論がストップするだけで、何の問題も解決しない。
場がフリーズし、進展が止まるだけ、の効果しかなくて。

あの魔法、何ていう魔法なんだろう笑

基本的に進行係を担っている私としては、超ストレス。
彼女を無視せず、足蹴にせず、かといって全て受け容れることもなく
その場をうまく切り抜ける方法をその瞬間瞬間で考え続けながら
進行し続けなければならないので、超ストレス。


馬鹿がバレるのもイヤだし笑
逃げるのもイヤだし笑

私ったらええかっこしい笑

「場をフリーズさせて議論をストップさせ、会議を長引かせる」という
恐ろしい魔法に対抗できる魔法、誰か教えてください。

*****

そんなこんなめんどくさい副会長の胸の内を、なんと副校長は全て
聞いてくれました。

ゴメン副校長。
こういう保護者がいるから、なかなか働き方改革できないのよね先生方。

副校長は、カロリイズムが浸透しているこの学校のPTAが大好きだと
言ってくれました。(カロリイズムだなんて!そんな!)(もっと言って)

昨年の役員さん、委員さんたち、定例会や活動を終えた後、皆さんとっても
楽しそうな顔をしてらっしゃいましたよと。
皆が楽しくできるこのPTAが続けばいいなと思ってます、と。

ちなみに上記の「ヤル気元気勇気りんりんのクソ真面目な人」は
新しく入った会計担当の方でして、その方と、男性会長のお2人だけが
“私が勧誘してない人”なんですよね。

それ以外の本部役員と会計監査は、全員私の声掛けで集まってくれたメンバー。

だからこそその2人だけ人となりが掴み切れず、関係性も構築できて
おらず、おまけに苦手なタイプと来たもんで。

カロリィ副会長、大疲れ笑

「ヤル気元気勇気りんりんのクソ真面目な人」は、言葉を選ばず言うと
「特性バチバチの人」ってことです。

周囲の空気はどこ吹く風、自分の思いや持論を語り尽くすタイプ。

あと副校長の見立てでは、この2人は、他人とコミュニケーションをとる
場や相手が少ないのではないか、だから打ち合わせや集まりの時に色々と
思いが溢れ出て、話が長くなってしまうのではないか、とのこと。

目から鱗でした。

副校長から見ると、昨日の打ち合わせ時はその2人はとても生き生きして
楽しそうであったと。
反面、カロリィさんはいつもの元気がなくて体調が悪いのかと思いましたと笑

な、ななな何だと?
私には無駄にしか思えなかったあのやり取りが、楽しかっただと???
私は「今ここで結論出ないことウダウダ喋ってんな」「どうやって切り上げよう」
としか考えてなかったし、無駄に長話してるようにしか見えなかったんだが!

副校長、視野広!!
副校長、人間出来すぎ!!

そして副校長、

「実はあの後、会計の方が少し残ってお話されて帰って行ったんですが、あの方、
とってもお話が大好きなんですよね。話すべきポイントは1つだけだったんですが、
そこから派生して色んな話をなさって帰られました。私は、それらを全て
聞いておくことで、いざこちらから何かお願いしたことやお断りしたいことが
出てきた場合にこちらの意向が通りやすくなるんじゃないかなと思ってます。」

とまで仰っておられた。
人間出来すぎててビビる。

会議をなるべく短く切り上げることばっかり考えてた自分を恥じ…てはないけど全然。

そういう考え方もあるのかって目から鱗だった。

尚且つ

「会計の方、会長の仰ることは素直に聞いてらっしゃるようにお見受けしたので、
まずは会長を巻き込んで、引き込んでいくことが大切かなと思っています」

とも言ってました。

そうなのよね。
そう言われればそうなのよね。
まずは会長を攻略だわ。
なるべく会長副会長・それから校長副校長でタッグを強固にしておくことにする。

*****

副会長って、建前的にはフラットでいなくてはならないので、なかなか胸の内を
さらけ出せる相手というのは限られる上、同じ目線で物事を見てくれている人と
なると、またさらに限られます。(というか今年の本部内にはいない)

今日副校長に時間をとってもらって、自分の思いが吐き出せたことも去ること
ながら副校長の考えの奥深さも知ることができて、学びの多い充実した日
でありました。

副校長、カウンセラーもできるよ笑
人に話すことで整理できるよねー
副校長と話せてよかったよかった

ことし1年、PTA副会長頑張れる気がしてきたよ。


...

次男に激オコお母さん丸の巻 - 2024年05月18日(土)

ここ1週間ほど、立て続けに次男にガチ怒りする機会が発生しました。
うちの次男、勉強もスポーツも中の上程度には出来る部類に入るけれど、
日常生活における注意力の散漫さ・不注意さが目立ち、且つモノや予定の
管理能力も著しく低いのです。(※あくまで我が子に厳しい私の主観)

「男の子なんてそんなもんよ」と言われればそうだし、笑い飛ばそうと思えば
できるし、少々のことには目を瞑ってやろうと思えばそうできなくもない、
というレベルのものでもあるとは思います。

だがしかし、です。
この日記上でも何度か触れているように、うちの次男、むちゃくちゃ人気者で
常にお友達の輪の真ん中にいて、どんなにクラス替えをしても必ず中心人物に
なるような、親の私が不思議に思うほど周囲からの注目度が高い男、なのです。

なんでなん。
なあ、なんでなん。

クラスの人気者といえば聞こえは良いけれど、彼の持ってる不思議な力を
変な方向に使うと「ルフィとかけ子」で言えばルフィの側に回るタイプだと
思うし、また学級崩壊を意図的に起こせるのではないかとすら思うのです。

だからこそ、なるべく、なるべく品行方正であってほしい。
ただでさえラグビーのフォワードをやっていて、中2の今の時点で83kgの
巨体を誇る。

同じ中2同士であれば、うちの次男に力で勝てる子はなかなかいない。
中1の頃、1学年上の先輩から「タックルしてみて」と言われて軽くタックル
したら、相手は吹っ飛んだそうです。

ラグビーを始めて以降は、力加減に気を付けるように口を酸っぱくして
伝え続けてはきた。

子どもの世界の中で、身体が大きいとか力が強いって、ただそれだけで
一目置かれる存在になるんだと思います。
おまけにTシャツに短パン、素足にシャワーサンダルを履いてガニマタで
肩で風切って歩くもんだから、見た目の治安の悪さったらない。

そんな息子ですから、母はもう力ではかないません。
10年前であれば、ゲンコツ振り上げて威嚇すれば言うこと聞いたところ、
今じゃもう私の力じゃ何にもできない笑

たとえばスマホで遊び過ぎだからと言って取り上げようにも、身をかわされ
るわ手首掴まれたらもうビクとも動かせないわで、私のことは完全に
ナメ切っている状態。

何か注意しても右から左の状態が続いていたので、ここ1年くらいはもう
息子たちを叱ることも減り(それは単純に彼らも大人になってきたからでも
ある)、ようやく子育て的にも楽になってきたなとも思ったりしてたんだけど。

そこへ来てここ1週間くらいで数回の激おこお母さん丸登場ですよ。

まず、学校からのお手紙を出さないのは日常茶飯事。
だが、渡してもらわないととっても困るお手紙というのも稀にあるわけで。
それは主に支払いを伴うものであったりする。

小6の時なんて、次男が何のお知らせも持ち帰ってこないもんだから、色んな
ものが未払いだったり滞納したりしてたわ。
「卒業アルバム代のお支払いがまだなんですが、要らないんですか?」
って先生から電話来た。

「えええ?要ります要ります!!」
と言って慌てて振り込んだよ。

その手のことは中2の今になっても変わらず。
「見せてもらわないと困るお知らせ」を持ち帰らないことが数回続き。
そのせいで私が雨の中ダッシュするというハメにも陥り。

そのくせ、大した反省の態度もなくゴメンも言わずこちらを見ることもしない
ままスマホのゲームに没頭する、という。

そして雨の中ダッシュして塾の二者面談に駆け付けた挙句に、塾の先生からは

「最近授業に集中できてなくて」
「成績も少し下がってきているようで」
「お友だちにもちょっかいかけちゃってて」

というお叱りを受け。(いや先生優しいから私に叱るわけではないけども)
もうペコペコしてすみませんすみませんの嵐ですよ。

で!!
それでいて最後の最後に先生から

「実は折り入ってお願いがありまして。お母さんにというか、次男くんに
なんですが。」

と言われ、姿勢を正したよね。
え、もう迷惑だから辞めてくれって言われるのかなって。
そしたら

「次男くん、学年問わず非常に交友関係が幅広くて、新しく入ってきた中1の
お子さんも保護者の方も、何人もの方が次男くんのことをご存じで、とっても
影響力のある子なので、写真とコメント付きで塾のホームページに掲載させて
いただきたいんです」

と言うではないかよ。
てっきりネガティブな情報だと思っていた私は、肩透かしというかキョトンと
してしまって

「え、影響力ですか。それ、良い影響になりますかね…?」

と聞いてしまったよ。

「もちろん、親としてはかまいません。あとは本人が了承すれば、どうぞ
掲載してください」

と答え、保護者の自署の部分にはサインしてきました。
あの後次男はOKしたんだろうか。聞いてないや。

という感じでですね。
決して、決して品行方正ないわゆる優等生でも何でもないのに、人を惹きつけ
るというか、他人様にはあまりネガティブには捉えられない不思議なタイプ
なんですよね…。

「影響力があるので広告塔に」
って、オファーのされ方がタレントなんよ笑
ウケるわ

いやもうホント、だからこそなんですよ!!
それが変な方向の影響にならぬよう!!
両親共に必死に手綱引いてるんですよ!!
私なんかはもう引きずり回されながら何とかギリギリ手綱持ってる状態よ!!

そしてです。
お手紙渡さない問題は日常茶飯事、あとは忘れ物ですよね。
学校に持って行くものを忘れる、持って行ったものを置いてくる。
ラグビーの持ち物も忘れる、そしてどこか遠くのグラウンドにスパイク置いて
きちゃう。
バスや電車の中に帽子を忘れる、新品のパーカーをどこかに置いてくる、
いつの間にやらTシャツが無い、等々。

数え上げればキリが無い。

部屋の電気は付けっぱなし、玄関のカギは開けっぱなし、彼の部屋のタンスの
引き出しは常に全部開けっ放し、洗面所を使ったら水びたし、お茶を飲んで
こぼしたらこぼしっぱなし、等々です。

*****

いつも言うんです。
何かをやった後、その場を去る瞬間、いちど振り向いて後ろを確認してから
場を去れと。

「自分は何かをやらかす前提」で動けと。
「自分は不注意なんだ」と自覚せえ、と。

誰にでもやらかすことはある、ミスはある、忘れることもある。
だけど、それを無くす努力を自分でせえと。
自分の特性を自分で理解せえと。

あと、自分が何かやらかしてそれを注意されたときの言い訳な。
人のせい、環境のせい、何かのせい。
言い訳に終始すんのはホント恥ずかしい行為だから辞めなさいと。

基本的には全ての責は自分にあると思え。
そうではない場合も、だったら次回同じことが起きないためには自分は
どうすべきなのかを考えろと。

この男、本当に
「だって○○なんだもん」
という類の発言が多い。

まあ子どもってそんなもんだけどさ笑

だけど、次男に限って言えば、塾の広告塔の件でも分かるように、他人様
からはよくよくお褒めの言葉をいただき、友人や後輩からは時々羨望のような
眼差しも受け、また自分は勉強もスポーツもそこそこ良くできるということも
自分で理解している上で、たまに人を馬鹿にした態度をとったり、上から
目線でエラそうなことを言ってみたりしている(ように私には見える!)。

だからこそ、

「だったら中身もシッカリせえよ!!」

と思うのです。
他人様は「誰にでも分け隔てなく接する」と仰ってくださいますが、次男の
場合、いちばんの親友にも、校長先生にも同じ態度で接するんだよな。

相手が先生だからって臆さない。

しかし!!小柄な女性の先生のことは完全にナメ切っているように見える
ので、「それは女性差別である」と次男にはハッキリ言っておいた。

「同じことを生徒指導専任の先生に言われたら、その態度取るか?」

って聞いたら、取らないって答えたんで。
ちなみにうちの中学の生徒指導専任は、推定100kgオーバーの元ラグビー
経験者。

小柄な女性の先生は、150cmあるか無いかのぽっちゃり型。
可愛らしい方なんですけどね。

自分よりはるかに大きい男性の言ってることと、自分よりはるかに小さい
女性の言ってることを平等に扱うことは、大人でもなかなかできないかも
しれないですよね。
無意識に、無自覚に判別・区別してしまいそう。

*****

勢いで色んなことを書いたけれど、そんなこんなで1週間のうちにいくつも
激おこポイントが発生して、最近怒ってなかった分もまとめてドバババーッ
と怒りまくって、伸びに伸びていた天狗の鼻っ柱をへし折る作業をしたので、
私はめちゃくちゃ疲れました。

大きな声を出して、色々考えつつ真剣に怒ってたらめっちゃストレスかかった
っぽくて、ここ数日ものっすごい眠気に襲われてる笑
そして背中が痛くて肩がこる。

怒るって、エネルギー要るんだな…って再確認。
ここ1年くらい色々楽だなイージーだなって思ってたのは、そういうエネルギー
の使い方をしてなかったからなんだなって気が付いた。

怒りとかイライラとかって、ものすごくエネルギーの要ることで、身体に
すごく影響出るってことなんだな。

*****

ちなみに。
昨日「も」、次男はグラウンドにスパイクを置き忘れてきました。
しかもですね、帰宅してすぐ「バッグ開けて汚れ物出してスパイク乾かし
なさいね」って言ったんですよね私は。

でも「後でやる」とか言って、結局夜遅くに準備しようとして、そのタイミング
でスパイクが無いことに気が付いたわけです。

このこともね。常々言ってたことなんです。
「帰宅したら、まずバッグの中身を改めろ。学校の帰りはもちろん、ラグビー
も。もし忘れ物があったら、そのタイミングで気付けるでしょ?」
ってこと。

結局、それをやらずして夜遅くに気が付くっていう。
そのくせ本人に、悔いる様子や反省の態度は見て取れないっていう。

ひとまず兄のスパイクを借りるってことで事なきをえましたけども。
スパイクが無いとどうにもなんないし。
次男のスパイクは28cmで、長男が27.5cmしか(しか!?)無いので、紐を
緩めに緩めて足を詰め込むしかなかったみたいだけど、自業自得だろうて。

*****

今度書くときは、次男のいいところを書きたいよ!!


...




My追加

 

 

 

 

INDEX
past

Mail