sasakiの日記
DiaryINDEXpastwill


2003年04月29日(火) 11時46分。アイム イン ホーム

 
 リハーサルの帰りだった。


 というわけで今日はこれで失礼する。
 
 おやすみ

  


2003年04月25日(金) なんかチョンボしそう

 スポ太郎の横座りが気になる。
 少し前から気がつくと横座りしている。見た目どこも悪そうではないのだが、気のせいかあまり歩かなくなったような気もする。歳のせいかと思ったりもして安心しようと思うのだが、方足あげて座っている。八丈島のキョンみたいだ。触ってみると太股にしこりがあるみたいなのだが、どうもはっきりしない。何せあっちこちがしこっているみたいなので良くわからん。もう少し様子を見てから病院に連れていくことにする。機嫌は悪くない。ひっきりなしにゴロゴロ言っていて、多分、上機嫌な部類なんだとは思う。頼むから口利いてあっち痛いこっち痛いと言ってくれないかなあ。今は挙手の状態で寝ている。何か発見したか?

 札幌駅でマックに会った。久しぶりだったので茶を飲もうと言うことになった。
 誰に会っても最近は着実にそれぞれジリ太りしてる。
 むやみやたらに死んでいく人が多くて本当にめげるとカウンターの、隣同士で話す。健康診断を受けたら血尿が出ていると言われたらしい。血尿というのは一概にまっ赤な尿がどっと出るのかと思っていたら、それぞれ段階があり、程度もまちまちだそうな。まあ、そりゃそうだよな。そんなに一気に出たら貧血起こして倒れるわなあ。
 年取ってくると出るものはこういう下らないものに終始し、そして可成り深刻な度合いを増し、若い時みたいに、淫らなものがはじけ飛ぶ、と言った景気のいい話にならないのが本当に淋しい
 。こうやってワシラ徐々におじ様街道に慣れ、色んなことを見聞きして、晴れて道の真ん中を歩くようになるんだろう。
 ぎっくり腰にもなったという。おーい!塩!!
 26日にはドームに行くということだった。私と同じで、フォワード1枚で変わるようなチームをまだ信じきれないジレンマを熱く熱く語り合った。
 僕も明日はドームに行く。この間の水戸戦1万3000よりも減るかもしれない。

 どうして忙しいんだろう?一日を振り返ってみると別にそんなに忙しくはないよな?と確認できるんだけど、一日の中にいると兎に角忙しい。
 僕は最近毎日焦っている。何か習慣になりそうなくらいせわしなくなってきた。
 リハーサルも始まり、自分の練習もやり、時々新曲を作り、歯医者に行き、猫を構い、飯を炊き、風呂で本を読み、ヴィデオを借り、ラジオを取り溜めし、酒を飲みに行き、ギターの弦を張り、首が鋼鉄のようになっているので街まで揉まれに行き、貰った大きなイチゴを食べ、ハッピーバースデーを言い、明日の誕生日おめでとう、またギターを弾き、スポ太郎を心配し、歌について講釈し、携帯電話に充電し、ファックス用紙買いに走り、ダンジョンで道に迷い全滅の憂き目にあい、この日記を書き、北朝鮮の核を心配し、必ず一日一回サプリメントを飲み、サイクリングロードの開花具合を確認し、フレンチクルーラー2個とカスタードクリームドーナツを食いプレスリーになるのでは?と心配し、洋一にまだライブのファックス流してないことを気にし、高尾にライブの告知をしていないこと悔やみ、そういえば砂糖の買い置きがなかったと気づき、この季節着るものが一番困る等とボヤキ、ソロの部分はもう少しでメドがつくなどと感想を述べ、陶芸の展示会をその合間に見に行かないと、段取りをつけると決め、このパソは何故壊れないんだろうなどと言って叩き、ふいに山崎が頭のどこかからわき上がり、離婚するのも仕方ないなあ等呟いてみたり、圧力鍋をしまわないといけないなどと思い、黄金の月がついたTシャツと靴下2足買い、猫のトイレを換え、吉田のバイトの件で目黒君を捕まえないと、確かに忙しいはずだ。なんかチョンボしそう。

 夜中のリハーサルはキツイぜ。それもあんな狭いところはちょっとなあ。2時が限度かなあ。ワシラ真面目だから黙々と内職のように音楽をヤルけど。夜の夜中に。いい人ばかりが生きているわけじゃないんだから。な?ほれ。
 あまりブルースなのでみんなで笑ってしまった。
 な?みんなも忙しいべ?ワシ一人が忙しい訳じゃないんだ。
 な?みんなあんまり売れっ子のならないでね?とっても体に響くから。

 リハーサルの 合間に聞こえる コーリングユー  8点

 ススキノは 今日も春だよ えれきぎたー      
 


2003年04月24日(木) 諸君!


 呼んでみただけ・・・・

 


2003年04月18日(金) これからはエレキギターだ

 ともやは先週大阪に上陸した。
 そのまま京都迄足を伸ばし、いよいよストリートライブを開始したという。
 通行人はほとんど足を止めてくれず出足は不調とのこと。まあ、そんなに都合良くは行かないと思う。都雅都雅に飛び入りで歌わせて貰えるよう掛け合ったが無理だといわれたとのこと。そうすんなりとは行かないはず。
 僕の告知を見たらしい。まだ18だ全然問題ない。ガンバレ。
 寝起きはアーケードや駅の近所で野宿。事故だけが心配だが、今も昔も多分そんなに状況は変わってはいないのかもしれない。ストリートミュージシャンとホームレスの違いは?そんなに変わりはないのかもしれない。ギターを持ってるか、紙袋をもっているかの差ぐらいか?ということはミュージシャンとホームレスは親戚関係にあるということか?薄うすそうじゃないかと思っていたのだがシミジミ考えて比較するとそんなに乱暴な考えではないのかもしれない。ともやよ、辛くなったからといってくれぐれも行方不明にだけはならないように。親でもないのに。
 18で札幌を出てストリート。結構いい根性しているやつだ。その旅が終わったら用務員採用試験を受けて学校の用務員になって余生を送りたいんだと。思考回路がよくわからんが、おりにふれてこの日記の餌にしてやろう。今度電話したときにこのことを話してやろう。
 東京のライブで落ち合うことにした。それまでうまく旅を続けるように。
 根性切れずに完遂したら、特別にみんなにその歌を聴いて貰えるように頼んでやるから。

 これからエレキギターの特訓にはいる。アコースティックギターとどこが違うかというと、これがギターとお互い名乗ってはいるが全然別の楽器と思った方がいいかもしれない。ただ共通しているのは押さえるコードのフォームが同じだということだけ。一番違うところは、重くて肩が凝る。クラプトンがアコギに走ったのは重度の肩こりに悩まされたせいだと僕は睨んでいる。アンプラグドなどとお洒落な方向を気取ってはいるがエレキギターはもう辛いんだと思う。誰かクラプトンに貴方は肩こりに悩まされていませんかとインタビューしてくんないかなあ?
 アコースティックはピックや爪で弾くだけでいい。後はミキサーが適当にそれに見合ったアジャストをしてくれるが、エレキギターは色々忙しい、ヴォリュームコントロールやトーンコントロールなどいったものがついていて、曲のなかでひっきりなしにいじらないとバランスがとれないと言う困った状況になる。一度見る機会があると注意して見るといい、ギタリストはいつも忙しい。兎に角ひっきりなしに色んな所を回している、それもギターを弾きながら。なにもそんなにノイローゼのようにいじらなくてもと言うほど多忙に見える。
 僕はまずその多忙の理由から研究しなければいけないので、果たして18日の札幌のライブに間に合うかどうかわからない。もっともリードギタリストではないのでそんなに頻繁に多忙と言うことはないかもしれない。最悪の場合は弾いてるフリというのも視野には入っている。昔取った杵柄、というのがあったはずなのに全然見あたらない。僕のエレキギターリストの資質はナンチャッテエレキだったみたいだ。命治の所に行かないといけない。昨日電話したら数日前に山木が来てたらしい
。その前に白幡の所に行ったらこの間山木さんが3日続けてきたと言っていた。ジョニーにあったらこの間山木さんと琉吉に行ってきましたと言ってた。
 山木は札幌に帰って来るとあっちこっちでアリバイを作っている。野郎さては誰か殺したな?
 ライ=クーダーの新譜を白幡のところで聴いた。ライ・クーダーを初めて聞いたのが白幡だった。いいおっさんになってもまだライ・クーダー。まだワシらラリってた頃だからもう30年以上。こういう書き方をすると圧倒的に誤解を受けるんだろうなあ。ラリってるといってもドラッグとかじゃなく、ナチュラルらりりのほうのこと。まったくもう、どういってもフォローしきれんよまったく。
 どうもキューバに住み込んでるみたいで、待遇的には名誉国民といったところらしい。この間のブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブでの国家的貢献が大きかったらしい。
 本人はあまり前に出ることもなく、余裕ぶっこきアルバムになっていた。聞いているだけでただただオッサン羨ましいぞお、というようないいのかこれでというか、もう勝ち組なんでもああり的、キューバの風みたいな、もういいか?

 寝不足は 春の気配か 肝臓か

 久しぶりに1句。慢性的な寝不足と眠い病はどこか体の異変か?膵臓、肝臓、腎臓、はたまた春の陽気かといったずさんな健康予報を唄った歌。1点

 芥川龍之介 鼻   しばらくは文学研究  


2003年04月15日(火) 僕はトイレで歓声を聞いた

 どうして室蘭なんだろう?というのが感想だった。
 マウンテンパーカーの上にアノラックみたいなものを重ね着して、さらにマフラーぐるぐる巻き。さっぱり前が見えない。あいにくの向かい風。また歌うハメになった。さーーーむーーいいぞーーー。ドームでやれーーー。ピッチと目線がおなじでみにくいぞー。もうヤケになって天ぷら蕎麦、コーヒー、コーヒー。このコーヒーが良くなかった。もう、我慢が出来ずトイレに行くと、同じ様な人が沢山いて、並びましょう。隣の人と今日はまず1点先行しているからこれからだね、といってる隙間を縫うようにオー!と向こうでどよめいている。イヤな予感がしたら、その隣の人がどうも1点取ったみたいだよと言う。首を伸ばしてグランドを見るとどうもウチのチームが喜んでいる。はーーっ。数多く点を入れられる場面ばかり見せつけられてきて、たまたま寒くってコーヒーを飲んだだけなのにこの仕打ちかよ?
 おい!早くしろよな。どうして人はおしっこするだけなのにあんなに時間がかかるんだろう?チャックおろしてジョンとするだけだろうに。こんな時に限ってみんなノンビリとしているように思えてしょうがない。簡易トイレが4つ並んでいて、2つずつ男女で使うようになっている。寒い空の下、いい年をした男女がトイレを待って並んでいるというのは、どう考えてもロマンティックな状況とは言い難い。恋などは金輪際生まれることはない。北海道サッカー協会の諸氏よ!このことについてもたくさん意見がある。一度並んでみるといい。とても気まずいから。どこかの強制収容所でトイレを待ってる捕まった人みたいな気持ちになるから。
 どうも圧倒的に僕は室蘭のこの競技場が嫌いみたいだ。多分室蘭のこの競技場にはなにも落ち度はないとは思うんだけど。ここを使うと言うことに何か政治的な思惑が見えることが良くない。
 といっている間にようやく自分の番になった。
 やれ嬉や。ようやく戻ってまた観戦できる。さてジッパーを下げて、そいで、
 ワーーーー!!
 ゴーーーーッル!
 ウィル!ウィル!
 あのなあ。いまチャックおろしてさあ。
 もういい。
 とても間抜けな観戦になってしまった。ちょっと前からついてない風が吹き初めているなあとは思っていたんだけど。
 もういい。
 勝ちゃいいってモンじゃないということが今回はよく解った。
 目の前でゴールを見ていないと何も意味がない。それを現場で見逃すというとい事はとても悲しいことだ。
 5対0で勝った。J2にたたき落とされた福岡に勝った。尤も、もう、それほど根に持ってはいないけど。
 僕にとっては3対0のゲームだった。
 
 さて春だ。
 そろそろ炬燵もしまい時か?
 猫は地味にではあるが学習する。
 兎に角冬の間はひたすら炬燵の中にもぐりこんで潜水艦みたいに暮らしている。そして時々朦朧とした状態で出てくる。それもフラフラしながら出てきて台所の冷たいフローリングの所でよろけながらばたりと倒れる。完全にのぼせているみたいでしばらくはぴくりとも動かない。毎日同じ事を繰り返す。根が馬鹿に出来ているから仕様がないと思っているから同情もしないで見ていると、あながちそんなにマヌケでもないみたいだ。最近ようやく頭を暖めないと言う知恵が付いたみたいだ。ホットカーペットの暖かくないところに頭を置いて胴体を暖めると言うことに気づいたみたいで嬉しそうだ。それでも矢張り一日中潜水していると熱は体にこもりまくる。やはり何度かフラフラ出てきてフローリングのところで力尽きるということは繰り返している。
 暖かくなってくると潜水行為から浮上にシフトが変わる。寝るときももう、布団の中には潜り込んでこない。朝方になるとしっかり胸の上に乗って寝る。
 このやーろーーーー。くるーーーしーーいーーー。
 上に乗らないように諭しておかないと必ず朝方ノソノソ胸の上に這いあがる。
 言葉が解るというと、猫馬鹿に聞こえるかもしれないが、一応こっちの要望は概ね理解してくれる。本当だって。

 今日も朝、しっかり歌う。が、想像するほどうまくならない。やっぱりもう、糊代は少ないんだ、悲しいなあ。もう明日からやめてしまおうかな?とは真面目になったから思わない。
 午後から曲作り。
 素晴らしい!エクセレント!トレビアーーーン!
 自画自賛をする。
 問題はサビがどうなるかだ?

 三角山は今週。何と言っても来週はサッカーじゃ。応援があるので。
 
 柴田さん、返事遅れてるけどゴミンね?忘れてるわけじゃないのです。まだ色々考えているのです。ソリィ。

 おや?もう57分、11時。
 ほれ、登録。


2003年04月11日(金) 転調は癖になる。AからG、そしてAmに流れていく

 相変わらず朝から歌う。
 
 昼飯食って、散歩。
 南郷通8丁目のパン屋にマーブルパンを買いに行く。
 
 つまんないからここから爍横宜垪鐔瓩垢襦


  おさむから電話あり。取りあえず順調と言うことだった。頑張ってね。

 帰ってきて曲作り。メロディはすんなりかたまりそう。
 コード進行がステキかも。そうだハイ・ハアイセットみたいにしよう。

 AからGに転調、そしてAm転調に流れていく。突飛なメロディになればよし。
 
 今日はちょっと鬱が入っているのでもうやめる。春先はいつもこういうことになってしまう。季節としての広がりが大きい分だけこっちの心に過重な負荷がかかる。

 明日は室蘭に行くことにした。バカボンは8時に迎えに来るという。一体全体室蘭がどこにあるか知らないのでは?それと試合開始時間も。もう寝なけりゃイカンじゃないか。


2003年04月08日(火) 普通3ストライクでアウトだろう。

 急に音楽に真面目になってしまったらしい。 朝からギターを弾き、歌まで唄っている。一体どうしたのかというと、懸案のリズム矯正がまず一つ。二つ目はけじめのある生活。真面目に考えた結果こうなった。
 僕は今、ある深みにはまりつつある。
 ライブでも話したことだけれど、満足のいくリズム生活。
 自分の刻みたいリズムと、実際歌いながらギターを弾くと微妙に違う。
 リズムは刻めればいいと言うところにはないのかもしれない。
 とても厄介だ。もしかするとこれは哲学の領分か?説明して分かる話じゃないんだろうな。
 左の唇が痺れている。直すところはまだいくらでもありそうだ。
 珍しく患者は僕一人だけだった。2時半とうことに何か関係あるんだろうか?
 それにしても1時間半は長くない?口を開けてるのも飽きてくる。
 僕は今まじめに弾き語ると言うことを考えている。
 もっともっとゆったりと。
 アレグロアンダンテ。ってなんだっけ?
 
 マーク・ノップラーの新譜を聴いている。
 ゆったりと弾き語っている。
 外は緩やかに雨が降っている。
 春の雨だぜ。
 
 ブルースに変わった。かっこいいなあ。

 中国はアメリカの侵略には何も言わない。おい!なんか言えよ。ずるいぞ。
 普通3ストライクでアウトだろう。えっ?誰か何とか言ってやれよ。
 ずるいぞ。 黙ってるなんて。
 黙ってたら友達になれないんだぞ?いいのか?

 土曜に旭川に行って来た。
 せっちゃんの介護日記の出版とCD発売記念のパーティー。いつ会っても高校の時のセーラー服す型を思い出してしまい可成り困る。別の彼女のセーラー服が好きだったわけでも、彼女に恋心を抱いていた訳じゃないのに思い出されてしまう。他の人に会ったりしてもそういうことはないのはどうしてなのかよく解らない。
 ナンかエネルギッシュって感じ。一応本とCDのタイトルを。
 「ケロコの介護日記」「主人の母でなかったら」
 確かに自分の母親でもないひとを介護するというのは余程のストレスが溜まることだろう。こういう本を読むとまず、絶対自分の将来が頭をかすめ飛ぶ。ヤバイこのままだと介護されないかもしれない。道端に捨てらたまんま朽ち果てたらどうしよう?ワシラの年回りの人たちは可成り切実な問題なので少し勉強した方がいいのでは。と、シリアスに思う日もある。
 これからの子供達は絶対親の面倒を見なくなるのではと考えてしまう。これはこの本書いてあることではないんだけど、ふとそう思った。
 MAKIちゃん、あっちゃん久しぶり。色々忘れてるもんだねえ。
 旅は続く。

 今週は未来都市室蘭に行かずんばなんめえか?
 ウイルにウェルカム言わないとな。バカボンはどっから来るんだろう?
 まずは順位をもう少し上げておかないと。
 
 そろそろメンバーとのリハーサルも組まなければ。
 徹との話もあれっきりになってしまっている。どうすんだよ、おい!
 1週間前に一応曲目進行は作ってあるのでリハはいつでもオーケーよ。

 肇からベーカーのホームページの案内がメールで飛んできた。ベーカーも旅に出るらしい。5月に東京方面。凄く柄の悪いバンドなので一度見て置いても悪くないので、告知しておく。最近はそれでも「この百章ども!!」というかけ声と痰吐きはやらないみたいなので安心してみられるかもしれないよ。アキラさんも大人になったと肇が言ってた。普通の知性があったらそんなことやらないっつうの。ゴーゴー、ベーカー!!!!!!!感嘆符はサービス。
  
 さて、また音楽に戻ろう。詩はあらかた出来た。いよいよ作曲。
 ゴーゴー、ユキオ1ゴーゴー!!!!!!!!サービス!!!!!ゴッ!


2003年04月04日(金) ご賞味ください今年の出来映え!

 どうもマスコミや政治が怪しいと思ったらそういうことだったか?
 
 「ボウリング・フォー・コォンバイン」を見る。
 「アホでマヌケなアメリカ白人」を一緒に読むと益々アメリカ嫌いに拍車がかかる。この1週間はマイケル・ムーアウィークになってしまった。

 それにしてもキノはキノらしい人が映画を見に来るところのようだ。だからどうだということではないんだけど。
 昔東京の自由が丘劇場での頭の禿げた人16人大会というのに遭遇したことがあった。僕以外は全員頭の禿げた人だけで、禿げた人優待日というのでも始まったのかと思うくらい見事に全員ハゲ!最初はあまりの全員一致感にクックと笑ってしまったのだけれど、ようく考えると絶対おかしい。宇宙人の会合かもしれないなどと考えるともういけない。焦って外に逃げた。それにしても確率から言ってもあり得ない確率で、今もってはっきりと覚えている。ナンだったんだろう?
 今日だって、きっとタイトルエンドまで誰1人立ち上がらないんだろうな、と思ったらその通りで見事に明かりがつくまで誰1人出ていかない。そういう決まりでもあるのかと思い、思わず辺りを見回してみてもそういった注意書きはない。
 礼儀正しいといえば正しいんだけど、どうも友達にはなれないだろうなきっと。
 
 黙っていたら友達になれない。その通りだ。3点
 
 いよいよ、アメリカは市街に入りそうだ。

 帰りに三越のお茶屋に寄ると5月に新茶が出るので買えと言われた。新茶かあ。
 去年は1万円のもの、1万5千円のものと結構バブリーな新茶が出ていたけれど、今年はなかった。さては売れなかったか?
 札幌は基本的にはあまり目の玉が飛び出るような金持ちは生活していないので、多分、東京のような商売はまあ無理なんだろう。しらんけど。
 それでも去年は途中まで200グラム1万円のを買おうとまでしていた。やめた理由はバッカじゃないのと思ったため。
 今年は向こうも地味で手堅い商売に徹したみたいなのでいけるかもしれない。320グラム6000円のにする。
 こういう話はどう取り繕っても貧乏くさい話になってしまう。
 その足で明治屋にいきアップルジャムとはっさくのマーマレードヌーボーを買う。甘さを全然押さえていないので非常にいい。1万1000個限定で04287、05834とナンバリングしてある。ナンバリング全盛の時代だ。アップルジャムはもう形がそのまま残っていてしゃりしゃりするジャムだ。はっさくの方は初めてなのでどんなものか解らない。
 2600円。
 値段を書いた瞬間に貧乏くさい話になってしまうのは何故か?
 その足でわしたにいって春雨を買う。5年ものが品切れで10日くらいしないとはいってこないらしい。しょうがないので8年にする。飲んでみると5年の方がうまいような気がするのは貧乏舌のせいか?
 そういえば今年のはじめに百年の孤独という焼酎を貰った。貴重なものダト言うことでまだ封を切っていない。焼酎なのに琥珀色している。こういうものって寝せて置いて良いものなんだろうか?また貴重なものだからとっておくというのもなんだか貧乏くさい話だ。今日はなんだか話がこっちの方に振れてゆく傾向にある。どうしたんだ?

 ほんとだ。
 
 僕は27の頃はシャツの下には何も着ないで素肌だったんだ。
 ベスト盤の裏の写真。
 シャツの下から腹が見えている。それも全く平べったいだろうと思わせるような。最近の僕は時々下に何枚着ているのか解らないときがある。酷いときはあまり着すぎて地下街などでめまいを起こすことさえある。めまいを起こすほど着込むなっつうの。昔はオヤジを見ていて冷ややかに笑っていたものだった。あんなに着込んじゃって、重くないんだろうか?って。今の僕ならその答えを知ってる。
 
 すっごく重い。
 
 それに結構身動きとれないんだ。まじだよ。
 といっても冗談に聞こえないんだなあ、これが。
 エスアールがベスト盤結構持ってるらしいよ。

 私はこれから映画鑑賞だ。春雨うっちん茶割り。
 ほんとのこというと、酒飲まないで緩やかに睡眠に入っていきたい。



2003年04月01日(火) くっそー!消えてしまった。パート幾つかしらん。


 もう、とほほもすぎた。
 せっかく書いたものが登録した瞬間に銀河の彼方。
 結構時間かけて丁寧に書いたのに色んなこと。
 クッソーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。

 多分京はもうここには戻ってこないと思う、もしかしたら旅に出るかも知らない。一体どういう仕掛けで、時間までかけて書いたものが人差し指の一押しで異空間にワープするのだ。
 もう潮時かもしれない。この日記も。
 むなしい。
 飯も食わずに折角。
 
 ハアーーッ。腹減った、21時30分。
 


sasaki