さらすな日記
目次過去未来


2014年12月20日(土) 幸せな灯

昨日のこと
おひとりさまバースデーパーティーをしようと
近くのケーキ屋さんでショートケーキを買ってきた。
そのことを、長女にLINEで送ると
「じゃ、夜、テレビ電話で一緒に消すように私もケーキ買ってくるね」
と益々楽しくなるような返事が。


そして夕飯の支度をしていると
突然玄関から「おめでとう!」という黄色い声。

え?なに?テレビから聞こえてきたの?
????と思っているところへ
孫と次女が大きなケーキの箱を抱えて入ってきた。

「おばあちゃん、おめでとう」
「おかあさん、おめでとう、一緒にろうそく消そ。
お姉ちゃんもテレビ電話で参加するって」

あれ?次女にもおひとり様パーティーのこと伝えてたかな、と思っていると
夫が入ってきて、
長女から
「お母さんがいじけてるからケーキ買ってあげて」とメールが来た、らしい。
次女にもお母さんいじけてた、とメールが来たということだ。

姉からメールなんてめったにない事、一大事だと思って次女は飛んできたという。

なんて嬉しいことだろう。
今になってジワジワト喜びが湧いてくる。

20時30分になると長女からテレビ電話がきた。
ハッピーバースデーを歌い、一緒にろうそくの灯を消し
「おめでとう」と言ってもらう。
記念の写真を撮り、そこに参加できなった長男も加工で参加したように
修正してくれた。

私は幸せ者だ。
本当に幸せ者だ。

みんなでろうそくの火を消すことがこんなにうれしいことだと思わなかった。
子供たちの成長がうれしいのだよ、と自分の中の自分が解説してくれる。



この喜びを次の誕生日を迎える長男に分けてあげようと思う。


2014年12月18日(木) 真っ新なはじまり、一番にやりたいこと

昨夜からの雪で朝目覚めると白銀の世界。
白から始まる、私のバースデー。

気持ちいいではないか。
汚点のない、いや汚点も隠してくれて真っ白から始まる新しい私、という気分。

さてさて、朝一番友人からおめでとうのメールが届いた。

「ケーキに立てたろうそくの火を一息で消しながら願い事をするのよ」

そうね、そうするわ。

いやいや、よくよく考えてみると、
私が誕生日にろうそくの火をけしたのっていつのこと?
ここ数年では全く記憶にないぞよ。

それもそのはず、一週間後に控えているクリスマスのことを考えると
誕生日にケーキを食べてしまっては、クリスマスケーキの感動が薄れる。

クリスマスケーキを買ってきてくれる旦那に、誕生日のケーキまで頼むのも気の毒だし、自分で自分用のホールケーキ買うのもちょっと…。
2週間続けてのケーキはちょっとついのもあるし。

でもろうそく「ふぅ〜」はやってみたい。

そうこう考えている間に夜になってしまった。

明日、ショートケーキを買ってこよう!
そして、願い事しながらろうそく「ふぅ〜」だ。

…ん?

ショートケーキにろうそく何本立てれる?


2014年12月13日(土) 若気のいたり

実家の母が片付けを始めたようで、
「これ、あんたの。
いるんだったら持って行って」と言われ、
小箱を渡された。
家に帰って、その小箱を開けてみると、
白黒写真頃の弟や私。
カラー版の小さかった頃の娘や息子の写真が入っていた。
それは、まぁ懐かしくみていたのだが、
その下に、数通の封筒が入っていた。
かつて実家から離れて暮らしてた時、
私が母に宛てたものだ。
中をみてビックリ!
こんなの身に覚えがない!
ホントに私が書いたの!?
恋の悩みを母に相談?!
信じられない。。。。
恥ずかしくて最後まで読めず。


早く処分しようと思う。


2014年12月12日(金) 宅配って楽しみ。

お歳暮が届いた。
人参のドレッシングなんて初めて。
夫のサラダにかけてみよう。




Michael Buble - It's A Beautiful Day


ツギハギ |MAILHomePage

My追加