さらすな日記
目次過去未来


2010年08月13日(金) 『台所のおと』

『台所のおと』(幸田文)


ある日夫は、妻の揚げ物の音を褒めて言う。
「あれは、あき、おまえの音だ。
女はそれぞれ音をもってるけど、いいか、角だつな。
さわやかでおとなしいのがおまえの音だ。
その音であきの台所は、先ず出来たというもんだ」




2010年08月01日(日) プラネタリウム

「太陽が段々沈んでゆきます。
段々と暗くなってゆき、やがて皆さんの前に八月の星座たちが姿をあらわします。


さぁ、一番星が現れました。
この、ひときわ明るく輝いているのが、宵の明星、金星です。
金星はご存知の通り、地球と同じように太陽の周りを回る惑星です。
惑星は他にも見ることが出来ます。この赤いのが火星。そして木星。
天体望遠鏡で見ると、太い縞が何本か見えます。


これらの惑星は、星座の仲間には入れてもらえません。
なぜなら、決して同じところにじっとしていないからです。
ですが、星座を捜そうにも、この空は星があまが見えていませんね。
光化学スモッグや街の灯りのためです。
さて、それではスモッグを追い払い、街の灯りをすっかり消すとどうなるでしょう。


流れ星がたくさん流れていますね。
流れ星は、明け方頃もっともよく見られます。
それでは、少し時間を戻しましょう。
これは、今夜八時頃の空の様子です。」








どこのプラネタリウムも


始まりは


こんな感じ?




目次過去未来 さらすな日記
ツギハギ |MAILHomePage

My追加