さらすな日記
目次過去未来


2005年06月27日(月) 疲れた

朝から、いやいや知人の家に行き、化粧品の話を聞いてきた。
主人が買ってきた、高価な化粧品の使用方法、その化粧品の効用についての話しを聞くために。

だからぁ〜、私はそういうものに興味が無いって言ってるの!
シミやソバカスが消えるからって、わたしにとっては
それがとってもハッピーなことではないし
そのために高いお金を使うってことのほうが
自分にとってはストレス倍増、精神衛生上よくないって
思うんですけどぅ…。

「そんなことないやらぁ〜」
ってお父さん、それはあなたの優しさですか?
結婚してはや25年、
まだ私のことわかっていないようですね。

この高価な化粧品を誰かに薦めて商売しするなんて
私、絶対しませんから!




2005年06月26日(日) 子育て

夜、友人と会った。
22歳の娘と20歳の息子を抱え、
2人とも、仕事もなく、する気もないようにみえて、どうしたものかと
頭を悩ましていた。
最近よく耳にする「ニート」というのかな。

夫の仕事が大工さんで、友人は毎日その夫についていって
仕事の手伝いをしているのだが
その手伝いを子どもにさせたらどうか、という話もでた。
が、父親が嫌がるらしい。
そして子ども達も嫌がるらしい。
言うことを聞かない子どもでは仕事もはかどらない、という夫の言い分。

子どもと顔を合わせれば言いたいことは山ほどあるのだが
それを言い出したら切りがない。
言ったところで、今の状態が変わるとは思えないから、と
その言いたいことを、友人は飲み込んでいるらしい。
「もう限界やわ。どっかへいこ」ということで
夜、一緒に食事をすることになった。
子どもの愚痴、夫の愚痴、
心の中に溜まってる物を全て吐き出したところで
何も解決するわけでもないけれど
話すことで、ちょっとすっきりした、といった友。

子どもの育て方を間違えたのかな…。
そういった友の言葉が私の中に残った。
結局、母親はそうやって自分を責めてしまうのである。

そこでお父さんに登場してもらいたい。
夫として、父親として、
そして家長として、家族をもう一度見渡してほしい。
家族が今、どんな状態なのか、どうしたらいいのか
冷静な目でみてほしい。
それは どっぷり家庭に浸かってない父親ならできることだと思うから。




2005年06月24日(金) 銀座

椿屋珈琲店
「たちばな」のかりんとう
平つか
鳩居堂


2005年06月23日(木) 探しても見つからないはず

本屋さんへ行って
新しく出版された柳沢小実氏の『12ヶ月のスクラップブック』を探した。

どうしても見つからないので、店員さんに尋ねた。
店員さんは、「少々お待ちください」といって
事務所のようなところへ入っていった。
きっと探しているに違いない。
しばらくして、店員さんが申し訳なさそうに
「そういう本は見当たりませんねぇ」と言った。
おかしいなぁ、大きな本屋さんなのに。

あっ!
しまった。
本の名前を間違えて言ってしまった。
たしか
『12ヶ月のスケッチブック』と言ってしまったような。。

もう一度探してもらうのもなんだし
違う本屋さんへ行こうと思う。


2005年06月22日(水) どうしたものか

気分が落ち込んでしまうと
何事もうまくいかない。
その逆かもしれない。
上手くいかないから、落ち込んで益々上手くいかない。

物事が上手く廻ると、
調子も乗ってきて、テンションも上がり
ますます上手くいく。

落ち込んだところから這い上がるいい方法はないものだろうか。


2005年06月21日(火) 見えない時間

10年後、どんなふうになっているのかなぁ、と
ふと思う。

あんばい良くいってるといい。


昨日に続き、『センセイの鞄』に続く、『パレード』を読んだ。

この本の作者、川上弘美氏と同じように、
私もセンセイとツキコさんが気持ちを伝えあったその後、
二人はどんな話をし、どんな生活をしていたのか想像するのが楽しかった。
その一場面を『パレード』で覗いて
なんだか安心してあったかい気持ちになった。


2005年06月20日(月) センセイの鞄

本を読んだ。
川上弘美氏の『センセイの鞄』

久しぶりに胸がキュンとするような
あまずっぱいお話。

私だったら、センセイは三国連太郎さんがいい。



目次過去未来 さらすな日記
ツギハギ |MAILHomePage

My追加