さらすな日記
目次過去未来


2002年07月24日(水) まぶしい夏


 森田童子・作詞・作曲/木森敏之・編曲

 玉川上水沿いに歩くと 君の小さなアパートがあった
 夏には窓に竹の葉がゆれて 太宰の好きな君は 睡眠薬飲んだ
 暑い陽だまりの中 君はいつまでも 汗をかいて眠った

 あじさいの花よりあざやかに 季節の終わりの蝉が鳴いた
 君から借りた 太宰の本は 淋しいかたみになりました
 ぼくは汗ばんだ なつかしいあの頃の 景色をよく覚えてる


2002年07月23日(火) さよなら ぼくの ともだち

  森田童子・作詞・作曲/早川博二・編曲

 長い髪をかきあげて ひげをはやした やさしい君は
 ひとりぼっちで ひとごみを 歩いていたネ
 さよなら ぼくの ともだち

 夏休みのキャンパス通り コーヒーショップのウィンドの向こう
 君はやさしい まなざしで ぼくを呼んでいたネ
 さよなら ぼくの ともだち

 息がつまる夏の部屋で 窓もドアも閉めきって
 君は汗をかいて ねむっていたネ
 さよなら ぼくの ともだち

 行ったこともないメキシコの話を 君はクスリが回ってくると
 いつもぼくにくり返し 話してくれたネ
 さよなら ぼくの ともだち

 仲間がパクられた日曜の朝 雨の中をゆがんで走る
 やさしい君はそれから 変わってしまったネ
 さよなら ぼくの ともだち

 ひげをはやした無口な君が 帰ってこなくなった部屋に
 君のハブラシとコートが 残っているヨ
 さよなら ぼくの ともだち

 弱虫でやさしい静かな君を ぼくはとっても好きだった
 君はぼくのいいともだちだった
 さよなら ぼくの ともだち
 さよなら ぼくの ともだち 


2002年07月21日(日) 音楽を聴きながら

あれだけ 「いとしのレジーナ」といっていた愛車を 
もうすっかり忘れてしまったかのように
爽快 快適に 今の車に乗っている。
車の中は 私の個室。
好きな音楽を聴きながら走る!走る!
今まで ラジカセが壊れてたから 好きな音楽も聴けなかったけど
また むか〜し むか〜しのカセットを引っ張り出してきて聴けるようになった。

今 聴いているのは
もうかれこれ 二十数年前の「森田童子」のテープ。
彼女の歌声は 儚くて切ない。
聴いているだけで わけもなく涙なんか出てきたりする。
そうまでして聴くなっていわれそうだけど
これがわたしにとっては わたしという気持ちを取り戻すいい時間になる。
母でもなく おばさんでもなく 妻でもなく 自分になれる時間。

ギラギラ眩しい光の中で
平和な時の中で

だからこそ 涙をながして自分になれる。

♪僕達の失敗 
   ↑
ちょっとお借りしてきました。


2002年07月19日(金) 映像が浮かんできそうなんだけど

サザンの「東京」を聴くと
ジワジワと心に甦るこの感情。。。
う〜ん なんだろう。
思い出せそうで 思い出せない。。


2002年07月15日(月) ちょっと お買い物

「おっ、シゲシゲさんとこの奥さんじゃねぇか。
そんなにイソイソと どうしたんでぇ」

「あ〜ら、お買い物よ、おかいもの。」


「えっ、Botiさんがお買い物たぁ 珍しいじゃねぇか。
で、いったい何買いにいくんでぇ」

「おほっほっ。車よ、ク・ル・マ」

「へぇ 新車かい?」

「新古車よ」

「ほぅ いいねぇ。
色は何かい、今 流行りの…、なんて色だったかなぁ…」

「色は 白よ! 白。
パールホワイトじゃないわよ、真っ白。
グンゼパ○ツと一緒の健康的な白。
ちょっとね それが おばさんっぽいのよね…」


「いいじゃねぇか。
黒っぽい色は ぶつけられやすいんだぜ。
白は めだっていいよなぁ。
じゃ あのレジーナちゃんは何かい、廃車かい?」

「…そう。
そろそろ 永眠させてやったほうがいいって言われて…。
よく尽くしてくれたし… それなのに… なんのお返しもしないまま…ウウッ…」


「泣くことねぇだろ」

「そうね 
今度来る N-1を新しい子供ができたと思って
可愛がるわ」


「まぁ 気をつけてな」

と いうことで金曜日に新しい家族が増えることになった。


2002年07月11日(木) ギブ・ミー・パワー

ズイズイ みずなみ バサラでこいっ!
大人も子供もおどって さぁ ドッコイショ はぁドッコイショ♪

子供と一緒に踊ろうと振り付けを教えてもらってるんですが
このドッコイショ、が ふぅ、どっこいしょ、一休みしてぇよぉ…って
感じになってしまうんですよね。
若者のパワーを分けてもらいたいものです。


2002年07月09日(火) 酔ってませんけど…

今 ビールを飲んでいます。
決してキッチンドリンカーではありません。
わたしは更年期障害の予防として飲んでいるんです。
これは 薬です。
知ってましたか?
ビールのホップには女性ホルモンに似た作用をする成分が含まれているんだそうですよ。
『あるある事典』でやってたらしいです。
今日小耳にはさんだので
早速 飲んでいるわけです。
でも そんな言い訳は効きません。
今 運転したら飲酒運転になります。
酒酔いは「3年以下の懲役、50万円以下の罰金」に、
酒気帯びは「1年以下の懲役、30万円以下の罰金」となります。
そして同乗者にも同じような罰っせられます。

居酒屋さんにアレだけ広い駐車場があるのも不思議な話です。


2002年07月06日(土) 無意識の中の意識

「坂道」ということばを手振りで表現するとき
はたして この坂道を上りにするか はたまた下りにするか。
わたしは自然に「下り」の坂道を表した。
横にいた人は「上り」だった。

この無意識の意識。
なにがあるんだろう…。
おもしろいなぁ。
「上り」より「下り」のほうが楽だし…なんて思いがどこかにあったのかしら。


2002年07月02日(火) 居留守

電話が鳴った。

でも 出なかった。

どうしてもの用事なら携帯に電話するだろうし、
セールスの電話だったらアホくさいし

でも 電話のコール音にドキドキしてしまう。
早く切ってくれればいいのに、と思う。
大抵 10回コールして切れるはずだけど。

あっ、でも義母からだったらどうしよう。
「いつ電話してもおらんね」って言われるかなぁ。

まっ いっか、銀行へ行ってた事にしとこ。


2002年07月01日(月) 半分

とうとう7月に入った。
一年の半分が終わった事になる。

今日は朝から蒸し暑い。
さて 朝刊を広げて今日の運勢を見た

若いときは殻を造らんとし、老いては殻を破らんとする。
本来、殻はなしと悟れ



目次過去未来 さらすな日記
ツギハギ |MAILHomePage

My追加