さらすな日記
目次過去未来


2002年05月30日(木) イライラ 

最近は 叱ったり 腹を立てたりすることにも
ずいぶん体力がいることに気付いた。
体力というより気力だな。

子供を叱るにしても気力が最後まで持続させる事がむつかしい。
それでも 腹立たしさだけが残ってイライラする。
同じ子供の行動を見ていても 腹を立てない主人が羨ましい。
羨ましくて 腹を立てない主人に対してまで 腹立たしくなってくる。
「わたしと一緒に腹をたててよ」とイライラいてくる。

なんだか この腹立たしさ イライラって自分にとって勿体無い消費の時間だなとおもう。
このイライラ 腹立たしさがなかったら快適なのに。

そこで 考えた。
物事 絶対良い面と悪い面と両方兼ねている。
悪いほうしか見ないから腹が立つのであって 
考えかたを変えたらきっと良い面が見えてくるハズ。

例えば今日。
今朝は娘の寝坊に腹がたった。
寝坊したから 学校へ行く時間に遅れる。
それでも平然としている娘に腹が立つ。
もっと急いだら!と大きな声も立てたくなる。
それなのに 彼女は鏡の前で 髪がまとまらないだのナンダカンダ
ブツブツいいながら鏡の前でにらめっこ。
そのへんで わたしはもうイライラ限界。
とうとう 始業時間に間に合わない時間になった。
主人は いつも通り仕事にでかけた。
彼女は おもむろに インターネットでバスの時刻を検索。
「9時20分しかないなぁ…」
え〜っ!先生になんていうの。
「『寝坊しました』っていえばいいよ。」
と いとも簡単に答える。
わたしが焦っているだけで 本人は平然としてるってどういうことよ。
ここまで来るとちょっと私もあきれて 噴火も下火になる。
そこで ふと彼女の小さかった頃を思い出した。
きっと昔の彼女なら 遅刻しそうな時間に起きた、という時点で
もうパニックになって 泣き叫んで学校を休む事を考えたにちがいない。
それを 時間に遅れても一応は学校へ行こうとする彼女は成長したというべきだろう
(…これは「成長なのだ」と自分に言い聞かせる)
成長はいいことだ。
遅刻は悪い事だけど パニックになって感情的にならなくなったことはいいことだ。
いい事のほうを考えよう。
遅刻しても学校へ行く気があるんだからいいじゃないか。
そうだよ そうだよ、と自分に言い聞かせる。
そして ちょっと落ち着く。

しかし 悪いほうに目をつむるわけには行かない。
明日 今日みたいに寝坊して遅刻したら ブチ切れるからね!

 


2002年05月26日(日) うわぁ 素敵!

こんな素敵なHP見つけました っテカ。

本人公認ファンサイト


2002年05月22日(水) 朝から夜空の…

朝 仕事に行く車の中で音楽を聴いていく。
車についてるカセットデッキはもうとっくの昔に壊れていて
ラジオしか聞けないのだけど
毎朝 チャンネルをプチプチ変えながら音楽の流れている放送局を探す。
朝から 暗めな音楽はイヤなのでとにかく明るい音楽を。
…といいながらも 今朝は うぅっと懐かしくなる曲が耳に飛び込んできた。
朝から「夜空のトランペット」、ニニロッソの。
ふ〜っと記憶は中学生か高校生に。
あるラジオ番組に夢中になっていて 初めてリクエストしてかけてもらった曲。
そして初めて買ったLPレコードがニニロッソ。
しぶい学生だったなぁ。

ニニロッソの『夜空のトランペット』が聴きたくなったら
ココでリクエスト。


2002年05月21日(火) 地暦測量士

そんな仕事があること、知っていましたか?

どんなことをするのかっていうとですね
地暦、とは いってみれば「場所の記憶」みたいなものです。
その場所が記憶しているさまざまなことですね。
まぁ なんていうか残像みたいなものですね、それを収集したり探索したりするんですって。
いろんなデータ-を組み合わせたりして
あるひとつの場所がどのような時間をたどってきたか そこにどんな人が住んで
どんな建物がたっていたか そういうことをなるべく正確に測量していく仕事なんだそうですよ。

例えばですね 今いる場所、そうココが一年前どんな様子だったか
5年前 10年前はどうか?じゃ50年前は?100年前は?
いちおう120年くらい前までくらいなら かなり細かいところまでわかるんです。

仕事場はほとんど高層ビルとか空き地とか いずれにしても孤独な場所が多いんです。
そこへひとりたたずんで測量するんです。今はそこにない「過去」をです。
測量の方法は ただそこの場所にたって<いろいろノート>を見ながら
依頼者の話しを聞くだけです。
そのいろいろノートには いろいろ書いてあるんだそうですが
一般の人には見せてもらえません。
これを見るとあらゆる場所の過去がわかるんですってよ。
でもね 依頼者の話しを聞いて 該当する場所についてのデータが記されているところを見ると
なぜか 前に読んだときと違うんだそうで。
それで 思うのは 場所というものはいつでも同じ場所でしかないわけで
そこに生きた人によってさまざまに変わってきたということなんですよね。
人が 場所を変え 人が場所の記憶を作っていくんですね。

地暦測定士ってそういう仕事なんですって。

今 わたしのいる場所 どんな地暦があるんでしょうね、測量してもらいましょうか。


2002年05月20日(月) 冬眠図書館

冬眠図書館ってどこにあるかご存知ないですか?

その図書館は小さな森の中にひっそりとあるそうです。
夜通し開いています。場所は秘密。
冬眠するように本を読むための図書館です。
寒い冬の間だけ開いています。だから夏の間は休館です。
暖かくて居心地のいい図書館です。
でも 冬眠するためにはそれまでにたくさん働かなくてはいけません。
たくさん働いて来たお客様にはコーヒーとパンとシチューが用意されています。
なにしろ深夜の図書館ですから みんなお腹がすくでしょ?夜食です。
しかもブランケット付きです。
外のテラスで本を読むのがまたいいんです。
星の下でふくろうの声を聞きながら好きな本が読めます。
そういう方のためには 毛布と小さな読書用のスタンドを貸し出しています。

ただ公立のものではないので本の貸し出しは2週間で1冊100円かかります。
無料じゃないんです。
でも 夜の8時に開館して朝の8時まで夜通しやってるんです。

この冬眠図書館 今から探しにでかけましょう。
今から探したら 冬までに間に合うかもしれない。

そうそう冬眠に向けて 春から夏に読みたい本をせっせと貯めておくんです。
そして その本を図書館に持ってでかけるんです。
その読み終えた本をそのまま図書館に寄付すれば 
その冊数ぶんだけの別の本を無料で借りられるらしいですよ。
いまから せっせと本を貯めて 
冬眠図書館 どこにあるのか探さなくちゃ。


2002年05月17日(金) ちょっと損した気分

今日のお昼はパンを食べたい!と朝から思っていて
早速 お昼にパンを買いに行った。

いろんなパンの並んでいる中から
ちょっと小ぶりのフランスパンにチーズのかかった
美味しそうなパンが目にとまった。
今日はこれに決まり!と思ってその中でも一番顔色(焼き色)のいい
チーズのいっぱいかかったパンを選んだ。
そしてレジへ。
サイフの中からお金を取り出していると
「あっ!」と小さな叫び。
なんだ?どうした?
トレーからパンがレジのカウンターにすべり落ちたらしい。
しかたないか、そんなにカウンターも汚れているようでもないし。
「申し訳ありません、今 お取替えします」
「えっ、い、いいですよ、そのままで」
「いえ お取替えしますから…」
そういって 取り替えられたのは
ちょっと顔色わるそうなチーズもしけた感じのパンだった。

わざわざ取り替えてくれなくてもよかったのに。
なんだか ちょっと損した感じ。


2002年05月16日(木) 横浜見物

そういえば かれこれ一ヶ月半前出かけていった東京旅行。
もうずっと昔のような 懐かしい記憶になってしまってるんですが
あれから 横浜へ行った話が尻切れトンボというより 
頭からもはや無いのですが 
横浜は結局 雨の中これといったところへ行かなかったんです。
海を見ながら 暖かいコーヒーを飲んでいたというか
ラーメンを食べていたと言うか
で、それではあまりに淋しいので
横浜外人墓地をネットで散策することにしました。
ある人に紹介していただいた横浜外人墓地へ行って見ましょう。


2002年05月14日(火) つなぎ放題定額料金万歳!

ふぅ やっと戻って来れた、ネットの世界。
常時接続定額料金、フレッツISDNが接続不能になってしまって焦りました。
たった 二日間のことなんだけど電話料金を考えながらやるネット、
久しぶりに ちょっと新鮮でした。
電話回線を 繋いで切って 繋いで切って。
ふぅ面倒。だけど節約節約、でもこれが ちょっと楽しかったりしてね。

実家の父は 一ヶ月10時間○○円,って言うのを利用してるんだけど
月々消化しきれなくて数時間ずつ余っていくので それが加算されて
今は「一ヶ月20時間くらい使ってもいいけど 使い切れんわ」と言ってます。
見てると 回線をマメに繋いだり切ったりしてるもんねぇ。
その話を聞いてた母が「それくらいマメにウチの電気も切ってほしいもんだ」と
言います。
部屋の電気 トイレの電気 テレビの電気 つけっぱなし。
それを ブツブツいいながら切って廻っている母なのでありました。
 


2002年05月10日(金) 祈りを込めて

鶴を折っています。
千羽鶴…までは 折れないかもしれないけれど
いろんな思いを込めて折ってます。

折っていると 心が段々静かになっていきます。
「あなた」のためじゃなく 自分のために折っているようです。


2002年05月08日(水) 意味無し

お店から ちょっと離れたところに駐車場があるんですが
その駐車場の中でも 一番お店から離れたところに車を停めるんです。
ささやかな自主トレとでも言いましょうか…
少しでも歩く距離が長ければ 体の為に良いかと思って。
たったの50歩くらいの事なんですけどね。
朝は その50歩が気持ちいいんです。満足感もありますし。
ただ 帰りがですね、このたったの50歩が
「なぁんで あんな遠いところに車停めたんだよぉ」って
疲れちゃうんですよね。
この50歩ってあまり意味がないでしょうかね。
わざわざ こんなこと日記に書くような意味もないような気がしますけど。


2002年05月05日(日)

あっちこっちで「感動の涙」「笑いの涙」
いろんな涙に出会いましたが 
涙、涙といっても 流す涙によっていろいろ違うんですよ。

涙のほとんどは水分で約98%を占めています。
水分の他には、ナトリウムやカリウムなどの電解質やタンパク質や抗菌作用をもつ成分なども含まれています。
涙が塩辛いのはナトリウムが含まれているからです。
そしてその「塩からい」という所にちょっとした秘密があります。
流れ出る涙の味はいつも同じというわけではなく、
流す理由によりその味が微妙に違うようです。
怒っている時や悔しい時に流した時の涙の味はナトリウムが多く含まれるため
塩からくなり、逆に悲しい時や嬉しい時に流した涙の味は
怒っている時、悔しい時に比べ塩からくないそうです。
また、自律神経の働きも無関係ではないそうですよ。
嬉し涙や悲しい涙は、副交感神経に刺激されて出るので、
泣くことで身体の緊張を和らげることになります。
でも悔し涙や怒りの涙は交感神経によって分泌されるので、
泣けば泣くほど身体がこわばり、わなわな震えたりカーッとなったりするんだと
いうことです。
     ↑
 以上、どこかにこうやって書いてありました

一番いい涙は「嬉し涙」でしょうかね。
みなさん 頑張って涙を流しましょう。
頑張って出るものでもないけど…。


2002年05月04日(土) 今日の散歩

雨 雨 雨・・・・・・・。
ゴールデンウィークには必ずと言っていいほど雨が降るのよね。
だから 今日の散歩は中止。
もはや ここで私の性格バレバレってことですか。
と、いうことでなんですが 散歩は散歩でもネット散策してます。
昨日関連でフラフラ ヨタヨタ行ってきました。
現代生活様式学会 きっとあなたの生活に役立つこと請け合いです。


2002年05月03日(金) 寒山拾得(かんざんじっとく)

新聞を読んでいたらこんな記事に目がとまりました。

寒山は、唐時代の僧で拾得と天台山の近くに住み、詩を詠んだ。
二人の瓢逸(ひょういつ)な姿は、中国や日本の画材の一つとして
多くの画家や文人が描いている。
文人書家・榊莫山氏もこの二人にほれ込み 描いた枚数は数知れず。
奇行で知られるこの二人の「得体(えたい)のわからん」ところに
引かれると言うが、その根底には何者にも妨げられない大宇宙を
心を抱けたらとの思いがあるのだという。
画に添えられる詩句にはこうある。

 寒山「山ヘイコウカ 川ヘイコウカ」
 拾得「イヤジャ 空ヘイコウヨ」 


初めて『寒山拾得』という僧を知りました。
早速 検索。
…で、フラフラ漂流してたらこんなHPを見つけました→ふうらかん

ついでに 寄り道してたらこんなとこ見つけて大笑いして帰ってきました。
 


2002年05月02日(木) 散歩

久しぶりに散歩をした。
散歩はいつも ダイエットを意識した 早歩きだけど
今日はゆっくり ゆっくり 1時間くらい歩いた。
深呼吸すると 草の匂いがする。
懐かしい気持ちになる煙のにおいもする。
どこからか 美味しそうな夕飯の匂いもする。
そして風が吹くと あぁ いつかこんな風を感じたな、と懐かしくなる。
どこからか 子どものむずかる声もする。
そうそう ウチの子も この時間一番 私をてこずらせてたなぁ。

あれこれ 考えながらゆっくり歩いた散歩は気持ちよかった。


2002年05月01日(水) 人の嫌がる事

「学校の先生に

人の嫌がることをしなさいと言われたから
人の嫌がることをしたら
人の嫌がることをしたらいけませんと叱られた。」

どうしてかわかる?
・・・と、子どもに尋ねられた。



目次過去未来 さらすな日記
ツギハギ |MAILHomePage

My追加