日記
INDEX past will

2004年10月31日(日) お前らそんなだから

朝7時半ごろ帰ってきて寝る
送ってくれたハリーさんが相当眠たそうで大丈夫かなと思っていたが
寝て起きたら暗くなっていてショック 5時半過ぎ
妹と近くに食料品等軽く買いもの行ってからごはん食べに
近所のイタリアンでコース あと追加でピザを 注文したら量が多いということでウェイターさんに止めていただく
が「大丈夫ですv」素直にやめておけ

 


 

2004年10月30日(土) 二ュ一ヨ一クの2○46魂

ハリーさんの電話で起こされる
ハリーさんとヤケパチさんがいらして二ュ一ヨ一クの恋人DVD
匕ューがおうじさま いや王子ではないが いや匕ューはもともと王子さまだが
映像特典の入浴シーンにやや動転 なぜ監督さんたちはこう脱がせたがるのか
あっそうだ スペイン土産 数足りないのに結局買い足しもしなかったので
一応自分用のつもりで買って読んでしまったことを告げた上でガウディ関係の本
スペイン土産に温泉饅頭 スペイン土産に安倍川餅 スペイン土産に東京ばな奈 いろいろ考えていたのに
夕方から映画館にて2○46鑑賞 すみません要は木村さん見に行っただけです
すみません割と難しかったです あたたか〜い ばかりどうも残ってしまって いやもちろんほかにいろいろ あるんですが
夜ヤケパチさんちに移動して社長英雄伝鑑賞
あとG玉 みんな銀さんで回りすぎ おれも
BΕΑCHアニメ2話のみ アニメをたまに見るとどうも慣れなくていろいろもじもじする
落書き 主に銀Tとか
朝方おいとまする

 


 

2004年10月29日(金) ペンギンがいるのは南極でよかったっけ

仕事の後Hちゃんと〒゛ィープ・ブノレー
のあとS木屋 写真ありがとう
治安が悪い治安が悪いと聞かされまくった話とか ぼったくりタクシーの運転手さんと喧嘩してきた話とか
ろくでもないこといっぱい言っちゃいましたが スペイン面白かったのよ ほんと
あとで駐車場代1300円 650円づつのとこ1000円もらっちゃったのでお釣り渡さなければ
30日朝方帰ってきて妹が出かけるのと入れ違いで寝る

〒゛ィープブノレーは鰯が竜巻みたいになってるとことか海中のペンギンとか海鳥とかが忘れがたい
海ん中でも空飛ぶみたいに飛んでるんだよ!
ペンギン水から上がるとき垂直に飛び出して来るんだよ!

南極とかも行ってみたいすね

 


 

2004年10月24日(日) 確か晴れていた

おおお寝たうちに入んねえ 肌とかシワとかクマとか何とかしてもらえないか 
そりゃ映画とか見てるのが悪いんですよ あと元からってのとね あ
とにかく速攻仕度して結婚式に
あまりに客が多くて会場演出その他が豪華でびびりました い いったいどんなとこに嫁に
すてきでした かわいかった そして料理もうまかった ここ大事
そしてご両親への感謝の手紙 あれいかんよ 絶対はずさねえよ
嫁に行くのは花嫁(当然) それを送り出す家族
なのに嫁に行かない送り出しもしない客席が皆号泣ですよ
しかし普段より多めに塗っております 目尻目頭をハンカチで抑えまくる友人席
おめでとうございます

招いていただいて幸せです ありがたいことだと思います
引き出物袋が持ち物として増えることに考えが至りませんでした
スーツその他を詰めてきたでかいバッグに肩掛けカバンに引き出物袋 夜逃げスタイル2004年秋冬バージョン

そして案の定スペイン土産は足りなそう 近くの輸入食材店にスペイン産の菓子などないか思案中
誰に当たるかお楽しみ でも旨いから輸入してるんだから! 帰りがけに慌てて買った個人商店のよりいいかもよ!

 


 

2004年10月23日(土) ちゃんと帰ってこられました

どうなることかと思いましたが夕方頃に無事日本到着ですよ
今日早いうちに着く予定ではありましたが結婚式は明日なので
むしろ全然OKです 余裕です こんなに順調じゃあネタとして いやなんでも
とりあえずKんちに荷物置いて一息入れて夕飯食いに
近くのイタリアンの店へ 行く途中で見かけてしまった別のイタリアンの店に
食材が切れてしまったそうで予定のコースから少々変更あり 構いませんとも
あーうまいもん食うって幸せだねえ メニュー見て選んでるのも待ってる間もたーのしーねー
さて一品目はイサキのカルパッチョすだち風味 これが仰天
少 ね え なんだこりゃ デパ地下のご試食ですか あっさりしてて旨かった 気もするが
魚介の温かいサラダ あっこれうまい
イカ墨のパスタ トマトソース ちょっと濃い でもパスタはもちもち でも少ない
牛ヒレ肉のソテーバルサミコソース これ前に言ったの撤回 こないだは作り方が悪かった
うまいです 牛とバルサミコ
そういやポン酢でしゃぶしゃぶだってばくばく食うじゃん 甘い煮物だって全然食うし すみませんでした
しかし少ない
皿が運ばれてくるたびにKとすごいアイコンタクト
『何これ』 『何なのこれ』 『少ない!』 『うん少ない!』 『『足りない!!』』
旅行行って帰ってくると余計に思います いやスペインはそれほどでもなかったか
イタリアやイギリス行った時のようななんだよこれ みたいな量のものはあまり出なかったですねそう言えば
たまたまこのお店が盛りが上品だったんですね それでうちらが腹へってたんですね すみません
帰ってきてKお勧め時計仕掛けの才レンジDVD うんかっこよかった いいから寝ろよ

 


 

2004年10月19日(火) 帰りたくないときにはすんなり帰れるのに帰らなきゃいけないときには帰れない

もう3年近くたってしまいます すみません 順番にとか克明にとか言い出すともう書けなくなる いいからとりあえずアップを

マドリード なんか最後のドの発音は小さいんだかしないんだかだっけ?
まあいいや間違ってるかもしれませんがとりあえずここの分はマドリー とします
プラド美術館はまた行きたいなあ ボティンもまた行きたいなあ
ただもうタクシーには乗らない トラウマ
バルセロナからマドリーには電車で移動です
チケットだけはもらってあるのですが移動は全部自分達で
駅に行ってとりあえず飲み物と食べ物を調達 その場で食うこともできるカフェで
小さめのバケットに切り込み入れてハムとかチーズとかはさんであるのを買いました
あとオレンジジュース これはそのカフェで買ったんだったか売店で買ったんだか どっちだっけ

トレド つうかもういつ行ったんだっけ よかったです 古い町っていいですね 道も町並みも景色も素敵
古いお城とか今国営でホテルにしてたりするそうで
泊まりはしませんでしたが喫茶店でお茶飲んでテラスから景色見たり写真取ったりしてきました
いいです 景色はいいわ雰囲気はいいわ ちゃんと泊まってのんびりしてみたいです
気のせいかこれまでピリピリしつつ来たのにこの町はなんとなくあんま心配しなくても大丈夫なんじゃないか
雰囲気がのんびりしてて町歩いてても治安にあんまり不安を感じませんでした
あーそうだ アルカサル(昔”アルカサル−王城−”ていうマンガがありおかげでこの単語だけは即理解)
なんか見学ができるんだかできないんだか 今おそらく城のまんまではないんだが
とりあえず行ってみて聞いてみました 一部だけでも入れないかと思って
聞いてみました って もちろんスペイン語はできません が何となく通じます
入ろうとしてみて入口でスタッフらしき人が出てきたところで 何となく身振り手振りで だめっぽい
これダメっぽいよ アルカサルやっぱ無理なんじゃないの
日本語で話しているうちらの言葉の中から『アルカサル』だけは向こうも聞きとってくれたらしく
「ノーアルカサル」 わっかりやすいですね No アルカサル アルカサルだめ
うちら「Noアルカサル?」スタッフ「Noアルカサル。」 会話成立ですよ
もはやどういう順で行ったかは忘れましたがあとは美術館
けっこうグレコの絵がトレドにいっぱいあると聞いていまして 特にKが好きなので
確かに割と数ありました そして先日プラドでみたのとすごい似たようなのとかもありました
同じテーマで同じ構図で何枚か描くってけっこうあるんでしょうね ゴヤも似たようなの見ました
いやプラドのとトレドのとどっちがよりいいかとかそんな審美眼はありません すみません
エルグレコ プラド美術館 ボティン フェリペ4世 ルーベンス ベラスケス ゴヤ 
あー書くことは死ぬほどあるんだが 全部書いているとまた何年か後とかになってしまいそう またの機会に
タパタパ 塩だらのサラダ アジア人のウェイターさん 日本語のメニュー
クレマカタレナ 海老のガーリックオイルで焼いたやつ ブルスケッタみたいなやつ なのに話題はコミケに関して ごめんねK
夜行ったレストランのステーキもにんにくスープも ボティンの仔豚の丸焼きも
今になるとトレドであったかと思われる
期待しないで入ったらルーベンスだのカラバッジォだのあって嬉しいショックを受けたおそらくどっかの教会の豪華宝物庫も
カラバッジォのジョバンニが超かっこよかったような気がするんだが もうどこのどういうのだったか不明な

まあそのうちまたの機会に いろいろあってこの後20 21 22くらいで帰るわけです
そしてこのスペイン旅行が終わると日本で友人の結婚式が待っているのでした
がその前に なんと飛行機が遅れ乗り継ぎができなくなるアクシデントが待っていたのでした
何度も申し上げているのですが俺ら日本語以外は話せません
なんだかずいぶんと飛行機が遅れ 乗り継ぎ空港に着いたらどうやら乗るはずだった便はもう出ちゃったらしい
らしい というだけですが そして割とどうしようもないわけですが 乗れるのに乗るしか 何とかなるだろう のような
空港のカウンターで どうしてくれんだよ 前の飛行機が遅れたんだから何とかしろよ みたいなことを言ってる方も
いや多分そんなことを言っているのだろうなあという雰囲気だけです 具体的には分かりません
やっぱり帰らなきゃいけないのは我々だけではないのですな 皆さんいろいろと予定があるんでしょう
俺らは割とどうしようもないのでとりあえずぼんやりしているだけです
結婚式間に合わなそうならとりあえず一緒に余興やることになってる子たちになんとか連絡しなきゃ
時差を考えて国際電話のかけ方といつかけるかのリミット一応考えてみたり まあ念のため一日余裕見てはいるが
そしてたまたま同じ便を利用していた日本人乗客の方がいろいろ話したりどっか連絡したりしてるのに密かに聞き耳立てつつ
そしてどうやらさっきの便乗り逃がした乗客をいろいろ振り分けて運んでくれるらしいブリティッシュエアウェイズの案内を必死で聞きつつ
実はほんのちょっとだけおいしいと思いつつ 何とか日本行きの飛行機におさまりました
まったく 翌日が結婚式とかでなく仕事ならば むしろ大歓迎なんだがアクシデント
実は飛行機にアクシデントがありまして出社したいんですがどうにもイタリアから出れないんです とか 言ってみてえ…!

 


 

2004年10月18日(月) 日程表出てこないかなでも部屋片付けてる間に書いた方がと思う

最早日付はあってなきが如し
思い出した スペインに着いたのは16日の夜でした 黒髪のきれいなお姉ちゃんが空港に迎えに来てくれて
多分現地の方ですが日本語超上手 空港からホテルまで車で送っていただいて説明とか注意とか
空港出てまず寒くてびびりました 南のイメージだったのに 暖かいかと思ってたのに
丁度ここ何日かで急に寒くなってきたとこです と言うお姉ちゃんは黒のタートルネックのセーター
あと色々 ホテルからの最寄り駅はここ とか 街のこの辺は危ないので夜は私も行きません とか おいおい
夜は外歩くのは危ない とか 地下鉄はあまり遅い時間に乗らない とか タクシーも気を付けて とか おいおいおい

その時は暗いのでわかりませんでしたが17日の朝気付いてびっくり ホテルすぐちょっと先が海でした
例えがあれですが熱海とかの海っぱたみたいな 砂浜があって遊歩道みたいな部分があって道路があってホテル
入口入ると正面やや右がフロント 正面やや左に下に向かう階段 右に行くと食堂
朝食はそこでバイキング サラミっぽいソーセージチーズハムパンコーヒー果物トルティーリャ
ここで言うトルティーリャはメキシコ料理やなんかのとうもろこしの粉でできた皮とかでなくオムレツだそうです
具のバリエーションもあるそうですがおそらく最も一般的な具材の一つがジャガイモ
ホテルでは薄く切ったジャガイモだけぎっしり入って裏も表も焼いてありました むしろ卵を繋ぎにしたジャガイモ料理
おいしかった プレーンオムレツよりこっちの方が好きかも知れません

で多分初日はホテルまで車がまた迎えに来てツアーのほかのお客さんとかと一緒に出かけたんじゃないかな
朝はまずユダヤ人墓地の丘通って昇って どこ行ったんだっけ
近くに日本の兜を模したとか言う水泳用の競技場があって たしか 井浦じゃねえよ ええとアラ夕
イソサ゛‡了ラ夕氏の建物だって言いましたか それは手を模した聖火台だかの方だっけ
でその後またバスでグエル公園とか行ったんじゃないかな
そういやグエル公園下の白い柱がいっぱい並んでるとこ バイオリン弾きのお兄ちゃんがいました BGMできすぎ
グエル公園のとこにダリの家もありましたか 前歩いただけで入り損ねましたが もったいない

サグラダファミリアに入る前にその近くのファーストフードっぽいとこで飯食った記憶があります 写真もあります
ということは昼前にツアーは解散か オレンジジュースとサンドイッチ
いっつも旅行の途中オレンジジュースとコーヒーは頼んでしまう 重要単語 スペインではオレンジはナランハ
スビラクスさんという彫刻家の人がいるんですが サグラダファミリアの彫刻の一部作ってるんですが
これまでの他の人が作った彫刻が概ね写実的だったのに対して この人のは何と言うか
抽象と言って良いんでしょうか 人なら人の物なら物の形をしてるんだけどかなりデフォルメが
すごく大胆な形の 直線を強く感じる彫刻で
教会建築の指揮者にこの人が指名された時は過去最大と言って良いくらいの議論になったそうで
しかし見たらものすごくかっこいいです 何が良いのか悪いのかまでは知りません がかっこよかった
彫刻作る前のスケッチと言うかデッサンと言うかも見られますが ちょっと複製欲しくなりました
夕方ごろ座ってぼうっとまたファサード眺めてたような気がするのでその日はそれで終わりでしょうか
そうだよなたぶん疲れるよな 広い 塔歩いてるだけで道に迷う 立体迷路

でサグラダファミリア行ったおそらく翌日 これが18日
たぶん市場を見に行きました そして市場のはずれの店で飯食いました
市場 期待してたのはウサギ つうか肉屋とか大丈夫かな とか言って
大丈夫に決まってるんですが 一応うわあとか思うのかなみたいな妙な期待なんですが
丸のままの動物 皮はがれた動物がぶら下がってるとこって日本ではあまり見る機会がない が
だからと言って肉片以外を見たらひくってのもどうかと思う で見てみたい と
ウサギとかこう足のとこにくるっと切れ目入れてそっから皮はぐんですって
靴下みたいに足先だけ毛皮が残って その状態をソックスをはいてるっていうって言ったかな
で肉屋さん ウサギもありましたが別にそれでどうということもなく
ひくまいと思っているのでそれでいいんですが むしろひきそうになってしまったのは羊でした
ていうか多分あれ羊だよな? 出汁とるんでしょうか 横長の三角形の 顔だけ切りとって皮はいだ状態の物が
片手いっぱいくらいの大きさか? もうちょっと大きいか それがまとめて山と積んであった
皮はいであるだけで目玉は入ってるので見ると目が合うような合わないような
ちっちゃい口からちっちゃい歯が見えて でも羊の歯って鋭いのか 形も含めてちょっと魚っぽい ピンク色だけど
あっそれか脳みそ入ってたら食えるのかな スペインとかじゃ食わないかな
あと生き物とか食い物とかとは別の意味でちょっとダメだったもの ビニール袋いっぱいのエスカルゴ
でもエスカルゴだからちょっとダメで済みました 蛙とかだったら泣いてしまう 近寄れない
そんな市場の外れの店 もう昼は過ぎてましたが 夜はカフェバーぽくなるのかも 天井高いとこ
恐る恐る入ってお昼 確かプリフィクススタイルのランチコースを二人それぞれ違う物選んで取りました
選んでつうか 予想がつくのは数単語 後はあてずっぽう まあ来りゃわかんだろみたいな
トマトと玉葱とツナのサラダ イタリア同様オイルとビネガーが一緒に来て適宜かけて食います
あ皮を剥いた胡瓜も乗ってました あと人参の細切りとグリーンオリーブも
人参と玉葱甘くて旨いサラダだった気がします
ほうれん草のラビオリ トマトソース 上にチーズがかかって
中なんだっけかな リコッタチーズか何かだったかな 割に濃くなかったような
とりあえずこの2品がまずお互い一皿目 もちろん全部半分こ 飲み物はガス抜きの水
メインはそれぞれ魚と肉を 片方がサーモン ムール貝が一緒に乗ってきました
トマトだったかなあっさりめのソース 赤 付け合わせに茹でたジャガイモ
もう一人は鶏 ぱりぱりに焼いてあるの 塩味だったか 付け合わせにフライドポテト
どちらもおいしかったです 鶏が油乗ってた どれも量はそんなでもありません ちゃんと食えます
デザートがアロッスコンレチェ とカスタードプリン 
アロッス→米 コンはwithとかandとかですかね レチェ→ミルク 米を牛乳で甘く煮たやつ
カスタードプリンも何の香料か少々くせがありましたが アロッスコンレチェ 残念ながら我々だめでした
まず上一面にシナモンがかかっていた時点で俺がアウト Kが米と牛乳の取り合わせに抵抗があり
それでも挑戦していましたがこちらも香料か何か 他に苦手な味がしたらしく断念
あとそのデザート食べながら2人ともカフェコンレチェ
カフェ コン レチェ なるほど カフェ オ レ なるほど コーヒーミルク カフェラテ(この場合はエスプレッソだそうだ)
そしてその後カサミラの前に 行ってるとこの名前が思い出せません でも良かったよ
一面白でアーチ型の天井が続く廊下とかごくちっちゃい螺旋階段とか嫌なツボを押されるあそこ
聖ジョージの竜退治がモチーフとか言うやたらにかわいいおうちです
確か吹き抜けが海のイメージとか言うおうちです
古そうなエレベーターのドアがガラスだったおうちです
そう昨日色とか形とかがかわいいかわいい言ってたのはこの辺を思い出して のせいでもあります
サグラダファミリアはかわいいってのとはちょっと違う
でそこ出て カサミラ なんのことだかわかりませんが CASA カーサ が家らしいですよ
で今の場合はミラは家の持ち主の名前らしいですよ カサミラ で ミラ邸
中もいいけどならではと思うのはやっぱ外観と屋上かなあ
中は外国の古いおうち ってそのまんまだが キッチンかわいかったな 家具道具とか 土産物はまあ うん
屋上は屋上なのにすごい起伏があって階段ばっか で煙突があちこちに 夕方でほっそい月が出てました
これまで何故かあんまり他の日本人観光客に会いませんでした がここの屋上では何人かいた
煙突が変わった形で全体として景色がすごく面白い 屋上の絵のポスター買っちゃった かっこよくって

 


 

2004年10月17日(日) 書いてるとそれでまた思い出して先の長さに目の前が暗くなる

さて最早細かい日程もわかりようがない今回のスペイン 適当順不同
つうか細かいことは覚えていないが少々無茶な日程だったことはぼんやりと
22日まで旅行して23日に帰ってきて24日に友人の結婚式に行かなければなりません
しかも千葉 しかも出し物やらないといけません
旅行用トランクのほかに結婚式用のスーツその他と余興用の楽器とを持ってまいりました 大荷物
うちからよりKんちからのが式場に行きやすいので帰ってくるまでKんとこに置かせてもらう
置かせてもらっといて本当によかった… 1週間後のトラブルをもちろんこの時点の我々は知りようがありません

さてスペイン 何が印象に残ってるって 何をおいてもとりあえずガウディ
我々が行ったのはまずバルセロナでした
グエル邸 グエル公園 サグラダファミリア
このへんまではバルセロナでよかったですかね
カサミラ?バトリョ? このへんもそうだっけ? とりあえずガウディ
ガウディってこう うねうねどろどろとしたちょっと変わった感じの建物作った人 くらいの
乏しいというよりむしろそれは偏見 もう前知識とも言えない ぼんやりとしたイメージだったんですが
そしてちょっと有機的で気持ち悪い感じとかが自分の好きになりそうなポイントか と思ってたんですが
実際の建物見たらとんでもありませんでした Kから聞いた話なんかも併せて
ぐねぐねした曲線多いと思ってたらあれものすごく緻密に計算されてあの線になってるらしく
ちゃんと全部力のかかり具合もバランスもあれでよくなってるらしいですよ 大雑把なようですがだって解説はとてもできません
なあんか漠然と グラフを絵としてみるような 線がひたすらかっこいいような気がしてきます 気のせいか知りませんが
だから頭いいキャラとか頭良さげなものとかに弱い って またあんたキャラって
そしてできあがりのものは なんというか 格好いいとともにひたすらかわいいです 色とか形とか模様とかもうすんごく
いったいなんのテーマパークですか いやしかもテーマパーク的な軽い胡散臭さがない気がします 気のせいか知りませんが
すでにどっかにある別世界をイメージしてつくったテーマパークじゃなくてきっとちゃんと別の世界です
写真とか映像で見てたものとも印象が全然違います あんなきれいな色のかわいい建物には見えませんでした
それとサグラダファミリア 一部の人あれ見に行った方がいいよ 今なら絶賛工事中だよ
建物の中歩いてて鉄骨ごちゃごちゃ組んでるとことか つうか中歩いてるんだけどまだ屋根なくて外とか
これから色付くのか知らないけど柱とか天井真っ白でライトとかもこれから付ける部分とか
あと何百年かかかるからどうせずっと工事中とか聞いたことがありますが
工事が進まなかったのは金がなかったからで あと2〜30年もすればできちゃうって話も聞いたので
つうかできたとこ見たい 頼むから何百年とかいう話のほうが間違いでありますように
面白いよ 時間かかりすぎててもう前に作ったとことか相当古いんですよ なのに新しいとこが出来つつあるわけですよ
なんせ1882年に着工 が最初に依頼された建築家がスポンサーと喧嘩して
1年くらいでガウディが交代 指揮をとるようになったのが1883年だそうで
それから1926年に亡くなるまで43年間 このままガウディのイメージで完成を目指すんでしょうが我々行った時点で2004年
着工から122年ですか そして門とか塔とかできてますが寺院本堂は思いきり作りかけなわけですよ
あれあんだけでかいくせに国の事業とかじゃないらしいですよ びっくりですね 信者の寄付で建ててる教会らしいですよ 何てものを
ほんとですか 資金さえあればほんとにあと20年で作ってくれるんですか 寄付もしたくなろうってもんだ
10月半ば 半端な時期で 昼間は暑いんだけど朝夕は寒い 後ろ向きだな 丁度良いって言え
サグラダファミリア入るのに少々並びましたが 前に並んでた白人のお姉ちゃんらとか半袖のTシャツ1枚
確か 空気が熱いわけじゃないんだが日差しが暑い 日に焼けそう で長袖脱がなかったような気がします

たまたまレシート発見 17日にサグラダファミリアであってたみたいです
長くなってきたのでサグラダファミリア書き残してることとガウディのほかのことは引き続き18日付けの日記で

 


 

2004年10月16日(土) 前途は多難な上に気が遠くなるほど長い

16日から22日までスペイン行ってまいりました!
また日を追ってちゃんと書こうとか思ってたんですが部屋がきたなすぎてちょっと 資料が
せめて日程表でも出てきたらまだマシなのかも知れませんがこの部屋から紙切れ1枚を探すって ちょっと あの
まあ思い出したとこだけとりあえず 一日づつ書いてくとまたものすごく長くなってしまいそうですし
行く前 日本で聞いた前評判ではとにかく 治安が悪い と
ガイドブックは軒並みそうかいてあるんだが 旅が好きでそれが高じて旅行会社勤務になった友達の話では
本当に治安が悪い と
ヨーロッパ行って強盗被害に遭ったうちの8割はスペイン と ちょ あの
その友達のお父様がこないだスペイン行ったそうで その時の添乗員さんの注意は
・団体から離れるな
・公園に行くな
・大通りを歩くな
・人気のないとこは不可
・つうかホテルから出るな だったそうで
おいおいおいなにしに来たんだおれら とお父さん思ったでしょう
もうこれは暗に友達が「気を付けて行ってこいよ」と多少オーバーに言ってるだけなんじゃないか
と苦笑しながらKの買ったガイドブック見ると『強盗が多い』『詐欺も多い』……
嫌な話ですがとりあえず聞いたり読んだりしたことをあげておきます 今から行く方みんなおれら並みにびびりますように
・スリもいるがそれより強盗が多い
・しかも複数人で囲んでいきなりボコるorナイフや銃などを突き付ける
・ジプシーも危険
・ジプシーの子供も危険
・例えば花買ってくれとしつこく付いて来て仕方なく財布を出すとひったくって逃げる
・ひとりが物売りなどで気を引いている隙に別の奴が財布をすったりバッグごとひったくっていったり
・飲み物や食い物に薬を混ぜてくれる睡眠薬強盗の被害も
・つうかこの辺はジプシーじゃない
・ニセ警察官が寄って来てパスポートを見せろ財布を見せろと言う
・出すと当然財布持ってかれる
・つうかパスポートも取られる
・大通りは人が多いので当然狙い目 危険
・人通りの少ない道は当然狙い目 危険
・道の車道側は車やバイクに乗ったひったくりに狙われるので危険
・道の建物側は路地に引っ張り込まれる可能性があるので危険
・ブランド品などは金持ってると思われて危険(我々ここは安心)
・ハイヒールなどは逃げられないと見て狙われるので危険(我々ここも安心)
・そして本当に逃げられないので危険
・目立つ服装は危険
・旅行者と分かると狙われやすくて危険
・なのでカメラ持ってたり地図広げてたりも危険
・電車の中でもバッグを離したりガイドブック見てたりは危険
・寝てたりなんて言語道断
・例えば電車なら読めなくても地元新聞を読んでいるふりをするなどの気使いが必要
・もちろん一人歩きは危険
・もうそもそも取られるから財布やパスポートや荷物は持つな
・最低限の物だけポケット等に分散させて身につけ手ぶらで歩け

こんなとこだったでしょうかねえ いやこれでもまだ全部ではないですが
違うルートからこれらの情報をかぶって摂取してしまった我々のびびりようを考えてください
海外旅行に行く時によく聞く注意も混じってはいますが貴重品を取られる方法が問題ですよ
スリや詐欺なら気をつけようもありますが強盗 って
ポケットに入れようが腹巻きに入れようが分散させようが問答無用で殴られたらどうしようもないって言うか
ナイフとか銃とかつきつけられた日にはどうしたらいいんですか
いやそんなもの出さなくても!通報しようにも人相の見分けつかないし刺されるぐらいなら有り金出すから!
ってスペイン語で何て言うんだか分からないし
だからきっとそもそも金持ってませんよ油断してませんよ という見かけ作りが必要なんでしょうね
…必要なんでしょうね…って……それやっぱ必要なのか…
それくらい被害もあるってことか…心構えの時点でブルーになりかけた我々
人の多いとこと少ないとこと道の車道側と建物側は危険? それはもう出歩くなってことなんじゃ
というあたりで友達のお父様がホテルから出るなと言われたのをまた思い出します 裏付けされた気分です 前途多難です

 


 

2004年10月10日(日) お誕生日おめでとう

R グレーニット
ジャケットもコートもこれから 10月末〜11月 また行かないとかしら
P毅裡胞В唖寸哘イ悄〕達の誕生日プレゼント検討しに いや買いに
検討じゃ間に合わねえよ 誕生日は先月だよ
茶ストール 自分で使っちゃおうか本気で迷う ほんとに迷う
迷うあまりに家帰ってきてからせっかくのラッピングほどいて鏡の前で首に巻いてみたりしてしまいました
しまいかけては巻いてみること2〜3度 ごめんな もちろんまたラッピングしましたとも
店でマネキンがフルセット着てた赤頭巾モチーフがくそかわいかったです たまりません
赤ベロアフード付きマント 花柄ワンピ ニットストールというかニットネックウォーマーというか
挙げ句花刺繍白エプロン レッグウォーマー ブーツ コサージュ大一つ小2つ
しかしどこに着ていくのか ほんとにかわいんだが 少なくとも仕事は無理だ
というか勿体無くて着てけねえ
て買ってもいねえ ああまた行ってしまいそうだ 見に
赤頭巾は年的に無理でもアイテムとしてフード付きマントとか流行りませんかね 着て歩いてみたいよ
日記書こうとして気がつく誕生日

 


 

2004年10月09日(土) 無理して遊ぶと体感時間は延びる

レンタル屋出たらかなり降ってるが夕飯食いに
つうか時間が時間なので飲み屋とか 結局ダイニングバーみたいな
2時か3時くらいまで 2時半て感じかな 飲んで食って
カウンターだったんだが箸と指でムリヤリ解体しようとした手羽先の骨がうっかりカウンター内に飛んでいった
バーテンに当たらなくて良かった
タクシー拾うかとも思ったがこの雨じゃ捕まえるのも大変かも 歩くか
しばらく歩いてちょっと後悔 そりゃほんの少しだけど荷物持って この雨の中 歩くにはちょっと遠かった
Kんちでガウディ展図録と光の教会建てた人の本
住みにくい古いうちとかそれがいいって考えらしいよ シンプルでいい建物作るらしいよ
十字架ガラス張りなんだってよ ええなんだあれ開いてないの
いや本人は開けたかったらしいよ 使う方としてはすげ辛いらしいよ そりゃそうか 外で暮らせって感じか
あの建築家元はボクサー目指してたらしいよ 逆らえねえ ガラス張りにした奴えらい よくがんばったな
の話のあと上映会 寝ろよそろそろ だって時間ないんだもん
了ン夕゛ーワーノレド? 吸血鬼と狼男の対戦 ケイ卜・べッ‡ンセーノレ
てケイ卜・べッ‡ンセーノレじゃん ファ厶ケ・ヤ冫セ冫でてないじゃん 「あれーごめんまちがえた」 K…
K自前 □ッ‡ー木ラ一ショウ さ い こ う おおお ホラーつうから恐いのかと 全然違うよたまんなくかわいいよ
みんな見た方がいいよ ありゃあ そりゃあ残るだろうよ K所蔵を激しく納得 好きなものしか出てこない
K記B毅畢
でもこっちもいいよね! かっこいいばかりでほんとどこをもって駄作というのかわかんないだろ?
そしてK記B毅畢ラストシーン横目で見ながら俺は帰り支度 なんもしないで食って飲んで終わってごめんまたね
急いで囚谷へ K子先生の絵をカフェ行って見て挨拶だけして 速攻駅戻って超ギリギリ駆け込み
予定してたのになんとか間に合う
ヨダレ垂らしてるうちに地元 Nちゃんに拾ってもらいEちゃんちへ
しかし気が引ける いや気が引けるどこじゃねえ 正直みんなに近寄りたくねえ
俺もしかして香ばしいんじゃないの 風呂入りてえ 寝てえ 考えるときつい
昨日仕事行って帰ってきて本読んで夜から飲み行って朝から映画見て昼に挨拶して午後から練習 やべえ楽しい
スケジュール的にもそうとうきついが遊びできついのはいい
が帰ってきて流石に堪えきれなかったらしく 9時くらいに意識を失う

 


 

2004年10月08日(金) 待ち合わせは常に余裕を持って

仕事終わって速攻Kんち
帰ってきて風呂入って顔作りなおして着替えて即行くつもりが 即?
読みかけだった木゛ルジ了家をうっかり読んでしまい着替えるだけ着替えて出る
あー遅くなってごめーん 今まだ家 今出る 今出るから
十時半ころ穴本木で待ち合わせ 駅付きのレンタル屋へ
何本か買って何本か借りて Kが
出たくらいでもう十二時近く 腹減ったっつう

 


 

2004年10月05日(火) 却って申し訳ない(普通)

i,R0B0T
から帰ってきたらプレゼントが届いていてびっくり 迅速すぎる
Hちゃんありがと 使わせていただきます

i,R0B0Tはまあ うん ふつうに
でもロボットだろ?お前らロボットなんだろ!?
殺陣を心得た人じゃないんだからさ!
効率良く行けよ!ちゃんと一発で仕留められるような急所とか狙えよ!腕とか足とかじゃなくて!

ていうか映画だろ!?そんなことしたら主人公死ぬだろ!?
主役かと思ってた人が30分で死ぬB級じゃないんだからさ!
お約束忘れんなよ!そういうこと言い出すなよ!でもやっぱ考えると面白いな…
あのポスターであの配役で30分でウィノレ・スΞスが画面から消えたら…
そしてそんな仕事を受けるウィノレ・スΞス…
一体どんな結末なのかその i,R0B0T…

 


 

2004年10月03日(日) 自分がしてほしいことが人のしてもらいたいこととは限らない

Hちゃん誕生日おめでとう
毎年毎年忘れがちなのですがようやく携帯にメモってみた
しかし気が付くと何あげたら喜んでもらえるんだかって難しいです
なんて俺っていいやつ 台無し
こちらの趣味を考えたものをちゃんと毎回いただく
ということにいまごろになって気がついて申し訳ない気持ちになった次第
ちゃんとこちらもHちゃんの喜ぶものを!
何だろう…欲しいもの…もらって喜ぶもの…
イ尹藤シ閨ニ全集? B級映画傑作選? 青い車? Tの新刊? 剛?
………………なんかこう…嫌がらせみたいな………いいものをと思ったのに…
相手の気持ちになって考えるって難しい…
結局雑貨になりました 無難なつもりの

 


 

2004年10月02日(土) 声に出すと楽しい色々

Hちゃんのプレゼントようやく買いに
夜Mちゃんとごはん イタリアンのカフェレストランぽいとこ
ずっと洋楽がかかってて だから音無しでずっと映画がつうかW0W0Wがでかめのモニタにつきっぱなし
食いながらちらちら見てたら×menの校長先生が宇宙船に乗ってる 似合う
それが終わったと思ったら始まったのは8mi|es
ありえねえ…! つうか音楽かけてる場合じゃない
別に誰が意図したわけでもないんだが 結果できあがった状況がおもしろすぎた
音抜きで見る8mi|es これほど意味のないものがほかにあろうか
笑ってたら妹が一言「…8mi|es吹替版。」
ドリンク吹きそうになりました ありえねえそれありえねえ ていうかまさか本当にないよね…?
やったらむしろえらいと思います あったら見ます
ていうかあって欲しいような気にすらなってきました 見たい…
ダメだ…今見たくなっているのはおそらく8mi|esではないものだ…
ところで以前ヤケパチさんにアメコミ見せていただいて大喜びしたことがありました
×menは複数いるから工ックスメンなんです
1人でいると当然単数で 工ックスマンなんです

 


 

2004年10月01日(金) その時その時に適当なものというのもなかなか少ない

あーとにかく何でもいいから映画が見てえ が
あんま重いのは面倒 あんま遅いのも面倒 あんま混むのも面倒
検討した結果 いやそれ検討と言うのか 消去法でVH2回目 おもしろかった
これ続編作るのかなあ 客の入り次第かなあ
作ってくれたら匕ューとノヽムのかわいい旅が見られるのに

 


 

鈴木  MAIL

My追加