■ ヘッド・フォンから石田彰
ホームページ / 過去 / 未来 / / 目次

|| 2004年03月31日(水) 傾向と対策 ||


■忙しい忙しいと言いながら、ふと思い立って、こんなの書き出してみました。
石田彰
1.マリオン・リムスタイン(受)
2.千堂頼人(受)
3.安西和希(受)
4.三洲新(受)
5.百合の宮様/鳥海(脇)
次点:イガちゃん(脇)
子安武人
1.高見玲二(攻)
1.兼次(攻)
1.伊万里(攻)
4.殿上(攻)
5.加賀美卓(受)
次点:瀬川(攻)
置鮎龍太郎
1.岩近(脇)
2.ぎょんちゃん(脇)
3.躑躅/伊集院/花田(脇)
4.守村悠季(受)
5.須藤圭介(攻)
次点:取手/克貴(攻)
OTHER
1.王子沢恵/鯨井さん(脇)
2.瞳一郎(攻)
3.坂東核(受)
4.フミ/如月/七瀬(受)
5.つっくん(受)
次点:ルシファード/イアソン/天竜


解かりづらいですか?解かりづらいですよね、あははー。

「逆引き」をつけて、いろいろと遊んでいるわけです。で、ちょっと自分の好き嫌いを分析してみようかな、とか。で、評価にかかわらず、BLCDで「好きなキャラ」を思いつくままに書いてみたりしてみました。

■まず石田彰。M2、千堂、和希、三洲・・と、一癖も二癖もある、やはり底意地の悪そうなキャラに惹かれるみたいですね。和希は多少毛色が違う気もしますが、百合の宮様(桜之宮京)とか鳥海潤(ベンチマーク)なんて、真っ黒です。やはり彰はクロでしょう。しかも、わかりやすい性格の悪さではなく、複雑で不可解な性格の悪さにそそられます。ゼロス系・・とでも言うのでしょうか。

■んでもって、子安武人。ご覧のとおり、1位が3人。そして、3人3様。玲二は・・・好きですねえ。(うっとり)
「渇愛」で極めた鬼畜振りから「縛恋」ではあまりの可愛さに床を転がりまわったのが昨日のことのようです。兼次は言うまでもなく、私をBLCDの世界へ引きずり込んだ張本人ですし、「バカだけどせつない」という、私の中ではバイブルのような作品、兼次は教祖様ですな。でもって伊万里。彼の二の線は、どうしてこうもおかしいのでしょうか。いわば、ヒムロッチのような存在と言えます。冗談の通じない真面目さが返って笑えてしまう、やっぱり「バカ」が好きなんでしょうね。「真綿・・」の殿上は、子安氏には珍しい「普通の男の子」。結構濃いキャラが多い中、彼の普通っぽさには、むしろ新鮮な感動がありました。余裕たっぷりの超俺様もいいですが、切羽詰った子安氏も萌えです。そして卓〜♪「(受)」と書いてあるのは、決して誤植ではありません。このオッキー×こやぴーは、かなり鮮烈なイメージを私の中に残してくれました。ちなみに絡みはありません。

■そして、その置鮎兄さん。1位から3位までがメインではありませんが何か?
この人が脇にいると、どうしてこうも主役を食ってしまうのでしょうか。「真綿の・・」の岩近、「お金・・」のぎょんちゃん、もう、大好物です。3位の3人は、花田<伊集院<躑躅の順で暑苦しくなっていきます。「あふれそう・・」の花田をもっと「バカ」にすると、「悪魔の・・」の伊集院、伊集院を更に「バカ」にして破壊力をアップさせると「キケンじゃ・・」の躑躅てんぱいになります。本当に暑苦しくて大好きです。

■なんか、長くなってしまったので、続きはまたー。
でも、早くも「逆引き」に反応してくださり、ありがとうございました。報われた気持ちです。お返事は必ず書きまする。しばらくお待ちいただけますと助かりますー。

■兄沢命斗の「いいからこれを買ってみろ!」を見ました。この智一・・誰かに似てる・・・うーん・・うーん・・ここまで出てきてるんだけどな〜?誰だっけ誰だっけ誰だっけ誰だっけ・・・と頭を抱えていたら、隣にいた亭主が答えを出してくれました。

「ロンブーの淳だろ。」

ぐああああ、またも発想が一緒だー!いやだー!!でも似てるー!!!

そのうち小西克幸がゲスト出演してくれたりしないかしらなどと思ってしまったのは私だけではないはず。智一の人差し指の爪の美しさに危うくロザリオを買ってしまいそうになったのは秘密。


↑エンピツ投票ボタン(君に会えてよかった)
|| 2004年03月29日(月) トモカズ色に萌えるとき ||


■久々のマジ泣きだった、今日の「ガングレイヴ」最終回。ブランドンがハリーを庇った時点で既にウルウルだったのに、最後の

「お前を撃つなんて・・できないよ・・」

なんて、もう、もう、ブランド〜ン!!(絶叫)←心の中では「トモカズ〜!!」と叫んでいましたが
これはあれだ、「ラストエグザイル」でルシオラの最期に絶叫した以来のマジ泣き。いや〜、いいアニメだったな〜。面白かったよ〜!!!
でもねえ・・敢えて言わせていただくとするならば、最後はやっぱり「茜色が燃えるとき」で終わってほしかった。少年時代の回想から、ちょっと曖昧なまま「い・ま・に!」って感じだったのでは?あれ、ちょっと失敗だと思う。カラーからモノクロに、モノクロからまた色を取り戻して、っていうEDの演出はすげーよかったと思うのに、もったいない気が。それと、ついでだから言っちゃうけど、ミカが少女じゃなくて、マリアの面影を残した少年だったりしたら、ミカが登場するたびに萎えたりしなかったんだけどなー。(ものすごく勝手なこと言ってます)
でも、とにかくとにかく面白かったってこと。もう1回、第1話から見ちゃうことにしよう、うん。←徹夜決定

■そんなわけで(はいはい、まだ続くのね・・)今日は「君が好きなのさ」と「危ない修学旅行」とか聴いていました。テレビでは「ふしぎ遊戯」がエンドレス。井宿を熱い眼差しで見ていたら、
「ままはほとほりでしょ!?ちちりはるこのだからね!!」
と、娘に諌められた。ムカつくー!でも、何も言い返せないから更に悔しい。

■そしてそして、私はがんばりました。お母さん、やったよ!!と天を仰ぐくらいにがんばりました。地味な作業だった・・・・!!(涙)
と、いうわけで、「BLCDレビュー」に「逆引き」つけました。
私の所有CDだけですが、発売元、キャスト、原作者で検索できます。もしかしたら、がんばった割には大して役に立たないかもしれませんが、いいの、放っておいて。だってだって、そろそろ下までスクロールするのがめんどくさくなってきたんだもん・・ま、そんな感じです。よかったら利用してくださいねん。で、不備がありましたら、ご一報くださると助かります。っていうか、教えて、頼む!!
それとそれと、レビューページに、原作者の欄を追加しています。はい、そこ、「今更?」って言った人、バケツ持って廊下。


↑エンピツ投票ボタン(ご覧になりますか?私は絶対に見ます。録画もします。)
|| 2004年03月28日(日) DO しよう・・どう SHOW!? ||


■そんなわけで(はいはい、昨日の続きなわけね・・)日曜の朝っぱらから病気のメップルがうなされている声に激萌えのマドカです、こんにちは。(お前の方が病気)
WeiβのラストライブDVDを、ほんの1ヶ月前とは全然違う理由で買ってしまいそうです。絢爛舞踏祭バンザイ!!
理由は?と訊かれれば(誰も訊いてないけど)それは間違いなく相良宗介のせいで、DVD全部揃えたいけど、でもでも「ハレグゥFINAL」も欲しくて欲しくてどうしよう?(訊くな)

■いやいやいや、それ以上に、私の財布をこじ開けるべくマガマガさんから来月末発売予定のボイスコレクション・シリーズ第4弾。その名も「速水奨 監禁の館」・・・!!(泣)
もう、もう、どうします!?(泣くな)
設定は、お城のような館に監禁され縛られたまま、貴族、執事、画家、ホスト、秘書、ニューハーフ、少年、サラリーマン、数学者・・と、次々に熱愛の言葉を囁かれまくってしまうという、恐ろしい企画。なにが恐ろしいって、キャスト全部が、速水奨。メーデー、メーデー

しかも、しかも、ダミーヘッド使用。全子宮に緊急避難命令

その快感にあなたは耐えられるか!?←マガマガさんからの挑戦状

答え:耐えられるわけがありません(白旗)

ダミーヘッドは、ダミーヘッドは・・反則だと思います。←遠慮がちな抗議

■↑の第3弾が石田彰だったわけだけれど、正直、あれは萌え度低かったからなー。っていうか、どうしてそういうシチュエーションにしてくれなかったのさ!!
家宝にしたのに〜!!!(だから泣くな)


↑エンピツ投票ボタン(マドカさんは殉職されました)
|| 2004年03月27日(土) ギブミー、肉!! ||


■BLCDレビュー、1件追加しています。ものすごーーーく久しぶりに★を5つつけました。考えてみたら、昨年、★5つの作品はひとつもなかったかも?
CDは他にも聴いているのだけれど、なかなか更新できません、すみません。

■入園準備、というものに、思いがけず忙殺されている。これも、来月までの辛抱、辛抱・・と思いつつ、本当に来月になれば開放されるのか、いや、それも私次第か。何しろ、私は仕事が遅い。遅い以上に飽き性だ。クレヨンや粘土板、粘土べら、はさみ、なわとび、マジック、そのマジックのキャップ一個一個に至るまで、娘の名前を書いたり書いたり書いたり書いたり・・・。制服やスカートには全部ループを縫い付け、その他、シャツやパンツ、もちろんハンカチにもすべてネームシールをアイロンプリントアイロンプリントアイロンプリント・・・。
もう、娘の名前を見るのも嫌です。今回は平仮名なのがちょっと救いだけれど。

■でも、暇を見つけてはアニメは見ており。先日の「種SPエディション」の前後編とか「犬夜叉」の劇場版とか、あ、そうそう、「攻殻機動隊GITS」のインターナショナルバージョン?も見ました。トグサの声はちょっとイマイチだったけれど、素子とバトーはなかなか合っていた印象。字幕で見るのも一興、な感じで、面白かったです。

そういえば、前回の日記で書き忘れていたけれど、「BPS」の最終回を見て、オカマの刺客?のこの喋り方とこの声・・・どこかで聴いたぞ?どこだっけ、どこだっけ、どこだっけ、どこだっけ・・・と、ずーーーっと考えていて。
くじら※さん・・くじらさん・・?・・・あ!!大蛇丸だ〜♪←ものすごくすっきりしました

(※女性の方だとは、存じ上げませんでした・・・)

■「スピカ」が終わってしまいました。「ガングレイヴ」はあと1話、「プラネテス」も残りあと3話になってしまいました。が、今回はやはりこの3本に尽きるな〜。次点で「エリア88」といったところ。でも毎回思うのは、最初に期待したアニメより、これっぽっちも期待していなかった(すみません)アニメの方が、全然面白くなっちゃう、ということ。やっぱり、最後まで見てみないと判らないよね〜。

■私の三大栄養素は石田彰、子安武人、置鮎龍太郎なのですが、最近、バランスが微妙です。特に、たんぱく質(彰)と脂質(オッキー)が極端に足りず、ごはん、ごはん、ごはん(子安、子安、子安)という感じ。肉くれ、肉!!


↑エンピツ投票ボタン(ど・・・どうしたんだ、私!?)

例えるなら・・・ビタミン?ミネラル?いや・・・食物繊維!?
|| 2004年03月20日(土) デッド エイジ ||


■大きな雪が、ぼたぼたと降っていた。こちらで雪と言うと、雨なのか雪なのかというような霙っぽいものが殆どなので、とても驚いた。

■深夜、「デッド・エイジ」というクイズバラエティー番組をやっていた。
「アナタは○○を知っていますか?」という街角アンケートの集計結果をもとに、ジェネレーションギャップを図る、という番組だ。たとえば。
*アナタは「たのきんトリオ」を知っていますか?
*アナタは「ハウスマヌカン」を知っていますか?
*アナタは「カータン」を知っていますか?・・・など。
そのキーワードを知っている人が0%になった年代、それが「デッド・エイジ」であり。ちなみに、「たのきんトリオ」は18歳、「ハウスマヌカン」は29歳、「カータン」は32歳だった・・・ちょっとびっくり。(私は・・当然、全部知っています・・・)

■かつて、「ママとあそぼうピンポンパン」という、子供向け番組があった。もちろん、私も毎日見ていた。その、いわゆる「おねえさん」という人は、当時のフジTVの女子アナが担当していた。酒井ゆきえさんもそうだ。そして、カッパのカータンというキャラクターがいて、ちょっと意地悪で性格が悪いのだけれど、とても絵が上手い。子供たちが書いたメチャクチャな「カタチ」を、あっという間にちゃんとした「絵」にしてしまう。子供ながらに「カータンって、すげー!!」と思っていた。
そのカータンの声をやっていたのが大竹宏氏。「ひみつのアッコちゃん」の初代大将、「キテレツ」の初代ブタゴリラ、「Dr.スランプ」のニコちゃん大王、と言ったら、ご存知の方もおられるだろうか。
ところが。当時は、アフレコではなく、ご当人が中に入っていたらしい。ということは。あの絵も、大竹氏本人が描いておられたわけだ。なんという芸達者な・・・。今週のビックリドッキリ〜。←それは八奈見さんです

■先日「暴プリ」のオマケをすべてゲットしたことを書いたが、その中に「パロディ&コント」というものがあり、「ミスキャスト」というタイトルのそれに、青野武氏、永井一郎氏、八奈見乗児氏の3人が8歳の子供の役で出演しておられた。長い声優人生の中でも、8歳の女の子を演じたのは初めてだという青野氏。そりゃそうだろう。
八奈見氏の「ビックリドッキリ〜」もそうだが、「ポチっとな」も伝家の宝刀、スゴイ破壊力だ。
そして永井氏。磯野波平はあまりに有名だけれど、なにより、「君は生きのびることができるか」という台詞、これに尽きるのではなかろうか。でも、チェリーの「不吉じゃ」も大好き。

■今、ローカルを追いかけるかたちで「MEZZO」をCSで見ているのだが、それに広川太一郎氏がクロちゃんでご出演。確か、以前読んだ子安のエッセイに、昔も今も広川太一郎さんに憧れていて云々・・ということが書いてあった。まだ広川氏と共演をしたことがない、ということだったが、その後、どうなのだろう。


↑エンピツ投票ボタン(「それはひみつです」と迷うところではあるけれど)

■昨日の日記も書いています。

■ボード、しばらくお休みいたします、すんません。
|| 2004年03月19日(金) 別れの春 ||


■久々にネットに繋げてみますた。

■「ハム太郎」を親子で見ていたのだが、どうやらロコちゃんが引越しをすることになったらしい。あれれ?終わっちゃうのかな?
来週が最終回ではないようだけれど、サブタイトルが「とっとこお別れ、地下ハウス」であり。うーん、やっぱり終わりっぽいぞ、と思っていたら。
次回予告を見ながら、娘が号泣・・・・・えええ?
なるほど、そんな感受性も持っていたのか。

ただ、それにはもうひとつ、大きな理由が考えられた。と言うのも、なんと、のんちゃん家族が引越しをすることになったからだ。隣の隣の市なので、電車でも多分20〜30分くらいだとは思うのだが、今までのように頻繁に行き来するわけにはいかないだろう。まして、来月から幼稚園の娘、平日に気軽にお茶を飲みに、というわけにはいかくなるだろう。娘にも、そのことはやんわりと話してみた。でも「引越し」という言葉が、あまりピンとこないらしく、「しっこしってなに?」と、訊いてきた。なかなか上手く説明できない。

けれど、ニュアンスはなんとなく伝わったのであろう、彼女の中でハム太郎の引越しとあーちゃんの引越しがリンクしたに違いなく、それゆえの号泣だったのではないだろうか。
なんだかんだ言って、初めてあーちゃんと出会ったのは、彼女が1歳2ヶ月、あーちゃんがまだ10ヶ月の頃だ。来月で、ちょうど丸3年が経つ。思えばこの3年、動物園も、遊園地も、ピューロランドやディズニーランド、いや、それ以上に、日々、ずっと一緒に遊んで来た二人であり、スーパーでお菓子を買うときは、「あーちゃんもぶんも」が口癖で、必ず同じお菓子を二人分買って来た。多分、それはのんちゃんも同じだろう。
しかし、私たちの寂しさなど、娘たちの比ではないかもしれない。

亭主は「どうせ幼稚園に行けば、違う友だちができるよ」と言う。確かにそうかもしれないが、あーちゃんが遠くへ行ってしまう寂しさは寂しさで、彼女が間違いなく感じる、初めての大きな寂しさなのではないだろうか。

■来月からは、CSで「ハム太郎」が始まる。私としては、ちょっと複雑な気持ちなのだが、彼女はどんな風に感じるだろう。私が考えすぎなのだろうか。

■でも、「ハム太郎」は、ロコパパの勘違いオチとかもありそうだよね。
|| 2004年03月16日(火) 多分、私の具合の悪さゆえの・・(以下省略) ||


■多分、私の具合の悪さゆえの気弱さがこんなことを書かせているのかもしれない、いや、そうに違いない←タイトル

■具合の悪さもイライラも最高潮の一日。風邪なのか、花粉症なのか、ただの慢性鼻炎なのかもはっきりして欲しいこの鼻。ティッシュも一箱空くというものだ。この部分だけでもサイボーグ化して、着脱可能にしたいと本気で思う。ついでに鼻の下は、強い摩擦に対しての耐久性をとことんまで追及して強化。くしゃみの数も半端じゃないので、このままだと腹筋が割れてしまう。(それはサイボーグ化以上にありえません)

■どんなに具合が悪かろうと、主婦に本当の休息はない。どれだけ手抜きをできるかにかけては、私も免許皆伝の腕前だとは思うが、それでもキッチンにだけは立たないわけにいかない。亭主と娘が飢え死にしてしまう。
しかしウチの亭主、彼が意外と使える男で。自発性はないものの、頼めば食事の支度以外は何でもしてくれる。嫌な顔ひとつせず、文句ひとつ言わずに働いてくれるのは大変ありがたいことだと、自分の両親を長年見ていて思う。とは言え、自分がどれだけ具合が悪かろうと、父にあれしてくれこれしてくれと言うような母では元々ないが。

■本日休日だった亭主は、昼過ぎには娘を連れ、どこかに出かけて行き、夕方、7時過ぎまで帰って来なかった。正直、私にとってはこれが一番ありがたい。私の具合の悪さを慮ってしてくれていることなのか、それともただ単に二人きりでデートしたいだけなのかは定かではないが。

■ついでなので言ってしまうけれど、「ありがとう」と「ごめんなさい」が素直に言えるところが、ウチの亭主たる、最もポイントの高いところだと思っている。夫婦をやっていく上で、言葉が足りる足りないというのは、女の気持ちを左右する大きな事由ではないだろうか。
もちろん「言わなくても解かる」などというのは理想だろうけれど、そのほとんどが亭主側の自己満足なのではないか、と、私自身は分析する。何年夫婦をやっていようと、感謝の言葉を口にされて、嬉しくな人間などいない。女とは、そういった単純な生き物なのだと思うから。
ゆえに、かかあ殿下に見せながら、上手く操縦されているのは、間違いなく、私の方なのだろう。

これで給料さえもう少し高ければ、申し分のない夫なのだが。

それでも、多分これで一生分の運を使い果たしたな、と思えるくらいには、私には過ぎた亭主だと思っている。もちろん、口に出して言ったことはないけれど。

■・・・ちょっと褒めすぎた。


↑エンピツ投票ボタン(なんか、ちょっとムカつく)
|| 2004年03月15日(月) 悪夢 ||


■娘がエンドレスで同じ歌を歌っている。

「かーばさんがーまくすーしたー
おーきーいおーきーいおーきーいおーきーいまくすーしたー
うーうーうー
こんこんこんこ・・ごほごほっ」←本当に咳き込んだ

そんなわけで、未だに咳が止まらない(が、熱は絶対に出さない)娘と、完全に風邪をぶり返した母。
娘はともかく、亭主曰く「マドカさんのは不摂生ね」だそうだ。ま、確かに。心当たりはありすぎるほどあるので、言い返す言葉もない。

具合が悪いときというのは、どうしてだろう、かなり高い確率で悪い夢を見る。今朝方も、私は悪夢にうなされていた。ところ天の助に追われる夢であった。

ところ天の助の夢など、どこが怖いものか、と、お思いの方もおられるかもしれないが、とても怖かった。なにしろ、その天の助は、2Dのそれではなく、とてもリアルな3Dのところ天の助であり。

・・・本当に怖かった。

想像してみて?ねえ、想像してみて?(泣)
助けて、ボーボボー!!←心なしか小声なのは3Dだったらやっぱり怖いから。ボゲーのCMみたいな。

■4月の(私的)リリースラッシュまでに、やっておきたいことが山ほどある。まだ書いていないレビューも書きたいし、まだ書いていない本の感想も書きたいし、日記の過去ログも埋めたい。あああ、そう言えば友人に頼まれた育児サークルのサイトの改装もしないといけないんだった・・よね?(訊くな)
もうちょっと・・待ってて(私信)
いやいやいや、それもそうだけれど、ミシン買って(まだ買ってません)袋作ったり袋作ったり袋作ったりしないといけないんだった・・(泣)

■いや〜、今日の「ガングレイヴ」もサイコーだったね〜!←ちょっとだけ逃避
放送終了直後、もう一度見直してしまったよ。先週のまるでハナハナの実を食べたかのような熊さんもよかったが、文治の二丁拳銃がやはり渋い。ラストの猫とサングラスにもしびれたな〜!!2週連続で泣かされちゃうと、否応無しにクライマックスへの期待が膨らんじゃうよね。
来週は放送時間がずれるので、絶対に見逃さないようにしなければ。と、とりあえず戒めておこう。じゃないと、本気で見逃す可能性大、それこそが悪夢になりかねない。


↑エンピツ投票ボタン(熱くなりそうだから〜)
|| 2004年03月12日(金) にたものふーふ ||


■ここ数日、日がな一日、HDDに録り溜めたアニメを、編集してソフトに落とす、という作業に没頭。現在、1週間に凡そ20タイトルのアニメを録っているので、いくら200時間録画できるHDDでも、あっという間にいっぱいになってしまう。CMをカットすると、1枚のソフトに10〜12本のアニメを収録できるのだが、これがなかなか手間であり。しかも、4倍速とは言え、ダビングの待ち時間は、どうにも手持ち無沙汰で仕方がない。それゆえ、今更に「暴プリ」のスコアアタックをして暇をつぶすことに。(まだクリアしていなかったのね・・)
で、ようやく、ノーマル・ハード・スーパーハードをオールクリア、お宝をすべてゲットした。←ものすごく大変でした・・・
そのお宝の中に、お約束とも言うべき、「声優インタビュー」なるものがあるわけだが、そちらの方もようやく全部聴くことができた。
とにかくこのインタビューが長い長い。収録後のインタビューなど、私的には「ときメモGS」みたいなものを想像していたわけだが、このインタビュー、もちろん多少の長い短いはあったとしても、平均して、お一人様10〜15分くらいはしゃべっているのではあるまいか。智一くん、十郎太さん、三石さん、藤田さん、エバラン、そして高山さんなどなど、かなりの名優さん揃いだ。インタビューと言っても、インタビュアーは桝田氏であり、各声優との対談形式になっている。そして、その桝田氏がまた喋る喋る。三石さんとの対談など、ほとんど喋っているのは桝田氏の方で、三石さんはほとんど聞き役に回っていた。
その対談を聴きながら感じたことがひとつ。これは「俺シカ」のときから思っていたことなのだが、こういうのを本当の「親バカ」って言うんだろうな。


↑エンピツ投票ボタン(どこまでも容赦のないゲームだ)

■昨日の「最遊記R」を編集しているとき、ちょうど亭主が帰ってきた。ウチの亭主、アニメにはほとんど興味がないのだけれど、たまたま麻雀ネタだったため、珍しく私の横に座って見始めた。そして、三蔵が国士を和了ったのを見ていた亭主の口から、信じられない言葉が。

「何で国士かなあ?ここは三索(サンゾウ)ツモって緑一色(リューイーソー)でしょ、三蔵なだけに。」

・・・ ひっ
|| 2004年03月11日(木) 大車輪てアンタ・・・ ||


■とりとめもなく、最近見たアニメのことなど。

■本日、久しぶりに「最遊記R」を見る。いつも、録画はしているが、ほとんど見ていない。そのうち時間があれば、とは思っているが。
その「最遊記R」が、今回は麻雀ネタ?であり。
豚の「メンチンタンピンリャンペーコー(門清断平二盃口)、三倍満」に激しく萌え。そんな石田彰に24000点・・いや、48000点。ただ・・三蔵の国士はいただけない。
三蔵なだけに、あそこはやはり、三索(サンゾウ)ツモって緑一色(リューイーソー)だろ
アンタ、背中が煤けてるぜ・・←池田秀一声で

■録画しておいた「ガングレイヴ」を見る。熊さんの回想に涙腺が緩む。テディ・ベアにサングラスはヤバイ、反則。戦闘・回想・戦闘・回想というのは、手法的にはずるいと思うが、上手いとも思う。確かに「スピカ」も訓練・回想・訓練・回想の繰り返しなのだが、より姑息な感じがして、個人的には「スピカ」が一歩後退。
今期のアニメは「プラネテス」と「ガングレイヴ」・「スピカ」の三つ巴(あくまで私の中で)になってきているのだが、いつものことながら最後までわからない。ただ、その3つともに子安が絡んでいるところがミソ。

■昨日の「NARUTO」だが。川田紳司と加瀬康之の一騎打ち、非常に見ごたえ・・いや、聴き応えがあり。でも、シノとは絶対に戦いたくない。見ているだけで、身体がむずむずする。
そう言えば「MEZZO」の第1回に川田紳司、2回目に加瀬康之がゲスト出演していた。その2回目には、梅津秀行も出演。役名は「Mr.マジシャン」で、超低音に徹した男前声。幅の広さには驚くばかりだ。←あらいさんのことです
このギャップは、ユージのキスケ以上だと思う。でも、一条和矢のアオベエにはちょっと負けるけれど。
教育テレビというと、金曜日にやっている「ベビルくん」のムカエル@櫻井孝宏が非常に気になっている。語尾の「〜でやんす」も気になるが、外見が思い切り島村ジョーな気がします、石ノ森先生・・。
「MEZZO」には、石田彰もゲスト出演しているのだけれど、ローカルで見逃してしまったので、CSでフォローしようと思う。第9回だったかな?
加瀬康之は、確か「ガングレイヴ」にも出ていた。すぐ死んじゃったけど。

■これから「BPS」がある。今日は、絶対に絶対に絶対に見逃さないようにしなければ。最終回だけ見たって仕方がないし。


↑エンピツ投票ボタン(いつもそうなのだろうか)

■あの面子で、麻雀やりてえ。
|| 2004年03月09日(火) 37度7分 ←微妙 ||


■えと、家族で風邪をひいています、珍しく。
とは言っても、熱があるのは私だけで、娘も、持ち込んだ張本人(ちっ)も元気そうです。
平熱が低いので、37度あると、非常にだるいです。
ウチでは亭主が一番熱を出し易いのですが、今回は私が一番の被害者っぽいです。
日ごろの行いを悔い改めなければ。
どこが痛いって、喉!!声もひどいです。普段の美声が嘘のようです。←これの方が嘘っぽい
これではカラオケに行けません。のんちゃんと約束しているのに・・
昨夜は特にだるく、「ガングレイヴ」すら見ていません。←如何に具合が悪いか判るというものです。(いえ、わかりません)

■そんなぐったりしているところに、今朝、「電子ピアノ」なるものが届きました。
娘がピアノを欲しがっていることは知っていたのですが、如何せん、狭くてそんなスペースは我が家にはありません。
ウチの実家にも亭主の実家にもピアノが有り、先日実家に帰省した際、多分それを羨ましく思った娘がじーちゃんに強請ったものと思われます。
それにしてもなんというか・・もっとおもちゃチックなものを想像していたので、届いてびっくりしました。
どこに置くんだ、これ・・・
いや、ありがたいことです。(泣)

■暇なので、ごろごろと某雑誌を捲り見ていたのですが



↑エンピツ投票ボタン(風邪をひいて、私が気弱になっているから?)

■フォントがいつもより、若干小さく思えるのも私が気弱になっているからです。(嘘です)

●私信:先日、「彰攻め・・」の方でお問い合わせ?のメールを頂戴したM様。
メルアドを教えていただけますと幸いです。
|| 2004年03月07日(日) Venus say ||


■「カウントダ○ンTV」のOPが、昨日からBuzyの「鯨」という曲になっている。この「鯨」の歌詞違いの曲、「Venus say」は、「ふたつのスピカ」の主題歌になっているわけだけれど、この「Venus say」が、実は前からとてもお気に入り。「鯨」の方は未だちゃんと聴いたことはない(っていうか、夕べ初めて存在を知った)のだけれど今度聴いてみようかな、と思う。カラオケ用に。

■いつの間にか、当たり前のようになったタイアップアニソン。伊藤君子さんについては、ジブリの鈴木さんが推した、ということ以外、まったく存じ上げないのだが、やっぱり売れちゃったりするのでしょうね、「FOLLOW ME」。ロドリーゴの「アランフェス」というと、私的にはフィギュアスケートのイメージが強かったのだけれど(笑)歌詞があると、また違う趣が。やっぱり、劇場で聴きたいなあ・・・でも無理だろうな・・・(泣)

■先週見逃した「BPS」が見れたよ〜、よかった〜。ローカルで「MEZZO」の後にやってたの、全然知らなかった。ラッキー♪で、やっぱり面白い。始めっから見たいな〜。

■亭主が、急にスーファミを出してきて、昨夜から「セロヨンチャンプ・RRZ」とかやっている。懐かしすぎる・・。「街道バトル2」を買ってくれ、という意思表示なのだろうか。でも、その貧乏くさい強請り方はやめてほしい。
「MOTHER2」とか、亭主が寝たあとにやってしまいそうだ。


↑エンピツ投票ボタン(おあとがよろしいようで)

■昨日の日記も埋めています。
|| 2004年03月06日(土) 一日入園 ||


↓↓一日入園後のるこさん(まったりモード)


■なぜか、わけもなく疲れています。

朝から、ばったばたです。それでも、「プラネテス」はちゃんと見ました。あっくんがご登場でした。

幼稚園へ行き、クラス編成が発表され、それぞれのクラスに。そこで母親とはしばしの別れなわけですが、彼女はいたって平気そう。人見知りもしなければ、物怖じもしない、そういう女ですから。

で、父兄は約2時間ほど入園説明会なるものに出席、終了後、速やかに各クラスに子供を迎えに行くわけなのですが、そこで。私を見つけるなり、急に抱きついて来て、号泣な娘。正直、びっくりしました。そういったデリケートさは皆無だと思っていたので。今の今まで上機嫌で遊んでいたらしく、先生もびっくりしておられました。
「どうしたの〜?幼稚園、楽しくなかった?」と訊くと、
「だのじがったよ〜!!」←楽しかったよ〜、と言っているらしい
なんか、急に思い出しちゃったんですかね?とにかく、本当に楽しかったらしく、次に通えることを心待ちにはしている様子。とりあえず安心しました。


↑エンピツ投票ボタン
娘的には、微妙だったようです。私って、そういう子供向けアニメ、見せてないんだな〜、と実感。ごめんよ・・(涙)

■夜、「ボーボボ」にもあっくんがご登場でした〜。これはなに?「花屋の二階で」前夜祭?(違います)

■亭主が帰ってきて、今日、幼稚園で泣いたことを話そうとすると、
「いやいやいや、ちがうちがう、ちょっとまってって。
まま、へんなこといわないでよね、あれはしっぱいなんだって。」
と娘。言葉だけ聞いていると、ものすごく生意気くさいです。誰に似たのでしょう。
|| 2004年03月04日(木) 見逃しの歴史がまた1ページ ||


■今日はミシンを・・と思っていたのに、亭主が急きょ仕事に。仕方がないので、アニ○イトへ。(なぜ?)
「LOVE SEEKER」がもう出ているということで、あわてて入手してきました。で、「メロメロ・・」とか、「お手討ち・・」とか、「春抱きSP」とか、「私のメガネ・・※」とか、手には取ってみたものの、なんか気が進まず、やはり関西弁オッキーに惹かれて「右手にメス、左手に花束」を購入。ということで、ひっさびさにBLCDレビュー、更新してます。とりあえずその2作品。
お休み中の過去ログ&本の感想も埋めようかと思っているのだけれど、とりあえずレビューの方を先に書いてしまうかも。勢いで
レビューって、勢いだなー、って思う。書けないときにはとことん書けなくなるし。

(※not BL)

■「BPS」、今日も見れなかった。っていうか、録画時間を間違えた。毎回毎回、見よう見ようと思っているのに、一度も見れていない。次こそ本当に見ないと、もう終わってしまう。あと2回しかないのに
時々思うのだけれど、よくよく相性の悪いアニメってあるような気がする。一番ショックだったのは「銀英伝」。109話、一度も見逃さずに見続けてきたのに、最終回の110話だけ見逃しました。もうね、呆然。ひたすら堀川りょうと共に歩んだ109話だったのに。109話ですよ?(しつこい)
以前にもこんなこと、書いたことがあったなあ・・参考までに⇒ここ


↑エンピツ投票ボタン(お近くの方ならご存知なはず)
|| 2004年03月03日(水) こちら、βリーダー・サルー ||


■ぐああああ〜!第2回目にして「ママは小学4年生」を見逃したマドカです。ごめんよ、道玄坂・・

本日の「NARUTO」で。川田紳司来たーっ!!

■のんちゃんとこのあーちゃんと、簡素なおひな祭り?をしました。

↑↑ ケーキ、甘酒、雛あられ

お雛様、早く片付けないとお嫁に行き遅れてしまう・・と言ったら、じゃあ片付けない、と、予想通りの言葉が亭主から返ってきました。鬱陶しいです。

■「ガンパレ」やろうかな、と思っていたのだけれど、なぜか「ベルトロガー9」をやってしまいました。もう何周目なんでしょ?ピックマンズホール真っ逆さま、私がピックマン症候群です。ステージ7だか8だかで、石田彰が岡村明美を見殺しにするという、そんな設定に激しく萌えます。ガンパレ的なストレスが一気に発散される思いです。もちろん、サルーは覚醒したり髪が青くなったりはしません。ランバート大尉は、外見も思い切り大塚明夫であり、激しくそそられるのですが、これが大川透だったら、と、思わずにはいられません。100歩譲って、丁寧語の樫井笙人でもいいです。でもって、ランツクネヒト@ラスボスは保志総一朗の方向で。っていうか、黙って「ガンパレ」やれよ、初めから。

だって、やり始めたら、ほかのこと何にもできなくなっちゃうんだもん。(泣)

■明日、亭主が休みなので、ミシンを買いに行く予定。今まで、それほど必要性を感じなかったので(あってもどうせ使わないだろうということで)もっていなかったのだけれど、さすがに娘が幼稚園に行くと必要であろうということで。だって、入園要項を見たら、袋作ったり袋作ったり袋作ったりしないといけないんだもん。とは言え、たぶん亭主の仕事になるような気はするけれど。(いいのか!?)
って言うか、亭主は、娘の洋服を作る気満々みたいです。このところ、仕事の休憩時間など、生地屋さんを巡っては、可愛い生地を探しているらしいです・・・どう思います?(泣)


↑エンピツ投票ボタン(母親な前に腐女子、ということね)
|| 2004年03月02日(火) 石田彰攻め、で思うこと ||


■「右手にメス・・」のオッキーだけれど、収集した情報によれば、やはり虎系の声っぽい感じ。でも関西弁なの?ねえ、そうなの?(泣)
うーん・・・どうしよう。オッキーの関西弁は大好物なんだよね・・でも・・でも・・どうしよう、どうしたらいい!?(訊くな)

■でもって、今更だけど、「可愛いひと」のキャスト。私的に、すっごくいい感じのキャスティングだったわけだけれど、ただシンがなあ・・・。久々の飛田さんはすげー嬉しいんだけど、個人的にシンはちょっと違うかな〜?な印象。でも、絶対聴く。これは決定。
「ずっとあなただけ」は、とりあえずYさんの反応を待って(笑)聴くことにして、そうすると、今月は「LOVE SEEKER」くらいかなあ。

■先月は、3枚のCDを聴いているのだけれど、まだひとつもレビューを書けていない。先々月の「イロコイ供廚睫い澄今週末あたり、その4枚だけでも書けたら、と思っているが。

■榎田さんの「Sleeping Rose」を探しているのだけれど、なかなかめぐり合わない。店頭ではもう無理なのかしら〜?

■昨日、つい書くのを忘れてしまったが、「ガングレイヴ」のこやっさん、壮絶だったな〜。「ガドガード」のタケナカなんて、比じゃなかったね。
「ボブを殺しましたね?ボブを殺しました!?
ぃよくもです!よくもです!!よくも・・よくも・・よくもデース!!」
リーの開眼は、本気で怖かった。もう、すげー満足。風化していくリーは、ちょっとせつなかったよ。Dr.トキオカの回想もね。で?来週こそ、熊さん?

■あ、そーだ。「石田彰攻め推進委員会」なのですけれど。ちょこちょこ、御賛同のメールをちょうだいしておりますが、その中で。「一番好きなキャラ(BL)」という項目を拝見すると、確かに千堂が一番多いんですよ。でも、これは予想の範疇というか、ま、そうだろうなあ、ということは予測できたわけで。びっくりしているのは、白鳳の多さです。普通にアンケートの対象として考えたら、ありえない(←なんか失礼)と思うんですよ。いや、白鳳がどうこう、と言うわけじゃなく、例えば、綾瀬とかキラとかがもっといてもいいかな、とか。しかし、さすがに攻め推奨、よく考えたら尤もなのですが。三洲が多い、というのも、特徴らしい特徴かな、と。なんか、いいなあ、マニアックで。(笑)


↑エンピツ投票ボタン(絡みはないけどね)

■2/19、2/20の日記を埋めています。
|| 2004年03月01日(月) 瀬戸口隆之に右往左往日記 ||


■パクリました、すみません。↑↑

ということで、現在、ウチのデスクトップはこんな状態↓↓になっております。


こんなグッチに迎えられたら、死んでもいいです。意味も無く、エプロン姿の彼の周りをうろうろします。時たま、背後から「ぎゅー」ってします。ワールドタイムゲートを越える覚悟です。
えださん、ありがとうございました。(私信)

■以前も何度か触れたと思うが、サイトの「ダンス・ドール」というタイトルは、もちろん、「ガンパレード・マーチ」のOVERSシステムから拝借した。キッドが「あの人」と約束を交わした、あの世界の名だ。
私は「せつなさ」に弱い。そういった意味で、彼ほど私を「せつなくさせた」キャラクターはいないだろう。
できることなら、第5世界2003年4月11日にスリップして、亡き壬生屋を想ながら
「いつまでも俺を追いかけていればいいのに。」
という台詞を宣う瀬戸口を後ろから撲殺します。だって、せつなくて私の方が死にそうだから。

私にとって瀬戸口隆之は、すべての媒体の中で、最も愛して止まないキャラクター第1位。これは未来永劫。ちなみに、第2位はヒムロッチ、3位が青の厚志とマリオン・リムスタイン。

■なんだか、急に「ガンパレ」やりたくなりました。最近全然プレイしていないし。たまに起動させれば、ついつい靴下とか狩っちゃうし。←タイガー大好き
そう言えば、瀬戸口日記もまったく更新していないなあ。久しぶりにプレイしてみようか。

■大峰ショ○コさんの瀬戸口が大好物です。(結局そっちですか・・)
でも、私的には遠坂×瀬戸口。←シナリオ3(英雄幻想)の未来編を読んでから
だって、全世界の、全時代の遠坂が、ののちゃんとおそろいのリボンで髪を結んだ遠坂が、瀬戸口を何度も何度も呼ぶんですよ?あの声で。鳥肌が立ちます。
そのうち、思い出したかのようにSSを書き始めることと思います。誰がなんと言おうと、瀬戸口には受けてもらいます
ネタはあるんだけどな〜


↑エンピツ投票ボタン(そういうゲームじゃありません)

■2/18の日記を埋めています。

■Kちゃんに「ガンパレ」の同人誌、借りっぱだった・・←今思い出した

過去 / 目次 / 未来 / ダンスドール

my enpitu
* re access *
-5月のスペシャルサンクス-
第1位: into DEPTHS さま
第2位: C2Warehouse さま
第3位: 彩チャイナ さま