さらすな日記
目次過去未来


2017年09月14日(木) 嫁姑問題の本質

嫁は舅や姑の扶養の義務がないということをみんなが知れば、
世に嫁姑問題といわれている問題はなくなると思う。
それと同居しないこと。
同居しなければ暮らせないということが問題なのです。
問題ごとに何が問題なのか考えればほんとうのことがわかる。


親に経済力がなく、息子も別居で経済支援するのが難しい場合、
同居で面倒を守る場合、多くは息子の連れ合いに負担がかかり、
お年寄り側に当たり前感があれば何かと不満がたまる。
これは嫁姑問題でなく親の経済問題なのです。


夫の両親と同居して、義父母の世話をする事お嫁さんにとって別に嫌なことでも普通ないんです。
ただそれ場当たり前、義務だと思われることが嫌なのです。
家の嫁はこの家に尽くすべきだの、実の両親にも自由に会えない等、
自分の親の老後を世話するなんてとんでもないこと等が嫌なのです。


もう一つ言わねばなりません。
息子に世話にならなければ暮らせない老親のやりきれなさです。
経済力がなくて息子夫婦の世話に心ならずもなる場合、
ありがたい気持ちはあるが心の内では世話になりたくない気持ちが、
感謝の言葉にもならず態度にも表せない、ということです。
無神経な親とは違うのです。


ミゾイキクコ


ツギハギ |MAILHomePage

My追加