Allyssa
Dad
人気ブログランキングへ



 映画モンスターズ・インクは反原発映画だった


モンスターズ・インク

↑何気に何度観ても緩急のバランスの取れたワクワクドキドキ、感涙必至。個人的にもベストに入る完成度の作品。作品購入したいという方はこちらをクリック



土曜日の晩、奥さんの内職を手伝っていたりして眠るのが遅くなったのですが、朝、早く起きて家族でコストコへ飲料水の買い込みに。昼食を早めに食べて結構、朝早く活動したので時間が出来たので「モンスターズ・インク」を家族で観ることに。

幼い頃は娘さん、興味が無くて観ていませんでしたが「観る」と。けど、結局、カメレオントカゲの怪物ランドールが現れると怖がって泣きそうになる始末。

この映画はほとんどの人が観たと思うので説明は割愛しますが主役のコンビの二人のサリー(サリバン)の声を石ちゃんこと石塚英彦さん、マイクは爆笑問題の田中裕二さんというキャスティングで、これがまた二人とも完璧にハマってて当時は意外な声優当てに驚いたっす。けど、オリジナルの字幕の声も捨てがたく、サリーがジョン・グッドマン、マイクがビリー・クリスタル、ランドールがスティーブ・ブシェミ、セリアがジェニファー・ティリー(笑)という豪華過ぎる配役だ。



けど、パパ、日曜日にこれを観て今更になって、とんでもないメッセージがあったことに気付いて驚いた。


この映画ってエネルギーを安定供給するための発電会社が舞台となった反原子力発電所映画だったのか(汗)


モンスターの世界では人間の子供を怖がらせて恐怖心や叫びをエネルギーに変換して発電を行う「Monsters inc.」(モンスターズ株式会社)として貰う。そのため、世界中のクローゼットの扉を通して人間界にモンスターが行って、子供達を怖がらせ、それをエネルギーにして街に電気を送電している。そのなかで発電量の成績トップの心優しいモンスターのサリーと、地位を卑劣な手段で成績を奪おうとするランドールとの社内抗争(笑)になるというのが背景にあるのですが、話の流れは人間の子供がモンスターの世界に入ってきてしまって、さあ、大変というのが大まかな話の流れです。

このモンスターの世界は人間の子供はおろか所持品(玩具や靴下)などが汚染物質扱いであり、それらが持ち込まれると焼却、除染が行われる。そういう事態が発生するたびにCDAなる、まるで放射能防護服を頭からすっぽり着込んだ部隊がやってきて包囲、隔離、除染する場面が出てくる。その部隊の検査などで発電所の生産が邪魔されて生産量が落ちて経営者のウォーターヌースが嘆いたりという場面もある。

また劇中で出てくる新聞紙に発電量が落ちたためBLACKOUT(大規模停電)の危険性の警告など、まるで今の日本みたいだ。


つまり、エネルギー獲得のために(モンスターにとって)危険な媒体と接しなければいけないという何やらタイムリーな話題が、この作品のキーとなる。挙句の果てにブー(あだ名)という人間の子供がモンスターの世界に入り込んでしまい、会社、ランドール、CDAに睨まれながら、サリーとマイクが奔走するのだ。


いろいろ書くとネタバレになりそうなので書けないが、安定したエネルギー供給の為に違法に手段を選ばない描写、そして、ラストのクリーンエネルギーの発見と使用の流れなど本当にPIXARは神々しいレベルの物語を描くので凄いと再認識した。


公開当時はこの映画をぼんやりと観て反原発というメッセージ性は感じ取れなかったが、今の日本の民法で果たして、これを放送できるかな?(汗)

まあ、娯楽作品として観ても凄い良い泣ける作品なんですけどね、また小技が効いてて、例えばブーの部屋に後の「ファインディング・ニモ」の玩具があったり、エンドロールにはCGアニメーションではありえないNG集があったりするので超面白い。子供も観られる内容ですし。






↑(押すと文章の続きが見られます)

My追加



なんと2012年11月に「モンスターズ・インク」の続編が公開されるそうです。今度は「Monster's University」というマイクとサリーが学生時代の頃のお話だそうで。






ついでに引き続き、007の「ワールド・イズ・ノット・イナフ」を観たが、この映画、銃撃戦でも血が出てこないことに気付いた。ハリウッド資本入ったのって、この時期だっけ?おかげで娘さんも普通に観てたよ(観せるなよって、親の俺!!)

人気ブログランキングへ

2011年07月03日(日)
初日 最新 目次 MAIL


My追加

爽快ドラッグ

クリスタルガイザー(500mL*48本入)

クリスタルガイザー(500mL*48本入)

1,298円1,248円

(2011/09/13 02:08 時点の価格)

クリスタルガイザー(Crystal Geyser)の一覧はこちら

DMM.com DVD通販