2018年10月09日(火)   恋の門 

息子が不在にてなんとなく自由。夕飯は蛤うどんやお惣菜の残り物。娘を塾へ送ってしまうと家で妙に時間を持て余し、同僚に借りっぱなしの『恋の門』を読むことができた。ずっと最終巻を残しておいたのだが本日とうとう読了。最終巻、強烈だった。これどんな映画になったんだろう。


Mail pastDiary IndexHome