えびたま

2019年10月21日(月) 叫んでても口は閉じてた

明け方、こんな夢を見てた。

男女4人ほどのグループを、わたしは傍観していて
彼らの関係性がいい具合に煮詰まっていくと
やがて「からすま」という言葉が現れ
それを誰かが口にする、もしくは知ってしまうと
その中の一人の女の子の姿が見えなくなり
他の3人は彼女の存在を忘れてしまう。
かつ、彼女も彼らのことを忘れてしまう。

そしてまた4人は出会い、1から関係を築いていく。
しかし、また誰かが「からすま」を口にし
関係が消滅する。
それを延々と繰り返すのだ。

わたしは彼らに直接関わらないのに
「からすま」で壊れる瞬間が、限りなく哀し。
もう5、6度目かの「からすま」での崩壊で
わたしが悲鳴をあげた時、
大典とミニ典のめざましが一気に鳴った。



2019年10月20日(日) ミニ典は漫画を読んで大人しく

「ラーメン大好き小池さんを観に行くよ」と
ミニ典を騙して、仙台駅前に行く。
共産党の小池さんの演説会なのだ。

ミニ典はもちろん興味ないが、
漫画を持って行ったので、演説の間中大人しくしてた。
ペデストリアンデッキの上で、しゃがんで読んでた。
お蔭でわたしも大典も、ゆっくり演説が聞けた。

最低賃金とか、消費税とか、
生活に直結することをわかりやすく話されているけど
往来していた若い人たちは聞いていただろか。
わたしが今20代だったとして、40代である自分と同じくらい
危機感が持てるだろかと思ったりするけど
共産党とか、れいわ新選組の演説は
若い人たちにこそ聞いてほし。

帰り道、共産党の選挙カーが通ったので手を振った。
ミニ典が、「ちょっと恥ずかしい」と言ってた。

夕方からまた選挙カーのアナウンス。
わたしが車酔いしたことで、事務所の皆さんを騒がせて
しまったよで、ドライバーさんが変わっていた。
なんだか申し訳ない。
2時間乗って、今日は全く車酔いせず。
ベテランドライバーさんらしく、アナウンスも仕切ってくれた。
念のため、車酔いに効く漢方(五苓散)も飲んでたし。

まかないが出るのが恒例で、昨日はカレーだった。
昼が遅かったのにカレー食べたので、満腹すぎたのも
車酔いの一因ではと思い、今日はいただかずに乗った。
戻って他の人が食べてたまかないを見たら、
ハンバーグ。うまそうだった。残念。
もらって帰ればよかった。



2019年10月19日(土) 選挙カーにて白神山地以来の車酔い

新幹線に雨の影響は全くなく、
滞りなく仕事にいけた。
そんで多分、土曜にしては混んでて
ヘロヘロになっておうちに戻り
昼寝でもしよと思ってたのだけど
あっという間に出かける時間になった。

宮城県議選、共産党の選挙カーでアナウンス。
先月の市議選で、2回ほどやったので
なんとなくゆるく構えてたのだけど
今日のドライバーさんの運転と相性が合わず
乗って5分ほどで車酔いしてしまった。
先月乗った時は、一度も酔わなかったのに。
ドライバーさん、年齢のために夜の運転が苦手になったと
おっしゃっていた。
しかも雨で道路がチラチラ光るし
回った地域も、高低差が多く、入り組んでて
いろいろ条件が悪かったのだと思う。
わたしも若干疲れていたし。

もう一人のアナウンスの方が喋り始めたので
窓開けて手を振り始めたら、痺れていることに気づいた。
足も。
もう一回り、我慢してアナウンスしたが、
1時間ほど経ったところで、「車を降りたい」と頼み
外に出て蹲ったら、目の前がチラチラしてきた。
過呼吸を起こしてたみたい。

そこで、もう一人のアナウンスの方が事務所に連絡してくれて
わたしはそこでリタイア。お迎えに来てもらうことになった。
(しかも市議の方が迎えに来てくれた)
途中、傘を取りに事務所に寄ったが、みなさん心配してくれて
なんだか申し訳ない。
おうちまで送ってもらった。
昨日に続き、早々にお布団に吸い込まれた。



2019年10月18日(金) 週末の度に新幹線の心配している

今日こそほうじ茶を買わねばと思い
仕事帰りに駅ビルでお茶を買い
週末のパンを買う。

金曜日から
ドラえもんとクレヨンしんちゃんがいなくなり、
ミニ典の金曜日のモチベーションが変わった。
観なきゃいけないテレビがあると、
まず夕飯が進まないので、わたしらも困っていたが
とりあえず、その時間がフリーになると
夕飯はまずまず進むし、食後も、大好きな折り紙か
漫画を読んで時間がつぶれる。

お風呂が沸いたら、折り紙で作った船を浮かべたくて
自発的にハダカになった。
わたしがお風呂に入れるはずだったが、異常に疲れてて
早々にお布団へ吸い込まれてしまったので
大典が代わりに入れてくれた。



2019年10月17日(木) 空腹で頭痛は起きるのか

健診のために、朝食抜きで出勤。
職場には寄らず、直接病院へ。
胸部X線を待っているくらいに気付いたけど
なんだか頭痛がしている。

1時間ほどで健診を終えて、向かいの職場に出勤し
ロッカールームで、買っておいたクリーム玄米ブランを
コーヒーで流し込み、業務に合流。
昼休憩くらいに、頭痛が治まらないことに気づいた。
あれ、これは空腹が原因じゃないな、と。

最近、生理の終わりかけに生理痛が起こることがある。
これもそなのかもと、鎮痛剤を飲んだら、
午後は快適に働けた。
終わりかけの生理痛って意味がわからない。

帰りの新幹線で、シートにスマホを落としたことに気づき
慌てて戻った。
降りてすぐ気づいたけど焦ったー。



2019年10月16日(水) 動物園でミニ典は動物を観ない

2年前に和吉じいちゃんが結核で亡くなって
その置き土産と言ってはじいちゃんに悪いけど
(1回目と同じ腕にツベルクリンの注射を打ったDr.のせい)
ミニ典、やっと最後のX線検査。
最後の聴診で、自慢の双眼鏡を褒められ
写真はもちろん異常なく、あっさり終了。

そのままの足で、八木山動物園へ。
ここ1年、保育園の遠足も含めて3回ほど行っている。
そんなにミニ典が気に入ってるとは思ってなかった。

まずは腹ごしらえで、園内のレストラン。
レモンクリームのパスタに入っていた葉っぱが嫌だけど
デザートにヤギさんのチョコパフェが食べたいというので
葉っぱだけは完食するなら追加してやると言うと
本当に根性で葉っぱだけは食べた。
パスタは1/3ほど残した。
そのほかにイチゴミルクも飲んで、
かなり満腹の状態で園内を巡ることに。

そのためか、いろんなことに気が散って
大して動物を見てないミニ典。
どの動物も、チラッと姿が見えると満足して
すぐに次へと移動してしまう。
母ちゃんはもちょっと見たいのに。

猿山では、子供用の踏み台で隣り合った子に話しかけるミニ典。
ここに限らず、近くにいる子どもに、割と気さくに
話しかけるも、大抵の子は訝しげに黙ってしまう。
見かねてその子のお父さんかお母さんが答えたりしてた。
距離感ない子で、まずわたしが驚いた。放っといたけど。

わたしも眠くなったのと、頭痛がしてきたために
閉園までは我慢したものの
最後は急ぎ足で園を出た。
ミニ典は、帰りの地下鉄とバスですっかり眠りこけた。



2019年10月15日(火) 脚の浮腫みヒドイ

おろシェが終わり、現実に戻る。
急に明後日、健康診断を受けることになり
今月末は胃カメラだ。
午前中が忙し職場なので、健診は午後に設定して
もらったはずなのに
問診票と一緒にもらった紙を見たら午前になってた。

事務長さんに言おにも、なんか会議で出かけてて
薬局長に話したら、病院に電話してくれたのだけど
なんかラチがあかなかったみたい。
明日はわたしは休暇なので、
「連絡します…」と、残念そな声で言われた。

なんとはなしの罪悪感を抱えて帰宅。
靴下脱いだら、脚が長靴履いてるみたいなかたちに
浮腫んでて驚いた。



2019年10月14日(月) ミニ典の物怖じしなさは誰に似たのだ

おろシェのいよいよ本番。
だけど、夕方の最後のプログラムなので
それまでは目一杯観劇。
午前中からコメディアス、くによし組、
お昼過ぎにコマイぬ
おやつの時間から東京夜光、そしてくによし組再び。

どれも面白かった。
特にくによし組さん、
それぞれが抱える「依存」を
それぞれの理由で捨てなければいけなくなり
それぞれ「普通」になる。
それなりに幸せにはなるが、つまらないのだ。
生きづらさがテーマとは思うが、
つねづね「普通が敵だ!!」と思っているココロの中を
見透かされた気分。

うちの無国籍とカップリングされたのは
真田鰯くんの「パッヘルベルのカノン」
内容もリンクするところがあり、この組み合わせは
運命的ではないだろかと思うくらい。
鰯くんの演じる老人が、一人毒づくお芝居なのだけど
それが、差別的でありつつ、自分にも毒づき
相席の話し相手にも毒づき、とにかく怒りで溢れている。
外国人ヘイトとか、日本の過去の罪とか、
ああ、同じよなこと考えてるな、と思う。
たった一人の空間の支配力が素晴らしかった。

打ち上げにも参加。
ミニ典がいろんな人に構われて、しかも
本人も嫌がらず、平気で打ち上げに参加している。
ミニ典をダシに色んな人たちとお話しできた。
乳幼児向けの劇団をイタリアから招聘するという
愛媛の劇場の方のお話が面白かった。

普段は大阪で活動しているMちゃんにも会えたし
ご近所に住んでいることがわかったRさんらと
飲み会のお話もできたし(未定)、今回もとても楽しかった。
プロデューサーの赤羽さんは、台風の上陸で
かなり苦渋の決断を迫られたと思う。
公演が1回になってしまったのは残念だけど
参加できて本当に良かった。
来年もまた、開催してください!!



2019年10月13日(日) 玄関の外の傘は飛ばされずにあった

夕べは風の音がものすごく、なかなか寝付けなかった。
ので、2時ごろ思い切って起きちゃう。
ものすごい風の音を聴きつつ、
ネットで被害状況などを調べてた。
その間、携帯にピロンピロンとアラートが入る。
宮城だけではなく、岩手の実家もエリアに入れてるので
なんだか頻繁だ。

3時ごろ、高熱のまま寝付いた大典が生きていることを確かめて
なんとなく就寝。気づくと
外の風の音はだいぶ治まっていた。

台風一過。
大典は頭痛を残して解熱。
いつもの日曜日の掃除洗濯をして午前中を過ごし
買いすぎたパンを消費するために
朝昼とパンを食べる。
金曜日に週末のパンを買い忘れたので、
土曜の仕事帰りに買って帰ったら、大典も近くのスーパーで
買ってしまっていたのだ。

昼寝して夕方おろシェへ。
「SENDAI SHORT STORIES」を観る。
せんだい短編戯曲賞を受賞した作家さんたちから
30分ほどの短編を提供してもらい
短距離男道ミサイルが上演する。
9作品もあり、そのうちの3作品。中村大地くんの演出作品。
どれも面白かった。
大都市が女性専用都市になってしまったディストピア、
月の上のクレーターの2つの都市が舞台のお話、
城崎温泉で大正時代に起こった地震でのある女性の話。
他の作品も観たいけど、自分とこの上演の都合上
うまくいってあと3作品が限度だ。

今日、もう一つ観られそなプログラムもあったが
満席で断念。トボトボ帰る。

明日、無国籍は初日千秋楽。
よろしくお願いします。



2019年10月12日(土) あらしのよるに大典発熱

午前中は仕事があり、昼過ぎから計画運休の
新幹線で帰って来られるのか慄きつつ出勤。
職場の方々のご厚意で、上りの最終便(12:09)で
無事仙台に帰って来られた。

おうちに戻りさあ、おろシェはどなるのかと
劇団員の皆とLINEしながら
外の様子を気にしていたら、14時過ぎに主催の方から
夕方以降の演目の中止する旨の連絡が来た。
だよねー。

夕べ万一に備えて大典に、
慌てて映像出しの引き継ぎをしてた。
どっちみちやらずに済んだけど、もーこーなったら、
わたしは客席で観て、そのまま大典に映像をやってもらおかしら
なんて甘いことを考えてたら
夕方ごろに大典発熱。
他の症状はなく、とにかく発熱のみ。怖い。
こないだミニ典も発熱してたけど、同じ感染?

大典を大きなお布団に残して
わたしとミニ典は書斎で寝ることに。
リビングはガラスが立派なのと、
ベランダがある分、雨風の音があまりしないが
書斎は割と外の音がダイレクトに聞こえ、ミニ典が怖がる。
寝る前だが、何か音をさせておこと
ウルトラマンタイガの動画配信を流している。


 < 過去  INDEX  


くにひた [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加