ケイケイの映画日記
目次過去


2020年09月22日(火) 「窮鼠はチーズの夢を見る」




男性の同性愛を描いて、狂おしく官能的、辛くて甘美な作品です。現役ジャニーズの大倉忠義が、全裸のファックシーンに臨み、お尻まで見せちゃうので、びっくりしちゃった。監督は行定勲。

エリートサラリーマンの恭一(大倉忠義)。ある日、大学の後輩の今ヶ瀬(成田凌)に再会します。今ヶ瀬は探偵をしており、恭一の妻から浮気に関して調査して欲しいと雇われたと告げます。証拠を隠して欲しいと頼む恭一に、今ヶ瀬は学生時代から好きだったと告白。口止め料の代わりに、関係を迫ります。

成田凌って、こんなにお芝居上手だっけ?と、感嘆するほど上手い!その乙女っぷりたるや、恍惚としてしまう程。そしてその中に、ちゃんと男の情念も燃え盛っているんだなぁ、これが。あのくるんくるんの睫毛、パーマしたのかしら?

対する大倉は、当初演技が浅く、主演同士がこれ程演技力に差があって、大丈夫か?と危惧しました。だってクズだけど魅惑的なはずが、クズしか浮かび上がっておらん(笑)。難役ですが、それは成田凌とて同じはず。大倉って、若い頃の美輪様=◎丸山明宏に似てるよなーと、半分くらいまで、そればっかり思っていました(笑)。中盤からは持ち直し、ホッと致しました。

恭一の妻が、遅くにお風呂に入っていて、恭一に裸を見られると狼狽している。浮気して帰ってきた恭一が、「俺も入ろうかな」と言うと、「すぐ出るね」と言うのよね、まだ新婚に近い若夫婦なのに。あー、他の男に抱かれた後なんだと、私でも気づくんだ。でもこのバカ夫は、自分の浮気の気配を消すことに必死で気づかない。なので、男がいると告白する妻が、「気が付かなかった?何でも私の好きでいいよって、私に決めさせて。そういうの、気持ち悪い」と言う感情が、凄く良く理解出来ました。

この流れ、すごく良かった。恭一は冒頭、妻を大事にしたいと言っています。なのに「セカンドでいいから」と妻以外の女性から迫られて、あっさり関係を持っています。要するに、妻を大事にする夫で有る自分が好きなんでしょう。
そこには妻への想いはなく、愛なんかないわけ。

恭一は、情けないほど来るもの拒まずの男。なので弱みを握られているとは言え、ストレートなのに同性でも陥落させられる様子は、無理がありません。そして自分に向ける、今ヶ瀬のひたむきな愛情。IKKOが、長年のパートナーだった男性はゲイではなく、ストレートだったとか。「その人にゲイになって貰うのじゃなく、私の事を好きになって貰うのに、三年かかった」と言う話を思い出しました。

段々に女性といるより、今ヶ瀬といる方がリラックスする恭一。それでもスマホをチェックし、少しの事にも悋気を爆発させる今ヶ瀬。わかるなぁ。だって男なんだもん、自分は。いつ女性に取られるか、気が気ではなかったはず。恭一が「俺は楽しかったんだよ。でもあいつは、ずっと辛かったと思う」と言う言葉が、恭一から出てきた時は、嬉しかったな。

「あなたと居ると辛すぎる。でもあなた無しでは生きられない」と言うキャッチコピーは、トリュフォーの「隣の女」でしたが、これを思い出しました。今ヶ瀬は、恭一が性的にだらしないクズだと解った上で、愛しています。「好みとか、そんなのどうでもいいんですよ。好きになったら関係ない」。これは私も若い頃から、ずっと思っている事です。

別れと寄りを戻すを繰り返し、腐れ縁のようになる二人。そこへ魅力的な女性や男性が入り込む。恭一がゲイの人たちの集まるバーに一人で行き、泣きながらすぐ出るシーンがとても切ない。恭一はゲイになったのではなく、今ヶ瀬を好きになったんですね。それをまざまざと自覚したから、泣いたのね。

女は来るもの拒まずだった恭一が、今度は今ヶ瀬を待つため、拒むのです。これを成長と言わずに何と言おうか。恭一に、本当の愛を教えてくれたのが、たまたま同性の今ヶ瀬だっただけです。

これも大昔読んだ記述ですが、作家の佐藤愛子が、「本当に大好きな人がいて、毎日辛くて、その人が死んでくれないかと思った」と書いてありました。きっと今ヶ瀬の心境はこれなのでしょう。ひとめ惚れから10年近く、さぞ切ない恋だったことでしょう。

と言う事で、何度かおばさんのアタクシも、切ない涙を流しました。場内はもう老若の女子ばっか!主演の二人のファンと言うより、原作ファン、BLファンなのかと思います。私の年代は思春期に、「風と木の唄」や「ポーの一族」、若い頃は「モーリス」等、一連の英国美青年ブームを経験しているのでね、すんなり作品の世界観に入って行けました。男性の感想が聞いてみたい作品です。


ケイケイ |MAILHomePage