+女 MEIKI 息+
DiaryINDEX過去のことさ


2006年10月09日(月) ダラ文


 「書いてよ」と言ってもらえる。
 そうだよね。
 それがいつになるかわからないけど、後で読み返して「あの時、こう思ったんだったっけ」って思いだせるキッカケになるようなものがあるのも、またいいかもしれないね。
 それがもう二度とサイトも開かなければ、七虹という言葉さけ聴きたくもない展開になったとしても、そんな時期もとっくに過ぎて感情さえ薄れてしまったとしても、どこかに証があるのもいいかもしれないね。




 そうは言っても、自分では滅多に読み返すことなんて無いんだ。
 それは書いている途中も、アップする段階になっても、アップした後でさえ殆ど無い。だからその時に思ったことの半分も、いやいやもしかすると思ったこととは全く違う方向の流れになっているのかさえも、確かめずに垂れ流し続けている。
 それこそ初歩的なミスの誤字脱字だってそのまま晒してしまってる。
 もしかするとそういうのは読んでくれている人に、とっても失礼な態度なのかもしれないけど、読むor読まないもサイトを開いた人が決めることだから「まっいいっか」で済ませてしまってる。
 どうしても読んで欲しいんだよ!な文章だったら、もう少し真面目な構えで書き出すのかな。
 ほら、社内報を書かなくちゃいけない状況みたいに、中らず障らずな文章でいながら最後のほうにチラッとだけその時の報告を書き出すみたいにさ。




 この間、友だちがこんな話をしたよ。

 喫茶店に毛の生えたようなカフェバーで。
 サッカーの試合時は大画面でそれを流し、普段は洋画を流しているスクリーンに、その時はTV番組が流れていた。
 進行役の女性キャスター、脇にはナンチャラ評論家が居て、インターネットについて語っている番組だった。

『インターネットに個人サイトを開設して、そのコンテンツのひとつに「日記」を置いている人の数の多いこと。最近では難しい知識も必要とせずに、無料でblogというものも作れる簡単さから、日々書き綴る「日記」をネットで公開している人口も凄い数でに増えている』なんていう話しだった。

 それを観ていた友だちが「不特定多数の人に向かって個人の日記を晒すのって、どんな感情からなんだろう?昼間は真面目な人を装っているけれど、本心はこんなにもドロドロしているんだよ。そんな一面を誰か−それは身近な知人じゃなくて−に知って欲しいとか、理解されたいとか、その部分で共感を得たいからとか、対リアルとしてじゃない不明な部分で誰かと繋がっていたいからとか、そんな気持ちからなのかな?」って訊いてきた。
 そう訊かれても、正直わたしには分からなかった。
 そんな難しいことを考えてたら、ダラダラと7年も8年も続けてないよとは言えなかったよ。

 でもね、友だちが言うようなことを思いながら、内容は別としても根っこにはそういう気持ちで日々書き綴っている人も居るかもしれない。きっとその人たちは、わたしとは比べ物にならないぐらいの思い入れが文にあるかもしれないって、ちょっとだけ想像してみた。

 「わたしもね、ダラ作文をやってたりするよ」と友だちに言ったのだけど「あんたみたいな面倒臭がりが、そんなことをするわけが無いじゃない。興味で始めたからって三日も続かない」と流されたよ。




 ぁ、ちょっと待った!
 こんなことを書いていてなんですが、こんなところでもわたしなりには思い入れがありますですよ、はい。


2006年09月14日(木) 黒色禁薬

 
 日付がもうグダグダ。




 暇つぶしに「ようつべ」をアレコレ。その中のBLで気に入ったのがあったので、オカマにURLを送信したら、返ってきたレスが「気持ち悪いような、美味しそうな」だった。
 何でも食っちまうのか!

 黒色禁薬さんデザインのフィギュアは要らないが、イラスト画はちょっと興味ある。

 このところペットも多忙らしい。
 元々、ココの戯言をあまり見に来てはいないらしいので書いてしまうが、ペットがたまに同じような表情をする時がある。たぶんわたしと同様に視力が悪いせいもあってか、ただボーッとしているに過ぎないのかもしれない。
 これがまた堪らん!見つけたときは、ひとりほくそ笑むのであった。
 にまぁ〜。

 BLに走っても多少許してしまおうかと脳内妄想かき立てまくって、一人悦に浸ってる頃に気付かれるのがいつものパターン。

 ボーッとしているのはペットでなく、むしろアフォ面なわたし。


2006年09月12日(火) マジプリ


 面白いのか?
 試してみなきゃ面白味が分からないし、試してみるか?
 長いことリラックマに同じ料金払っているんだから、違うものもたまには覗いてみるか。
 アニメ化になってショボくなる前に!
 なんったって、 登場キャラがそりゃもうどいつもこいつも見事なまでの「ありえねー」設定で、しかもアプリゲームだけでなく、電話もかかってくるそうで興味が倍。
 普段、何があっても耳にしないようなクサイセリフがゾワゾワと勝手に喋られてしまうなんてどんな状況なんだろう?

 などとちょっと気の迷い。

 サイトに飛んでサンプルボイスなんてものを聴いた。
 それぞれの声優の第一声前の「溜め」が、そろいも揃って萎えさせた。

 やっぱりわたしにはシュミレーションさえ向かないのか。
 (【まじぷり】ではありません)
 【マジプリ】です。


2006年09月11日(月) しだら


 「わたしは盛りのついた雌猫です」
 言葉にするとそれは更に内側から溢れてきます。
 自分の発した声を自分の耳で聴く頃は、既にわたしはあなたしか見えていません。


2006年08月23日(水) 日付は微妙


 そして教育上良くないので、ペット宅の通販雑誌は後日没収しました。
 「知りたいことがあったら、なんでもオネエサンが教えてあ・げ・る♪」
 嘘です。
 どうあっても敵わないほどソノ点にかけてはペットのほうが博識です。どこでどう学習したかはさておいて、たぶん天性の素質がソッチ方向に長けてたということにしておきます。




 「お互いのカラダをオモチャに戻さないと、愛されているのかと勘違いしちゃいそうだよ」ってな感じのことを以前書いたような気がします。気がするだけで内容がソレだったかどうかは不明です。




 こんなにも傍に居る存在でありながらそれ以上を望んだつもりではなかったのに、ふとした相手の素振りが半歩退いたように感じると、自分が踏み込み過ぎたのではないかと、そんなつもりは無かったのだと伝えたところで言い訳に過ぎないだろうし、その前に言葉すら出てこない。気付くとサラサラと周りがこぼれ落ちてわたしの位置が円錐の頂点なり、何か言葉を発した途端に零れ落ち往く砂と一緒に流れ落ちてしまいそうで立っているのが精一杯な気分になった。
 真芯に重心をおいたヤジロベイなら上手に揺れながらも立っていられるのだろう。

 この説明の付かない気分から逃れたくて、どうして投げやりな気分になるのかも分からないまま、秒針が時を刻む毎に小さな棘に刺されるような苛立ちに変わってくことだけに追い立てられて、あても無いのに外に飛び出した。
 やけに明るい月は行く道だけでなく容赦なくわたしの影を浮き立たせ独りであることを確認させる。隣に並ぶ影が何であってもそれは変わりなく、厭味なスポットライトを浴びながら街中を歩いた。
 光の交差するネオン街を抜け、次に暗い脇道に入る頃に声をかけてきた男と並んで歩いていた。
 何を話したか覚えていない。
 そもそも話しをしたのかさえ覚えてはいない。
 カーテンの隙間から射し込む夏の怠惰な朝日に嘲笑われ、結局寝付くことが出来ないまま知らない誰かのベッドで迎えた翌日。
 気楽な顔をして寝息を立てている見知らぬ人を起さないようにそっと身支度をして、テーブルに置かれた鍵で玄関のドアを閉め新聞の投函口から鍵を投げ入れ覚えのない部屋を出た。
 アパートの階段をサンダルのヒールが音を立てないように気をつけて降りた先は細い路地だった。
 左右を見てもどっちに歩き出していいのかすら分からない。
 とりあえずは眩しさに向かって歩き出す気にはなれず、陽に背を向けて大きな通りを探した。夏の陽射しはこんな早朝でさえ、爽やかさなんてこれっぽっちもない。早々に熱せられたアスファルトが毒のコールタールとなって足に絡まってくるような気がする。
 しらけた顔をした人々が鮨詰になって行過ぎる反対の電車を乗り継いだ。人もまばらな空いた車内であるのに満員のときのような強冷房に晒されて、飲み下せない感情を残し体の芯まで冷え切った。電車を降り既に熱くなった見慣れた道を歩いている間も、かく汗すら冷えているように感じながら、なんとか家に着いた。
 ドアを開け部屋に入ると、窓の締め切られ主の不在だった空間は湿気を含んで重く蒸し暑い。冷房をかけ、その場で服を脱いで浴室に入る。
 熱めのシャワーを浴びて、多めのボディソープで体の隅々までゴシゴシと洗った。
 バスタオルを巻いて濡れた髪のままベッドに体を投げ出すと、途端に眠りについた。
 捨て鉢気分は目覚めてもなお続いていた。

 好きという感情をおもてに出すのは難しい。
 押し付けてやしないか、受け入れてもらえるソレは相手のその時の気分にもよるかもしれない。
 嫌いというほうがよっぽど楽である。嫌いなモノに対して、何の遠慮も無い。誤解を受けたところで痛みはない。
 相手を思いやるなんてことは、わたしには到底無理なのだろう。わたしはわたしが可愛くて仕方ない行動しかきっととれないから。そしてそれは、時にオモチャにしないと感情の行方が自分で確認できないでいる。




 「最果て」っていうのは、どのアタリを言うのでしょう。


2006年08月16日(水) 覚書


 さて、翌日わたしの席はありました。
 しかし前日に上司が持ち帰ったはずであろうコクヨノートは再び目にすることはありませんでした。
 業務中、客先からの電話対応を済ませメモの整理をしていると「ちょっといいかな?」と声がかかりました。
 現在所属しているところ(その事業所だけなのか?)は、多忙な時期は月に1、2回ほど、通常なら週に1回ぐらいの割合で上司に呼ばれる個人面談風のミーティングがあります。
 翌週からの予定や現在の業務に関しての諸々を報告する時間なのですが、思うにそんな時間を設けるならこの山積な仕事を片付けてホントに空いた時間にオネガイしたいのが常々。
 仕方なしノート持参で別室移動。

 「仕事の調子どうでしょう?」
 「えーっと『未だ仕事に不慣れであることを恥ております』ぐらい言うといい感じでしょうか?」
 「うははは、実は来週から人が一人増えまして、全体の流れを教えてはもらえませんか?」
 「無理です」
 「そ、そんな即答で…」
 「見ればお分かりの通り(略)そんなわけで、教えるのも仕事だと仰るのも分かりますが、無理です」

 拒否するのを分かっていながら、なぜその新人の教育のことを敢えて訊ねられたのか不明のまま、結局はその教育カリキュラムの予定表を渡されました。
 そして、そこに名刺一枚。

 「入社当初に頂いております」
 「いやいや、以前に渡した名刺にはこのアドレスは記されてないモノです。ここに書かれているメールアドレスに送信してもらえればワタシだけが開けるメールですので、交換日記の件はこちらにオネガイできたらと」
 「はあ。わたしは社内LANで使用しているメールでのヤリトリで構いません。他の方に閲覧されてもとくに問題はありません」
 「それだと、後で支障があると思うので」
 「仰る意図が理解できないことばかりで申し訳ありませんが、メールでのヤリトリも仕事のうちという指示であるなら自宅より設定いたします」

 社内で活用しているネット環境はセキュリティーがキツキツ状態で、何かと面倒と感じます。仕方なし自宅に戻ってYahooのフリメを取り携帯から送受信の設定をしました。
 さりとて書く内容なぞ何もないのです。




 ふと時間の空いた休日。
 それも当初より予定されていたものでなく突発的な休日。
 このところご無沙汰していた某夫人に連絡を取ってみました。
 メールすれど返信なし。
 この時期も多忙なんだろうなと気分を改めて他の溜まっている用事を済ませようと腰を上げてバタバタとし始めているその最中にメールが返ってきました。
 なるほど、不携帯電話といういつものパターン。
 「残念だね あと1時間早ければ」という状況をメールで伝えたはいいけれど、どうも詳細を携帯メールに打つのが面倒。そのままコールしてウダウダと話しこみ、結局は(昨日)会えることになりました。
 1年ぶりに会う彼女は相変らずアジアの売人っぽさには変わりはなく、そういう意味では「何より♪」と嬉しいものも感じて帰ってきました。
 散々あれこれと話したツモリでも、きっと明日また会えることがあれば、同じような調子でウダウダと会話が弾むのだろうと思わせてくれる某夫人はやっぱり素敵です。
 出合った当初(さてイツのことやらではありますが)に比べればお互いの生活環境にも随分と変化はあったけれど、物事に関する価値観や感じ方もきっと違うであろうと思うし、例え共通の感情が湧く事柄があったとしても、きっと彼女なりの言葉で表現してくれるだろうと、それがまた楽しみでもあるし興味が尽きない理由でもあります。
 なんてことを書いたり、分析したりすることは彼女が一番嫌がることのようなので、取り敢えずはこの辺りで。
 楽しい時間を過ごすことが出来ました。




 【アタマダイジョウブ】に読めてしまったSEAMOの【マタアイマショウ】




 先日、わたしの可愛いペットの自宅のポストに通販雑誌が投函されていました。
 お金を払って購読している方には、羨ましい限りの『口技・舌技・胸技・手技・足技・腰技・尻技・・・淫技を極めた女たちが競って参戦/こだわりヌいた22店舗が協賛!!』なんていうタイトルが飛び交い、女の子の顔写真入りの風俗店の紹介雑誌。
 もちろん表紙からガッツリ見て「あらま、この店まだやってるんだぁ」とか「ここは店名だけ変えているけど在籍の子は変わらないわねぇ」とか「これだけのカラーページのスペースを取ってるから随分と金かけてる店なのね」と、オバチャンになりきって見てきました。
 心残りなのは持ち帰ってこなかったこと。
 今頃、可愛いペットがデリバリしてなきゃいいけれど。




2006年08月07日(月) 爬虫類


 今どきこんなベタなキャラ珍しい、いかにも勉強大好き学級委員風の髪を染めるなんてとんでもないオサゲ髪でメガネっ娘のハシリっぽい女子高生やら、ヤることはヤってんだろうにマリア様かよ!のような人妻やらが、周りからの彼女らを思う想像とは全く違ったエロエロな妄想を抱き常々「この熱いカラダをどうしよう?」な、太もも強調の羽中ルイではない。

 すいませんイミフな文章、いつものことです。

 やっと休日に晴れたー!って程の晴れた天気ではなかったけれど、小雨の続く天気からやっと開放の休日で、朝から溜まりに溜まった洗濯物と格闘をしました。
 それでも干す場所もハンガーもなくなって、片付けきれないブ厚いバスタオルを数枚残してしまった、無念じゃ。
 相変らず気温よりも湿度が高いように感じるまだ梅雨明け宣言のないジットリな休日、蒸し蒸しベタベタ。
 タオルを首に巻いて、野良仕事に精を出すオバチャンよろしく頑張りました。汗がダラダラ出まくりで、もうこれで終わりと洗濯機周辺を片付けた途端に風呂場に直行!汗を流しました。
 「あー♪サッパリ」
 そして、ヤボ用を済ますべく外出。
 蒸し蒸しベタベタ再来。
 「また汗だらけになるのかよぅ」と思っていたけれど、汗が思ったよりは出ませんでした。代わりにガッツリ熱出しちゃいました。
 めまいがしたので、慌てて家に帰り冷却。

 アタマが割れたと思う程に痛かったのです。
 孫悟空が三蔵に頭に金の輪っかをギリギリされてる感じってこんなのかしら?的な痛さでした。アレってば絶対に気付かないところで少し割れてたと思います。
 デコに冷えピタして、ヒーヒーフー。
 鎮痛剤ポリポリして、ヒーヒーフー。
 水をガブガブ飲んで、ヒーヒーブー。

 暑くても汗が出ないで熱が出ちまって、寒ければ寒いで動きが鈍くなるのって、今まで気付かなかっただけで、もしかするとわたしは爬虫類かもしれません。




 と、いうのは梅雨も開け切らない7月最後の土曜日のことでした。



 「なー、みさこサンよ、あたしゃ昼飯くったかい?」
 バーチャンのように段々と覚書になっていくココですが、いいんです!元々そんな場所ですから(ヨヨヨ)




 ラーメン屋にて、ラーメンが運ばれてくる間に『エンジェル・レイヤー』をみました。
 「けっ、なんだぁ?この絵は」と手にとってはみたけど戻すのも他の本を選ぶもの面倒でパラパラとめくっている間にラーメンが運ばれてきて、食べながらの斜め読み(漫画でも斜め読みって言うのかどうか)結局、食べ終わるまでそのまま読み続け今じゃ続きが見たい所存です。




 録画するほどでもないけれど、起きていればつい観てしまうアニメ『ARIA』が、このところ全く観れてません。
 なんていうかアレです。
 月のお小遣いが幾らと決められていた小学生の頃に「リボン」を買おうか「なかよし」にしようかとアレコレ迷ってやっぱり続きが読みたいのと付録の豪華さで毎月リボンを購入して、能天気なホノボノ連載漫画にご満悦だった頃の匂いがします。
 ハラハラ&ドキドキましてやドロドロもなく、切なさもキラキラもさほどなく、ウキウキすらない、タダひたすらのノホホンです。
 ところが、この手のアニメを深夜に放映するってことは、やっぱり対象年齢はガキではないのでしょうね。

 そういえば、私立リリアン女学院云々も結局全部は観きれてなかったなあ。

 漫画やアニメは好きだけれど、なにかと話題に上がる場所に出くわすと途端に敷居が高くなるように感じます。
 エロ事はスキだけど、その手の話しになると引いてしまう感覚に似てる?似てないよね。




 通勤というものに未だ体が慣れてきません。
 思い返せば、ん年前まではこんなヤツでも、会社勤めってものもしてたような記憶がうっすらあります。うっすら程度なので思い違いかもしれません。

 客先はもちろんのこと、他営業所からの電話での問い合わせにも、物怖じせずに返答が出来るようにはなりました。
 当初、言葉遣いが丁寧だと褒められたこともあったはずです。
 ところが今では、会ったこともない野郎から「姐さん」呼ばわれされています。何か間違っています。
 先日、監査役のお偉いさんがやってきました。
「ああ、キミがアノ(略)」
 アノってなんですか?
 アノの後に続く言葉は濁さないでください。

 そんな環境ですが、今のところは行っています。

 先週、直属の上司(♂)が、交換日記をしようと持ちかけてきました。
 なんでも仕事への些細な質問事項や、職場への不明(不満)な点、はたまた仕事以外での日記でも構わないから、記したものを交代に書くのはどうかと言われました。
 そんな面倒なことをするよりも、日々思うことを知りたいなら、ここのサイトのURLでも教えようかと一瞬の気の迷い。
 チマチマと日々思ったことを垂れ流すこの環境すら維持出来ていないのに、何を強制拷問させようっていうのでしょう。

 そして今日、早速コクヨのノートを渡されて…
 イマドキテガキカヨ!

 『わたくしの作文をタダで読みたいなんて百万年早くてよ!』一行をシャレで書いて続きは後にしようと机に放置してたところ、わたしの離席中に本社にて会議があると彼はそのノートを持って退社したのでした。

 交換日記と言い出した上司が、明日それに対してどんなレスが書かれているのか気になるところですが、一番気になるのは明日からのわたしの席があるのでしょうか。




 野生の蛍って一度しか見たことがありません。
 来年こそは見に行くぞ!と思って早ん年。
 今年もやっぱり海に浮かぶケミホタルで我慢か。




 元気が出るオマジナイは、可愛いペットだけが唱えられるのでした。




 3秒後には後追うからね!
 わりと本気だったりする。
 そのぐらい居なきゃダメ。
 噛み付くクセも治さなきゃ。

 伝わってるのなら…9点。




香月七虹 |HomePage