山崎ナオコーラのツイッター
『微炭酸ニッキ』  山崎ナオコーラ

(仕事のご依頼をくださる場合、あるいは作品や仕事についてご質問をいただく際は、書籍を出版している出版社さん宛てにお願い致します。
私に転送してもらえますので……)。

人間は嫌い言葉が好き
2011年07月25日(月)

もっと集中力と体力を養いたい、と思う日々です。
長い年月をこえて仕事を続けていくためには、二十代のときのように気分で書いたり、仕事以外の時間を全てなくしたりするのではなく、
机に向かう時間を決めて、集中したいと思います。
プライベートの概念をなくして作家としてのみ行動したいというのは今まで通りだが、家族など周りの人たちの応援なくしておばあさんになるまでは続けられないでしょうから、「労働」と「生活」と「余暇」は分けて、どれも集中してこなす方がいい、と考え始めたわけです。
体力がないと年齢をこえて書き続けられないかもしれず、そのためジョギングなども始めたいな、と思いつつ、まだ走っていません。
こう書いてくると真面目になったみたいだが、そんなことはなく、ふざけきっています。
小説では、人間を描くよりも、言葉でしかできないふざけたことを、これからもやっていきたいです。もっとふざけたいものです。

そういえば、先日、現代美術館で名和晃平さんの展示を見てきたのですが、タイトルの下にある文章、作品解説というのでしょうか、の文章の意味がまったくわからなかったのがすごかったです。おそらく、わざと、意味がわかりにくい文章をつけているのだと思われます。文章がついていると、意味だと捉えられがちで、それを避けるためではないのかな、と勝手に思いました。

私も意味のない文章を書きたい。
ドラマや人間愛は書かずにいこう。
文章から雰囲気だけ立ち上らせるぞ。
意味ではなく感覚を伝えたい。

ところで、仙台・福島・郡山の書店さんを、勝手にまわって、
サイン本やPOPを書かせていただいてきたので、
見かけましたら、どうぞよろしくお願いします。
(『男友だちを作ろう』か『論理と感性は相反しない』にしました)。
旅行で訪れて、二日かけて書店まわりしたのですが、とても楽しかったです。書店員さんにすすめていただいたお料理屋さんにも行きました。おいしかったです。
書店員の方々、どうもありがとうございました。


東京でも、書店まわりをしたので、見かけましたら、よろしくお願いします。
吉祥寺のBOOKSルーエでは、『男友だちを作ろう』のフェアの棚も作ってくださっていました。


○『ニキの屈辱』(河出書房新社)8月8日に発売予定です。
装丁がかっこ良くなりそうで、楽しみです。


○『旅』9月号(新潮社) 7月20日発売
エッセイ「母と二人で伊東温泉へ行く」掲載
今年の正月に、母と旅行をしてきたことを、淡々と書きました。


○復興書店のトークイベントに参加します。

Words & Bonds Event Vol. 2

日時:7月28日 (木) 19:00〜22:00
場所:ヒルズ カフェ/スペース
(六本木ヒルズ 森タワー ヒルサイド2F)
主催:復興書店
入場料:3,000円 (2ドリンク付/入場料収入からドリンク代を引いた額を全て震災孤児の奨学金にします)

第1部 Post 3.11 Girl’s Talk 19:00〜20:00
安藤モモ子 × 山崎ナオコーラ
第2部 Voice Collection Improvised 20:30〜22:00
朗読 青山七恵 朝吹真理子 江国香織 奥泉光
角田光代 島田雅彦 山崎ナオコーラ ほか
音楽 渋谷慶一郎 × 灰野敬二


詳しくは、復興書店のホームページhttp://fukkoshoten.com/をご覧ください。

是非いらしてくださいね。





虹と作家
2011年07月15日(金)

昨日、五、六人で集まって喋っていたところ、
皆しょっちゅう虹を見ているという。
私は大人になってから虹を見ていない。
あまり虹を見ないというのは、作家として駄目であろう。
もっと空を見上げていきたい。
空を注視したいと思う。



さて、みんなの大好きな穂村弘さんとトークをさせていただくので、
ネットでご予約の上、是非聞きにいらしてください。
何度も書いてごめんなさい。
7月19日(火)19時から、青山ブックセンター本店でお喋りします。
どうぞよろしく。
http://www.aoyamabc.co.jp/


あと、二つほど、掲載誌のお知らせを致します。

○「料理男子」vol.1(プレジデント社) 7月14日発売

連載エッセイ「孤独酒」 掲載

これは、danchuの別冊で、季刊で出していくそうです。
私はバーについてのエッセイを連載で書いて行きます。
今回は銀座のサンボアバーに行ってきました。



○「ヒュッテ」4 (山と渓谷社)7月16日発売予定

ショートショート「また山に登りたいとは思っている」掲載

登山の短い話を書きました。



線ではなく面で伸びる
2011年07月04日(月)

ゴーヤと朝顔が伸び過ぎてくたりとしていたのを、
昨日今日でネットにからませた。


○エッセイ「人が生きることは必ず他の人たちから祝福される」
『すばる』8月号 (集英社) 7月7日発売予定
刊行記念企画「『戦争×文学』を読む」内

これは、かなり熱をこめて書いたのだがどうだろうか。

タイトルがなんだか恥ずかしい感じになってしまった。
しかし言うのが恥ずかしい言葉でも書き言葉なら平気というのは不思議なものである。



○連載小説「昼田とハッコウ」第15話 掲載
『群像』8月号 (講談社) 7月7日発売予定

いつものごとく、連載は続く。



○エッセイ「震災以降、人々は横に繋がるようになった」
『ちくま』7月号 (筑摩書房のPR誌)

これも真面目に書いた。



○エッセイ「仕事に生きる」
『小説現代』7月号 6月22日発売
「BOOKMARK」内

読書日記を書きました。



○『男友だちを作ろう』(筑摩書房)記念
穂村弘×山崎ナオコーラ トークイベント
異性の友だち作りについて語る

日時 2011年7月19日(火)19:00〜(開場18:30〜)

料金 800円

会場 青山ブックセンター本店内・カルチャーサロン青山

定員 100名様

予約は青山ブックセンターのホームページからお願いします。


穂村さんとお喋りします。

終了後、良かったらサインします(たぶん、私の書いた本のみです)。

あと、期間中、私が選んだ男友だちに関する本の棚を作ってくださる予定です。




BACK   NEXT
目次ページ