山崎ナオコーラのツイッター
『微炭酸ニッキ』  山崎ナオコーラ

(仕事のご依頼をくださる場合、あるいは作品や仕事についてご質問をいただく際は、書籍を出版している出版社さん宛てにお願い致します。
私に転送してもらえますので……)。

2011年の目標
2011年01月01日(土)

最近日々が光り始めた。

みなさんの2011年もいい年になりますように、遠くからいのっています。


以下、目標

・バーのエッセイの連載をすること。イメージを作ること。

・蕎麦屋のエッセイ風フィクションの連載をすること。

・これぞ日本の名随筆というのを書きたい。

・エッセイ集2冊出す。

・作品として本にしたいから、これからはできるだけエッセイは連載にしたい。

・中編小説を5つ書き上げる。

・まずは、恋愛小説の直し、なんとかする。

・名付けられない関係も、相変わらず書く。極める。

・小説、少なくとも4冊出す。

・物語の対義語を見つける。

・意見を発表しない。意識の流れは書かない。知識を伝えない。

・長いものでもポエティック。

・連載小説「昼田とハッコウ」はナオコーラ節で書き綴る。

・連載小説「私の中の男の子」は、あと三回。たぶん、ラストで救いがくる。せっかくフィガロなのだから、女の人のために書く。

・生活にリズムを作って、書きたいことをもっとスムーズに紙にうつしていける環境に自分を置く。

・もっとファッション誌とか、モード誌とかでも仕事をしたい。

・週一くらいのペースで美術館に行く。

・特に現代美術は見まくりたい。

・それと、オペラ!
 オペラ好きなので、ひとりでも観劇すること。

・あと、ひとりでインドへ行くこと。

・最近ひとりで出かけてなかったから、もっと、ひとりで旅行へ行く。

・ひとりで登山もしてみたいな。

・それで、ゆくゆくは旅行記を出版したい(これに関しては今年は無理かであろう。だから、準備をする)。

・ひとりで、バーにも、山にも行ける。

・同世代の作家やクリエーターは、同時代を生きる者として応援したいから、そういう仕事もしたい。(紹介業?)

・おしゃれ系の仕事はばかにされるけれど、私はやっぱり、おしゃれ系の仕事はしたい。

・淡く、フラットに描く。これを徹底して、もう一段高い、「淡さ」「平板さ」にする。
 どんなに批判されても、これは変えない。要は、もっとすごくすればいいだけのこと。

・ゆくゆくは家を建てたいから、お金の管理をする。

・部屋を居心地よくして、読書をする。

・新たに、恋に落ちるような作家を見つけて、読破する。

・春になったらベランダ園芸を再開。

・夢日記をつけたい。

・部屋で仕事をする。

・部屋に人を呼ぶ。

・メールが上手くなる。
(私は現在、好きな人にもメール返せていません)。

・でも、元来メールをする仕事ではないのだから、下手なメールになってしまったり、返事がおそくなってしまったら、もう気にしないで、本来の仕事である小説書きに没頭する。

・メールや電話は下手だと伝えて、できるだけ会ってもらうようにする。(「ご都合良いところへ伺いますので、30分だけ時間をください」とか言えばいいだろうか? 人に会うのは苦ではない。私はどこへでも行きます!)。

・手帳をちゃんと書いてスケジュール管理をする。

・依頼に応えるのではなく、自分から仕事を考える。

・やりたいことは言葉にすること。

・去る者は追わず、来る者こばまず。

・さまぁ〜ずをもっと愛す。

・意識の流れみたいなのは絶対書かない。

・何がエクリチュールだ。

・考えごと描くなんて、猿にも映画にも論文にもできる。

・小説ならではの、を見つけるの。

・あー、でもまた、どれかの小説が映画化されたらいいな。映画化いいよなー。

・ちょっとしたイラストを描く仕事もしてみたい。挿画のこと。

・私のことを大好きになってくれる人を見つけて、心を安定させて、もっと書く。

・最初に大好きと言ってくれた人とつき合う

・私のことを大好きな人以外はみんな敵だ、陰で何言っているかわからないし、怖い、警戒しちゃう、と思っていたれど、これからは、大好きってほどではないけれどもちょっとは好いてくれている人のことも、私の前でだけで言ってくれていることでも信じて、優しくする。

・自分のことをちょっとでも好いてくれている人には、絶対優しくする。

・友だちは大事にする。

・関係作りが下手になっても、自分たち風の関係作りに終始する。

・仲良くなるほどいいわけではなくて、素敵な距離感を意識する。

・書く仕事以外はもう、あんまりしたくないなあ。喋るのが上手くないからなあ。本の販促活動か、あるいは作家として好奇心を刺激されるようなこと、または後生を育成するような仕事で責任をはたした方がいいこと、はした方がいいかもしれないが。

・いろいろなものに、いっぱい触る。何度も何度も触る。

・夜に星を見つけたら十秒間目を離さない。

・青空は遠くまで見る。




BACK   NEXT
目次ページ