山崎ナオコーラのツイッター
『微炭酸ニッキ』  山崎ナオコーラ

(仕事のご依頼をくださる場合、あるいは作品や仕事についてご質問をいただく際は、書籍を出版している出版社さん宛てにお願い致します。
私に転送してもらえますので……)。

男と点と線と作家の読書道とヴォーグ
2009年04月28日(火)

6編の小説が収録された単行本『男と点と線』が発売されました。




「慧眼」 初出『文藝』(河出書房新社)2006年冬号 
  クアラルンプール 68歳の男
「スカートのすそをふんで歩く女」 
     初出『文學界』(文藝春秋)2009年3月号    
  パリ 22歳の大学生
「邂逅」 初出『新潮』(新潮社)2008年12月号
  上海 32歳の会社員
「膨張する話」 『群像』(講談社)2006年5月号  
  東京 17歳の高校生
「男と点と線」 初出『新潮』(新潮社)2008年10月号 
  NY 42歳の男
「物語の完結」 『新潮』(新潮社)2008年5月号 
  ウシュアイア、ブエノスアイレス 28歳の小説家

という、文芸誌に発表してきた6つの小説が、収録されています。

世界各地を舞台に、様々な年齢の男女が物語をつむぎます。

旅行気分で読んでいただきたいです。

何と何と何、「セックスと嘘とビデオテープ」、「部屋とYシャツと私」のような題名の本を一度作ってみたかったので、
『男と点と線』という三つの言葉のタイトルにしました。

(東京近郊の書店さんでサイン本を作っていきます。
一冊ずつ、
作品中に出てくる一文、あるいは絵を書きました。
絵は、凱旋門を「トランクスですか?」と聞かれるなど、不評)。


WEB 本の雑誌 作家の読書道 4月28日更新

インタヴューが掲載。

(朝日新聞にも、短いバージョンが掲載されるらしい)。



・「ヴォーグ ニッポン」(コンデナスト・ジャパン)6月号 4月28日発売
書く女が綴る、読む映画。
映画「ミルク」について書きました。

「ミルク」は面白かったので、おすすめです。



・「波」(新潮社)5月号  4月27日発売

中村文則さんと対談させてもらいました。



・蜻蛉玉さんの公演『すこし、とまる』4月29日(水)15時からの回で、
ポストパフォーマンストークのゲストでお喋りさせていただきます。



・『文学2009』 (講談社)日本文藝家協会 編 

『男と点と線』に収録している、「物語の完結」が入っています。



サイン会します……
2009年04月22日(水)

・『男と点と線』は30日発売だそうです。
(早いところでは、27日に並ぶそうです)。

僭越ながらサイン会をしますので、
読者の方とお喋りできたら、と思っています。

 『男と点と線』(新潮社)発売記念サイン会

 日時:5月15日(金)午後7時〜
 会場:リブロ渋谷店 特設会場(渋谷パルコパート1 B1F)

 


・短編小説「耳が伸びて」掲載
『真夜中』リトルモア(No.5)4月23日発売


・エッセイ「まだまだ歩く年頃だから」掲載
コールハーンとのタイアップ
「GINGER」幻冬舎(6月号)4月23日発売


・「西加奈子×せきしろの短歌上等!」のコーナーのゲスト、4回目。
「anan」(マガジンハウス)4月24日発売



フラウ
2009年04月17日(金)

・「FRAU」講談社(5月号)

Musicのコーナーで、菊地成孔さんと対談させていただきました。

今まで、コンサートを聴いたり、サインをもらいに行ったりしていて、
一方的に見ている人と喋るのは、とても緊張しました。

すごく嬉しかったんですよ(1ページだけの短い対談なんですけどね)。

(ちなみに、「手」という小説は、スパンクハッピーの「フォーエヴァー・モーツァルト」という曲を聴きながら、書いたんですよ)。

菊地さん、かっこよかったですよ。



幸せ
2009年04月11日(土)

「自分の人生を作らなくちゃ」
と思うものの、
「どうしてみんながみんな自分の人生を生きなくちゃならないのか」
とも考える。
自分の人生にこだわらない人がいても良いのではないか。
たとえば、「芸術家は人生を生きなくても構わないのではないか」
と思う。


以下、お知らせです。

・スケッチ風エッセイ「男友だちを作ろう
第4回  「フリータイム」と並んで
『webちくま 』筑摩書房 4月10日更新

今回は、岡田利規さんにお会いしてきました。


・アンアン(マガジンハウス)4月15日号
「西加奈子×せきしろの短歌上等!」のコーナーのゲスト、2回目。


加奈子ちゃんと友だちになれたことは、今、すごく幸せだと思っています。



桜が霧のように
2009年04月07日(火)

・東京新聞の文芸時評で、沼野充義さんが「ここに消えない会話がある」
に触れていました(3月31日付け)。

・読売新聞でも、「ここに消えない会話がある」がとりあげられていました。
(3月31日付け、大分過ぎましたが)。




・アンアン(マガジンハウス)4月8日号
「西加奈子×せきしろの短歌上等!」のコーナーに、
今月のゲストとしてお邪魔しています。


・「考える人」(新潮社)春号
特集「ピアノの時間」の、
アンケートに答えています。


・「早稲田文学フリーペーパー WB 」(早稲田文学編集室)vol.16
特集「教科書ってどんな? こくごへん」に、
エッセイを書きました。




新宿御苑でお花見をしました。

これは、自分が写真に撮られながら、
桜の写メを撮ったという、不思議な図式の一枚。
(たぶん、写真家の男の子がいろいろな作家の写真を撮っていた? のだと思う)。

見られつつ、見る、というのが面白いと思った。 

お花見といえば、『カツラ美容室別室』という花見小説があるので、
今の時期に読んでもらえたらいいな(宣伝ですね)。
この本は、本文紙(普通は薄クリーム色が多い)が、ミルクリームロゼという名の薄ピンクの紙で、花見仕様なんですよ。



小樽運河
2009年04月03日(金)



大学時代からの友だちの男の子が結婚式を挙げたので、
北海道にいってきた。
素敵な式だった。新婦さんはきれい。新郎は号泣していた。
おめでとう。

一緒に行った友だちは、これまた男の子だったが、
やっぱり、学生からの友だちって気楽で、
観光もしようということになり、
札幌でスープカレーを食べて、ジンギスカンを食べて、
せっかくだからと小樽まで行ってきた。
(写真は小樽運河)。
この男の子も、来年あたりには、つき合っている彼女と結婚するみたい。

みんな幸せになるといい。
というか、きっと幸せになるね。

男の子たちとは、淡い淡い友だちになっていくのかな。

私も幸せになる努力をしなくては。
私にもきっと、人生がある。
みんなが私を支えてくれていて、
仕事をちゃんとすることが一番の恩返しになるとは思う。
でも、仕事に人生を押しつけちゃ駄目だ。
人生の上手くいかなさを、仕事のせいにしたら、いけない。

稼ぐためじゃない、人生のためじゃない、
使命感で書く。

何かを得るために書くわけじゃない。

書いたら、その先に、もっと書くことが生まれる、
ということが、ごほうびなのかな。


以下、お知らせです。

・連載小説「あたしはビー玉」最終回 ビー玉の墓
「星峡峡」幻冬舎(4月号)


・由紀さおりさんのアルバム「いきる/由紀さおり」の中の、
2曲に歌詞を書きました。




BACK   NEXT
目次ページ