山崎ナオコーラのtwitter
『微炭酸ニッキ』  山崎ナオコーラ

(お仕事のご依頼をいただける場合、あるいは私の作品や仕事についてご質問をいただく際は、書籍を出版している出版社さん宛てに、メール等でいただけましたら、幸いです。
転送してもらえますので、その後、私からお返事致します)。

サバイバル
2003年04月29日(火)

金目鯛の煮物が食べたいものだ。
それから高野豆腐。

足の指いっこいっこの間に世界がある。
それから手の指の間には水掻き。

人と話すのがまた面倒になってきた。

声が変だからかな。

私の内側は大丈夫。





2003年04月27日(日)

それが人生だ、とかよく言うけど、そんなものはちっとも人生じゃない、と言いたい。


目眩・意識すれば海風
2003年04月25日(金)

テレビにちらっと出ていた岩井志麻子がおかしかった。
「プライドの高いデブは成功する可能性が高い、という法則がある。
プライドの低いデブはデブの価値が半減だ」

と言う。めちゃくちゃだけど、そうかも、と思う。
ちょっと自信が出てきた。

それと、ちょっと前に久しぶりにちらっと見たオンエアバトルに、
長井秀和で出ていて、その中の、
「甲本ヒロト、世間はお前が思ってるほど、お前に厳しくないぞ。
むしろ優しい。
お前は結構愛されているぞ」

という科白が可笑しくて、思い出すと、笑える。

ツツジが鮮やかな季節で、見るとくらくらする。
あの赤は怖い。

自分が同性愛に対して本当に、偏見がないのか自信がない。
小説やマンガや会話の中のことならいくらでも上手く対処ができるけれど。



60歳
2003年04月24日(木)

コンビニには何も売っていない。

片方の煮干しは腐っています。

キリストのことを考えてみろ。
あいつだって、若い頃は随分とばかにされてきたはずだ。
年とってからだって、故郷に帰れば、ずっと軽く見られ続けただろう。

「すごい」、と言ってくれるのは、年とってから出会った友だちでも何でもない人で、身近な人はかわいいとか思ってただけだったはずだ。

ユダ以外のやつらも、結構裏切ってたらしいぞ。

私は電通に対して、調子にのんな、オレの方が電通だ、といつも思っています。

ここのところ声が出ません。
風邪だかなんだかわからないが、調子が悪いのだ。
でも心は元気だ。
声なんていらない気もする。
仕事の電話でも感じわるくしている。

納豆のCMが多すぎるのだ。




BACK   NEXT
目次ページ