読書の日記 --- READING DIARY
 ⇒読書日記BLOGへ
  schazzie @ SCHAZZIE CLUB



 ウサギが丘のきびしい冬/ロバート・ローソン

『ウサギが丘のきびしい冬』/ロバート・ローソン (著), Robert Lawson (原著), 三原 泉 (翻訳)
単行本: 223ページ
出版社: あすなろ書房 (2006/12)
ISBN-13: 978-4751519059
ASIN: 4751519050
サイズ (cm): 21 x 15

内容(「BOOK」データベースより)
「ことしは、きびしい冬になる」突然、アナルダスおじさんの口からとびだした不吉な予言。のどかに楽しく暮らしてきたウサギが丘の仲間たちは、せいいっぱいの冬じたくをはじめますが…。きびしい冬になると聞かされても子ウサギのジョージーは、初めてのことにわくわく!しかし、おそろしい寒さは、もうすぐそこまで迫っていたのです…。たくましく生きる動物たちをあたたかく描いた動物物語の傑作。


ロバート・ローソンの『ウサギが丘のきびしい冬』は、食べ物もない厳しい厳しい冬を乗り越えた動物達が、やっと待望の春を迎えたところで終わります。こういう擬人化された動物の話は大好き!特に秋から冬、そして春を迎えるまでの話が好き。

舞台は雪深いアメリカ中西部のコネチカット。雪の少ない南部に憧れる部分もあって、面白かったです!ああ、楽しかった♪

2007年02月27日(火)
Copyright(C) 2000-216 SCHAZZIE All rights reserved.



 獣の奏者 王獣編/上橋菜穂子

『獣の奏者 王獣編』/上橋菜穂子 (著)
単行本: 414ページ
出版社: 講談社 (2006/11/21)
ISBN-13: 978-4062137010
ASIN: 4062137011
サイズ (cm): 19 x 13

内容(「BOOK」データベースより)
傷ついた王獣の子、リランを救いたい一心で、王獣を操る術を見つけてしまったエリンに、学舎の人々は驚愕する。しかし、王獣は「けっして馴らしてはいけない獣」であった。その理由を、エリンはやがて、身をもって知ることになる…。王国の命運をかけた争いに巻きこまれていくエリン。―人と獣との間にかけられた橋が導く、絶望と希望とは?著者渾身の長編ファンタジー。


読み終えました。架空の国のファンタジーですが、書かれている衣服や生活様式などから、やはり和風な感じがしました。身の丈5〜6辰發△觸辰魄靴辰得鐐茲鬚垢誅辰任垢、残念ながらあまり壮大な感じはしませんでした。

実際戦いの話はごく一部で、ほとんどが獣を世話する少女の心の葛藤が描かれているので、テーマとしては人間と獣の絆、あるいは逆に、どうしても埋められない溝についてといったところでしょうか。

テンポがいいので、分厚くても一気に読めるし、エンターテインメントの読み物としては楽しい。また、動物を飼っている人には胸にしみる物語でしょう。

2007年02月26日(月)
Copyright(C) 2000-216 SCHAZZIE All rights reserved.



 コールドマウンテン(上)/チャールズ・フレイジャー

『コールドマウンテン(上)』/チャールズ・フレイジャー (著), Charles Frazier (原著), 土屋政雄 (翻訳)
文庫: 354ページ
出版社: 新潮社 (2004/03)
ISBN-13: 978-4102029114
ASIN: 4102029117
サイズ (cm): 15 x 11

内容(「BOOK」データベースより)
南北戦争の末期、負傷した南軍兵士インマンは、収容された病院から脱走―恋人エイダが待つ故郷へ向けて、500キロの徒歩の旅が始まった。多くの危険と困難に遭遇し、誘惑や裏切りの試練にさらされながら、彼が遭遇する様々な出来事、そして人人。時には翻弄され、またある時は救われるインマンの過酷な運命…。壮大なアメリカの原風景を丹念に描いた叙事詩、至高のラブストーリー。



やっと上巻を読み終えました。今のところは、インマンが関わっていくアメリカ南部の当時の状況や、土地の描写(食べ物や人々の生活を含め)に興味を持って読み進めているところです。

上巻が終わっても、エイダとインマンがどういう関係なのかはっきりしていないので、これがラブストーリーであるとはいまだに認識できません。

2007年02月25日(日)
Copyright(C) 2000-216 SCHAZZIE All rights reserved.



 獣の奏者 闘蛇編/上橋菜穂子

『獣の奏者 I 闘蛇編』/上橋菜穂子 (著)
単行本: 319ページ
出版社: 講談社 (2006/11/21)
ISBN-13: 978-4062137003
ASIN: 4062137003
サイズ (cm): 19 x 13

内容(「BOOK」データベースより)
獣ノ医術師の母と暮らす少女、エリン。ある日、戦闘用の獣である闘蛇が何頭も一度に死に、その責任を問われた母は処刑されてしまう。孤児となったエリンは蜂飼いのジョウンに助けられて暮らすうちに、山中で天を翔ける王獣と出合う。その姿に魅了され、王獣の医術師になろうと決心するエリンだったが、そのことが、やがて、王国の運命を左右する立場にエリンを立たせることに…。


2007年02月22日(木)
Copyright(C) 2000-216 SCHAZZIE All rights reserved.



 幻の特装本/ジョン・ダニング

『幻の特装本』/ジョン・ダニング (著), John Dunning (原著), 宮脇 孝雄 (翻訳)
文庫: 598ページ
出版社: 早川書房 (1997/09)
ISBN-13: 978-4151704024
ASIN: 4151704027
サイズ (cm): 15 x 11

内容(「BOOK」データベースより)
警察を辞めて古書店を営むクリフは、元同僚の依頼に愕然とした。存在するはずのない、エドガー・アラン・ポー作『大鴉』の1969年限定版を盗んで逃亡中の女を連れ戻してくれというのだ。その本は限定版専門の出版社の特装本で、見つかれば莫大な価値がある。興味を惹かれ、事件を調べ始めたクリフの前に、やがて過去の連続殺人の影が…。

2007年02月12日(月)
Copyright(C) 2000-216 SCHAZZIE All rights reserved.



 人生におけるいくつかの過ちと選択/ウォーリー・ラム

『人生におけるいくつかの過ちと選択』/ウォーリー・ラム (著), 細美 遥子
文庫: 849ページ
出版社: 講談社 (2002/01)
ISBN-13: 978-4062733489
ASIN: 406273348X

出版社/著者からの内容紹介
未熟な母親と浮気性の父親をもつドロレスの人生は幼い頃から躓(つまず)きの連続だった。両親の離婚、苛(いじ)め、暴行事件、ひきこもり……。冷たく苦しい現実にもがき苦しみながらも、必死に救済を求め、しかし彼女は壊れていく。不器用にしか生きられない、その叫びに全米が共感。生きることの意味を問うベストセラー。

著者について【ウォーリー・ラム】
1989年から1998年にかけて、地方コチネカットのノーウィッチ・フリーアカデミーの作文センターで講師を務める。現在はコチネカット大学の英語学部で創作講座の助教授。本作は小説デビュー作で、全米でベストセラーとなる。1998年には第2作《I KNOW THIS MUCH IS TRUE》を発表、こちらもベストセラーリストを飾る。コチネカット州で妻と3人の息子とともに暮らしている。


文庫で850ページ、3.5cmの分厚さ。
暗い話をこんなに読むのかと思うと気が重いが…。


300ページ読んだけれど、この先まだ550ページある。でも流れるような文章でテンポも良く面白いので、厚さは気にならない。

中身は実は悲惨な話で、母親が流産して精神異常になり、父親が女と駆け落ちして離婚。学校でいじめられ、祖母の家に間借りしていた男にレイプされ、自分も精神を病む。過食に走った挙句、体重は130キロ。その後母親はトラックにひかれて死亡。

というわけでとっても暗い話なんだけど、この子どうなってしまうんだろう?と思って、どんどん読み進む。書き方が淡々としているので、全然暗い感じはしないのだが、本当は重たい話なんだなぁと時々気付く。それにしても、作者の観察眼の鋭いのには驚く。


あと200ページほどのところまで来た。主人公ドロレスの悲惨な人生は前に書いたけれど、ともあれそのドロレスが精神病院を退院し、男と恋に落ちて半同棲状態になり妊娠。男は子供なんかいらないと言い中絶させるが、とりあえず結婚はする。この部分を読みながら、私はずっとこんな男はやめろ〜!と叫んでいた。

中絶うんぬんの問題だけでなく、精神病院にいたドロレスよりもずっと異常じゃないかと思える男、けしてドロレスを守ってはくれそうにない男。ドロレスも男のことしか見えなくなっており、愛情(と勘違いしているもの)やセックスを失うのが怖くて男の本質が見えない。

そのこと自体はよくある話だし、恋は盲目で男のことしか見えない女や、やめといたほうがいいのに…と思う男にのめり込んでいる女はたくさんいるけれど、ドロレスの場合はあまりに悲惨な人生を送って来たから、これ以上傷つかないで!という感じなのだ。だから、どうしたって傷つくのがわかっているこんな男は、頼むからやめてくれ!と胸が張り裂けそうになってくる。


読み終えた。

ごく普通の女の子が、周囲の環境によって悲惨な人生を歩み、孤独と絶望を耐えながら最後にはおそらくそれを乗り越えたであろうと思われるところで終わる。

誰にでも、どこにでもありそうなひとつひとつの出来事に、傷付きながら、疲れながら、否応なしに向き合っていく主人公ドロレスは自分とは違う人間だけれども、それぞれの年齢の悩みや感覚を見せてくれるため、いつしかまるで自分が生きてきた過程を見ているかのような気持ちにさせられ、彼女の気持ちを知るたびに切ない気分になる。この長い長い彼女の物語を読むうち、どうか幸せになって!と思わずにはいられなくなる。

彼女の人生と平行して、月面着陸、ベトナム戦争、ウッドストック、エイズ問題などなどが、その時のテレビ番組や音楽などと共に語られるアメリカのサブカルチャーも興味深い。こうした背景は、実際にそのことが語られていなくても、ああ、こういう時代だったのかと理解を深められるし、物語に深みを与えていると思う。そして、それを知っているのと知らないのとでは、物語の理解度も違ってくるだろうと思う。

2007年02月04日(日)
Copyright(C) 2000-216 SCHAZZIE All rights reserved.
初日 最新 目次 MAIL HOME


↑参考になったら押してください
My追加

Amazon.co.jp アソシエイト