そよ日暮らし の そよふぉとノート
もくじだよきのうへあしたへ


2006年05月17日(水)  たそがれのイチゲとサクラ。






たそがれのキクザキイチゲ。

ほかの子は、ちいさくくぅっと縮まって、スズランみたいにうつむきかげんになる時刻。

彼女だけ、まだひらひらと羽をのばして揺れていました。(午後5時20分)



*



そして桜も咲きました。





葉っぱがじまんのエゾヤマザクラ。

ソメイヨシノの優雅さや透明感は感じられず、近寄りがたさもあまりなく、
きさくで、わりとおおらかで、こころじょうぶな桜です。

それらはたぶん、このぎざぎざの葉っぱのおかげ。しなやかな。






2006年05月13日(土)  キバナノアマナ ほかのみなさん。





   
  




エンレイソウと、まどろみと、せいたかのっぽのフクジュソウ(福寿草)。
(エンレイソウは、延齢草です。艶麗草ではありませぬ。)







     キバナノアマナ。たぶん思春期。





     キバナノアマナ。たぶん妙齢。

     



     おかげさまで、ほんじつも

     あかるくのどかなしずかないいひ。



   




2006年05月09日(火)  おかげさまで。










   今日やっと、くまなく春になりました。とっても遅ればせながら。







   腐葉土、朽ち葉、苔むした樹木・・・さういふものとカタクリが

   そろって幸せさうにして、

   これもひとえに春のおかげと思ふのでした。

   すなわちつまり

   それはひとえに冬やふぶきや雪のおかげと思ふのでした。



   ふゆにはふゆがだいすきで

   いまはこんなにはるがすき。









   今シーズンは、ここからの、

   空と緑と山々を写しつづけてみようかな・・・

   ( と、たったいま、思いついたことでした。)


   *


   ちまたでは、ブログが流行っておりますが

   やっぱりここ(エンピツ日記)がとても好きかも。

   だいじにします。

   ありがとうです。
   



   


斉藤そよ |MAILHomePage

My追加