そよ日暮らし の そよふぉとノート
もくじだよきのうへあしたへ


2005年06月30日(木)  【題詠マラソン2005】 [飛永 京 さんの百首より]




占えばひとつ何かを見失うブルーデイジー膝が寒いよ  飛永京(086:占)




*


題詠マラソン2005

飛永京(とびながきょう)さんも、過日完走されました。

以下、飛永さんの百首より、大好きなものを20首転載させていただきます。


*


031:盗 ● 逆光を浴びて子犬が帰還する盗人草も誇らしく金

043:馬 ● 名にしおうシルクロードの馬友友(ヨーヨー・マ)長き指もて西へ東へ

045:パズル ● その先はもう埋めないで曼陀羅華パズルは少し残すのがいい




飛永さんの百首をならべて、
まずはじめに・・・と、さささぁーっと目を通した瞬間に、
飛び込んできた三首です。

歌意とか、背景などを掴むまえに、ひとめぼれした歌でした。
感覚的に、直感的に、圧倒的に、とても好きな歌でした。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・


057:制服  ● トランプの兵隊さんの制服に四つ葉をみっけスパイだろうか


こんな視線にときめきました。

三十一文字のなかに、こんなにもゆたかなひとつの物語。

とてもとてもあこがれました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そして。兵隊さんだけではなくて、
飛永さんのお歌に登場する愛すべきお友だちのみなさんは、
どなたも、たいそう温みがあって、
たまらないのです。

なので、ここで愛すべき、風邪ひきさんや、パキラちゃん、
探偵さんや、こぎつねそしてコアラちゃん、ほか
一挙紹介しちゃぃます。

かわいらしさに惑わされそうになりますが、
歌の魅力はべつのところ。

視線が深くふくよかな飛永さんの独自の世界。
すてきなのです。


005:サラダ ● 睡蓮を風邪ひきさんの枕辺に 切り子のサラダボウルに浮かべ

010:線路 ● 手袋の指人形がすわってる線路の脇にすみれは群れて

035:禁 ● とろぉりと甘い泪のパキラちゃんそれは禁じ手ねばらないでよ

036:探偵 ● 猫の手のような探偵さんだから花園の鍵は見つからないまま

077:櫛 ● こぎつねが使っていったか柘植の櫛からみついてる柔らか栗毛

079:ぬいぐるみ ● 綿の実を食べるコアラのぬいぐるみ耳の先まで胃袋にして

039:紫  ● 紫陽花の地球儀ひとつくださいな海の深さを示したものを

100:マラソン ● 兎さん亀さん問わずマラソンのランナーたちに草冠を




100 マラソン  >>>  草冠です。くさかんむり。

しろつめ草で編まれた白いくさかんむりを、うさぎもかめもいただいて、

なんてあかるいゴールの広場。

くさかんむりにかんむりょうです。

だいすきでした。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



さて次は、うってかわってぐっとおとなの匂いです。


050:変 ● 今ごろは実のひとつくらい成してるか私の愛した唐変木は

066:消 ● 毒消しになればなったでつまらない山葵をおろすひとの舌先

073:額 ● あだ花のひとつでも良い咲けたなら額で睨む癖もやめるわ

075:続 ● 続くからずっとなぞって歩いてる煙草畑に落ちる夕陽と

078:携帯 ● その内に柘榴の火種いまさっき別れた人の携帯灰皿

088:食 ● 食べられぬ茸ばかりを愛で写すスケッチブックはお腹いっぱい



飛永さんのお歌のリズム、わたしにはとてもとても近しくて、
声に出して読むときも、どれもとても読みやすいのです。

たぶんきっと、作者とおなじ「ま」のとりかたで、
作者とおなじ速さの息づかいで、
読めているはずって思います。

そしていま、気がつきました。
飛永さんのお歌はどれも、説明がなくて、
ルビもふらず、まもあけず、
このことは、たぶんきっと
読み手を信じるということなのですね。

ルビもふらず、まもあけず、
それでも読み手はただしく読んでくれるはず、という
信頼感のようなもの。

みならいたいなと思うのでした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


040:おとうと ● おとうとのあさがおきょうもさかなくてひとりふいてるしょぼーん玉


あぁ。シャボン玉は、しょぼん玉。

ほんとうに。おっしゃるとぉり、そのとおり。

子どものころから、なんとはなしに
しょぼんとした日のひとりあそびの代表でした。


あさがおきょうもさかなくて >>> そう。ちょぅど、
そのくらいの「しょぼん」にとても似合う気がする。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



080:書 ● 訳本を書いた人の名うつくしい蓮池薫 大地に根ざす


わたしも、ずーっと思っていました。

そのことが、
こんなにもまっすぐに
とてもしぜんに詠まれていました。

ふと思ったことを、そのままに、
こんなふうに詠むのがきっとほんものの
短歌なんだよなぁ・・・なんて、
思うのでした。今さらながら。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


081:洗濯 ● 魂の洗濯だねを聞きたくて母と野ばらを歌っています



百首の中に、いろいろなカラーをちりばめられていた飛永さん。

そのすべての歌の背景に、この一首がひろがりました。

飛永さんの百首をなんども読んだとき、
次々に浮かんできえる一首一首の映像があり、
でもその奥の背景画像は、かわらずに一枚の絵でできていて、
それが、
母と野ばらを歌う野原や青空の、ぱぁっとひろがる風景でした。

とても、とてもすきな一首でした。




おしまい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



たくさん転載させていただきました。

ありがとうございました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


飛永京さんの、読み応えたっぷりのホームページ
「ヴォゴン人の詠唱」は こちら です。

そして。

飛永京さんが、書きつづけてくださっている
題詠マラソン2005の感想ブログ「薔薇螺旋主義」は こちらです。
(不可思議な猫ちゃんたちの写真つき。)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







ひるま、仕事にでるようになり、ここ、なかなか更新できません。

のんびりぼちぼちすすみます。



ぼちぼちー。







斉藤そよ |MAILHomePage

My追加