そよ日暮らし の そよふぉとノート
もくじだよきのうへあしたへ


2005年01月28日(金)  結晶のかたちのままであそぶ雪。




結晶のかたちのままであそぶ雪 
一姫 ニ姫 かぞえつづける


*

いちひめ にひめ さんひめ よんひめ ごひめ ろくひめ ななひめ

・・・ 今日の雪は、なぜだかみんな女の子。

あしたの雪はどんなかな。

あしたもふわふわ降りますように。

おやすみなさい。

おやすみなさい。

おやすみなさい。

またあした。





2005年01月24日(月)  森のおく。


森のおくまで いってきました。

真冬の森の 濃いめの空気。

生命力というような そういうものに似た匂い。


いそがしそうな どうぶつたちの足あとが、あちらこちらにありました。

クマのプーとかクリストファーが住んでいそうなけはいです。

あ。そういえば・・・かわいいものにあいました。



かわいいものは 木からずり落ちそうになり、

ひっしで枝にしがみついているところ。


こういうものをみつけると、

神様ならば、今すぐに命をふぅーっとふきこむのでしょう。

そうすると、かわいいものはたちまちに動きはじめてしまうのでしょう。

神様の仕事はきっとそこまでで、

あとはたぶん人間が、分類したりするのでしょう。

この子はきっと哺乳類。木の上に住む齧歯目。北海道固有種。…とかね。


かわいい名前がつきますように。



2005年01月19日(水)  まふゆの朝。





なんとなく いろっぽいなと思うのでした。この とどかない距離感が。



降りたいものは降りてきて

つたわるものはつたわって

かがやくものはかがやいて

ゆきとひかりはやすらいで

そんなまふゆのあさでした。








2005年01月17日(月)  草木の吐息。




凍っているのは、草木の吐息。

こおっているのは、くさきのといき。

眠っているから、寝息かな。

こおっているのは、くさきのねいき。







草も木も、めざめた時にはいっせいに、このうつくしさに驚いて、

「ほぉ」とためいきつくことでせう。

そして互いにお互いを、感嘆の息であたためて、

とかしてとけてしまうのでせう。

そのときまでのつかのまの きんちょうかんです。透明な。

いきをころして。

冬だからこそ。

けさだからこそ。

きょうだからこそ。

はからずも。






あ。なんか。やみくもに書いているまにとけてきました。感覚が。

あぁよかった。ではねます。おやすみなさい。霧氷の日。







(写真は、1月15日の朝のものです。)





2005年01月14日(金)  暖色のゆき。






今日は早起きしましたよ。

きめこまやかな朝でした。

いままさに今日がはじまるはじまりの、暖色のゆき。なめらかな。



写真は今朝の7時22分ころ。






2005年01月11日(火)  眠らせて。




   子どもたちが冬休みなのをいいことに、
   まいにちまいにち幸せな朝寝坊をしています。

   ほかのすべての物音を吸い込みながら降る雪の、
   しんと静かな雪のけはいは、心地がよくて、
   深く深〜く眠りつづけてしまうのでした。

   雪の日以外はいつだって早起きさんな娘までをも、
   昏々と何時間でも眠らせてしまうほどの雪。

   わたしたちはほんとうは、きっと、もっとしっかりと、
   正しいかたちで冬眠をするべき生き物なのかもしれなくて。


   * * *


   それにしても。
   
   なんどもなんどもリフレイン。

   三好達治さんの、雪をうたったあの詩です。

   太郎も次郎も眠らせて、しんしんしんと雪が降りつむ、あの詩。

   たった二行のあの詩があれば、雪についてはもうなにも、
   なんの言葉もいらないような気がしてしまうこのごろでした。

   あの詩とおなじやさしさの、たっぷりとしたあんしんの
   雪ばかり降る睦月です。

   








太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。

次郎を眠らせ、次郎の屋根に雪ふりつむ。






        【雪】   三 好 達 治
 
「測量船」(第一書房 1930年)
   「定本三好達治全集」(筑摩書房 1964年)
 


2005年01月07日(金)  午後三時。





なにもかも うけいれますよ と言うような 雪をたよりにおよがせておく








2005年01月05日(水)  あたらしいあさ。




この冬も、いつよりも冬が大好きで、なによりも雪がなつかしいです。


本年もどうぞよろしくお願いします。


ゆき・ふゆ・ひかり・その他の季節・みち・つち・みどり・みなさまへ。







斉藤そよ |MAILHomePage

My追加