きょうの読書
DiaryINDEXpastwill


2005年06月08日(水) 「流血女神伝 喪の女王 弯棆譴靴里

大祭のザガールを襲った大地震により、囚われの身からからくも逃れたカリエは、その身を挺して助けてくれたエディアルドと共に新しい旅を始めていた。胎内には、千人目のクナムとなるであろうリウジールの子を宿し、癒しきれぬ心の傷を負って・・。しかし2人の逃避行を容認できない王バルアンは、執拗なまでにその行方をさぐろうとしていく。


流血女神伝シリーズもついに(やっと)最終章が始まりました。久々にエドとカリエのほのぼの関係が読めたのがよかったですね。でもこの2人も微妙な関係だなぁ・・(苦笑)。取り敢えず先が楽しみなシリーズです。


shikiko |MAILHomePage

My追加