ドビュッシーで朝

DiaryINDEXpastwill


2014年03月05日(水) ジャスティスフォーエバー

手段の目的化がすすむ昨今、
本来の目的がなんだったのかもはや霧のむこう
目をこすっても見えてこない
乱視が進んでしまった、レーシックするしかない、
レーシックって乱視も治るの?

もう3月だけど父と年賀状を作った年末の発見を書いておく。
父は新しいソフトのパーツを把握しデザインをまるっと考えて
わたしを待っていた。わたしが手となって考えていたとおり
するっと作ったんだけど、とても楽しかった、
頼りの存在から一年に一度でも頼られるのは嬉しいし。
気づいたのは父はデザインすることが好きで、私はそれはめんどうと思っていること。
また、父は子どもの頃からMacもあったし、
パソコン強いほうだと思ってたんだけどそれは老眼のメガネもかけはじめた、
など年齢のこともあるが、違うということ。
やりたいことは決まってるけど完全に手段だったんだ。
でも使いこなすのはわたし、役割がわかってすごくやりやすかった。
高校の時なんて同じことやっててもヒステリックになっていたもの、
父が何をやりたいかわからなくて。
やっとわかった、父はオリジナルの年賀状を作りたいのだ。
(テンプレートがいやなのだ)
仕事でもそうなんだけど何やりたくて指示されてるか
わからないと仕事ができない。歯車にはなれない。

ドラクエの6かな、ただ舵みたいなのをぐるぐる回している奴隷が、
何のためにやっているのかわからないから余計辛いみたいなことを
言ってたなすごい。思い。


muttsumii |mailaddresshomepage

My追加