ポルシェカイエン(955)日記(旧レクサスGS日記)
愛車のモディファイ・メンテナンス・ドライブ・トラブル・旅行などを書いています。




























Cyber Garage Ranking



みんカラ始めました(^^)
 
↓↓↓

HIROS



〜愛車の目次〜

<BMW E36 325セダン>
2000年05月〜2005年12月

<21セルシオ前期>
2005年12月〜2007年04月

<31セルシオ前期>
2007年04月〜2007年10月

<31セルシオ後期仕様>
2007年10月〜2008年07月

<20プリウス後期>
2008年07月〜2009年07月

<30プリウス>
2009年07月〜2012年6月

2009年12月17日発売のマガジンボックスさんの
「プリウス アップグレード・マニュアル」にマイプリウスが掲載されました!

<レクサスGS350(GRS191)>
2012年6月〜2014年7月

<ポルシェカイエン955>
2014年7月〜



2013年10月25日(金) プラグ交換





っということで、リコールでエンジンの上半分開けるので、ついでにプラグ交換してもらいました。



















ダクトとか色々外すと・・・






















こうなります(^^)

あの銀色の筒の奥にプラグが入っています。

V6なので、イリジウムプラグx6本ですね。


























この筒の中。

それでは交換してもらいましょう。


























メカさんが1本1本丁寧に作業してくれました(^^)





















リコールでエンジン開けたついでに行ったので、プラグ交換の工賃は、ほとんどリコール(トヨタ)持ちでした(^^)

さらについでにエアコンのフィルターも交換してもらいました(^^)

31セルシオの時は、このフィルターの交換案内がメーター内にポーン!っと出てくれたけど、GSは出ないので、1年に1回交換しています。


メカさん

「交換前と交換後に走行テストを行った時の印象ですが、それまでも滑らかでしたが、交換後はアイドリングの粒がさらに細かく滑らかになったように感じました。

取り外したプラグはそれなりに劣化していました。
エンジンの整備上10万キロ交換無しと言いますが、やはり劣化したプラグでは本来のエンジン性能を十分に発揮することは難しいと思います。

今回のHIRO'Sさんのように、プラグの状態を気にして頂き、10万キロを待たずに、劣化具合を診て交換する、というプラグ交換方法がエンジンにとって好ましいと思います。

それから、HIRO'SさんのGS、静かですね〜(^^)

私ともう1人のメカニックの計2名乗車で走行テストを行ったのですが、2人とも走り出し直後から静かだと感じました。

特に風きり音、ロードノイズが他のGSよりも押さえられていて、静かだな、滑らかだなぁ、と感じました。 

何か施工しているのですか?」・・・


LSやGSにメーカーが純正採用している遮音&吸音&制振材(因幡電工IRSP)を60キロほど追加施工しているので、静粛性能が向上しているんですよ(^^)

リヤシート下にコレを敷詰めるだけで、確実に体感できるレベルで静かさが向上するんですよ。

ショック頭に挟み込んだロードノイズ低減プレートも効いてますね。


2013年05月02日(木) 静粛性の向上を狙って

2013年08月09日(金) エーモン 静音計画 ロードノイズ低減プレート


























これはリコールの明細。

顧客に対して金額は発生しないので(無償交換なので)、請求書ではなく、作業明細書になります。
トヨタには請求が回ります。


2013年10月19日(土) リコール作業(^^)
























ちなみにこれは保証期間延長時のリヤサスの新品交換の際の作業明細。
これも金額が発生しないので(無償交換なので)、作業明細になります。


2013年06月06日(木) リヤショックの保証交換(LS展示車プチレビューも)



 < 前の日記  日記一覧  次ぎの日記>


HIRO [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加