ポルシェカイエン(955)日記(旧レクサスGS日記)
愛車のモディファイ・メンテナンス・ドライブ・トラブル・旅行などを書いています。




























Cyber Garage Ranking



みんカラ始めました(^^)
 
↓↓↓

HIROS



〜愛車の目次〜

<BMW E36 325セダン>
2000年05月〜2005年12月

<21セルシオ前期>
2005年12月〜2007年04月

<31セルシオ前期>
2007年04月〜2007年10月

<31セルシオ後期仕様>
2007年10月〜2008年07月

<20プリウス後期>
2008年07月〜2009年07月

<30プリウス>
2009年07月〜2012年6月

2009年12月17日発売のマガジンボックスさんの
「プリウス アップグレード・マニュアル」にマイプリウスが掲載されました!

<レクサスGS350(GRS191)>
2012年6月〜2014年7月

<ポルシェカイエン955>
2014年7月〜



2009年11月23日(月) 後方視界

特徴的なエアロボディを持つ30プリウスの後方視界を見てみましょう。
(先代20プリウスの後方視界についての日記はこちらをご覧下さい)

















これは30プリウスのリヤスタイルです。

ハッチバックボディの後方視界って、このテールゲートのデザインと実用性の兼ね合いというか、空力との兼ね合いによるルーフ高(長)の設定などなど難しいようですね。
















室内から見るとこんな感じ。

リヤスポイラーで視界が分断されて、こんな感じの見た目になります。

あの分断が無ければ・・・っと思うけど、そうなると、30プリウスのトライアングルモノフォルムが成立しまんせんからね。

























バックミラーに写る後方はこんな感じ。

リヤスポの分断箇所が気になると言えば気になるけど、空気抵抗値0.25を実現するためには、この手法ということなんでしょうね。

出来れば任意のスイッチ操作で(Rにシフトしなくても)後方の映像が見れるようになると良いかな、と思いますね。



 < 前の日記  日記一覧  次ぎの日記>


HIRO [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加