ポルシェカイエン(955)日記(旧レクサスGS日記)
愛車のモディファイ・メンテナンス・ドライブ・トラブル・旅行などを書いています。




























Cyber Garage Ranking



みんカラ始めました(^^)
 
↓↓↓

HIROS



〜愛車の目次〜

<BMW E36 325セダン>
2000年05月〜2005年12月

<21セルシオ前期>
2005年12月〜2007年04月

<31セルシオ前期>
2007年04月〜2007年10月

<31セルシオ後期仕様>
2007年10月〜2008年07月

<20プリウス後期>
2008年07月〜2009年07月

<30プリウス>
2009年07月〜2012年6月

2009年12月17日発売のマガジンボックスさんの
「プリウス アップグレード・マニュアル」にマイプリウスが掲載されました!

<レクサスGS350(GRS191)>
2012年6月〜2014年7月

<ポルシェカイエン955>
2014年7月〜



2008年12月24日(水) BBSホイール装着!

BBSホイール装着完了です!






















ん〜オシャレ(^^)














ん〜スポーティ(^^)










パールホワイトのボディカラーに綺麗に輝くクロススポークデザインのBBSホイール、スポーティだなぁ。





















BBS製の軽量な鍛造1ピースホイールを入れたので、今回はホイールナットの軽量化もやろう!ってことで、アルミのロックナットを買ってみました・・・色はエンブレムのカラーに合わせてブルーをチョイス(^^)

アルミロックナット(貫通タイプ)重量17グラムX20=340グラム
純正ロックナット        重量55グラムX20=1.1キロ

ホイールナットをアルミに変更することでバネ下重量を760グラム軽量化することが出来ました。
まぁこのあたり、体感できるかどうかは別にして、気持ち的にスッキリしますね。


















BBSホイールとツーリング純正16インチホイールの見た目の比較です。
どちらもスポーティでカッコ良いですね。
BBSはリムの輝きが素敵ですね。

































プリウスにBBSの鍛造ホイールは予想通りスポーティなルックスになって嬉しい限りです。



走りの変化・・・走り出してすぐに実感!やっぱり変化ありありでした。
なんていうのかな、路面と車体の間に毛布を一枚か二枚敷いたかのような乗り心地になりました。

路面の悪いデコボコの多くあるいつも通る道、今まではサスペンションというかタイヤがバタバタした感じだったけど、BBSの軽量な鍛造1ピースホイールに変えて通過すると、路面からの突き上げ感は体感レベルで軽減され、滑らかに通過する感じになりました。
これはホイールの軽量化によってサスペンションの動きが軽くなり、路面追従性能が増した結果によるものだと思います。






今回のホイール交換の条件は・・・

ツーリング純正16インチアルミよりも軽量なこと!(重量7.4キロ以下)


世界最高の燃費性能を向上もしくは維持させること!


スポーティでオシャレなこと!

です。

軽量、スポーティはクリア!あとは燃費の変化ですね。
しばらく走ってリポートしますね。




あっ、それとBBS買ったときに付いていたタイヤ(GY LS2000)は残り山があまり無かったし、装着して走ってみたいタイヤがあったので、それは取り外して、好みのタイヤ(BS REGNOシリーズ、TURANZA ER300 195/55)に変更しています。

タイヤ(BS REGNO TURANZA ER300 195/55)のリポートはまた今度、もう少し走ってからにしましょう・・・これが予想通り、良いんですよ!かなり静かだし路面とのアタリは柔らかなのに剛性感あるし。
年末年始のぶらり旅でより深くタイヤを味わってみようと思います。
















 < 前の日記  日記一覧  次ぎの日記>


HIRO [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加