Niseko-Rossy Pi-Pikoe Review
DiaryINDEXpast


2019年04月19日(金)






千葉雅也著『意味がない無意味』河出書房新社2018、

冒頭の「意味がない無意味−あるいは自明性の過剰」、ラカンの整理、鮮やかさに唖然とする、これでいいのか?、



Worlds Within Worlds / Basil Kirchin
これはフリージャズのコラージュに聴こえる、重ねただけ、つなげただけに留まる、



【5金スペシャル・Part1】矢作直樹氏:霊魂と肉体: あの世とこの世を分かつもの




Egberto Gismonti の Em Família を出して聴いている、このサウンドを聴いていると時空を超えて感じる空気がある、

これがリリースされたばかりの頃は大学生で、国分寺のぷー横丁のお店に通っていた、ガールフレンドをのべ60にん連行していたみたいだ、






Niseko-Rossy Pi-Pikoe |編集CDR寒山拾得交換会musicircus

My追加